時計

壊れない、止まらない、狂わない究極G-SHOCK「The G」が与えた衝撃【”G-SHOCKの歴史秘話 2003-2007年】

腕時計界で革命を巻き起こし続ける「G-SHOCK」のウンチク集!今回は、カシオ独自のテクノロジーによって大きな飛躍を遂げた2000年代中頃を振り返ります。

G-SHOCK人気を確かなものにした「イルクジ」&「ラバコレ」ブーム 【”G-SHOCK歴史秘話 1996-2002年】

腕時計界で革命を巻き起こし続ける「G-SHOCK」のウンチク集! イルクジ&ラバコレが絶大な人気を誇った、懐かしの1990年代後半を振り返ります。

【G-SHOCK】トランス系ミュージックで世界を賑わすダッシュ・ベルリンとのコラボモデルを発表!

スポーツ、ミュージック、アート、ファッションなど、世界のあらゆるカルチャーと共鳴するG-SHOCK。この度、オランダのDJグループDash Berlin(ダッシュ・ベルリン)とコラボしたスペシャルモデルが登場しました。

“スイスメイド”の実力やいかに!? タグ・ホイヤーの新スマートウオッチを最速で使ってみた!

2015年、スイスブランド初のスマートウオッチとして話題となったタグ・ホイヤー コネクテッドですが、この3月15日に“スイスメイド”となって進化したコネクテッド モジュラー45が発売となりました。(ちなみにスイスメイドは、60%以上をスイスで製造した時計に限り呼称することが許されます)

ロレックスが圧倒的な知名度を誇る理由は? 腕時計の発展とともに歩んだ王者の歴史

腕時計の黎明期である1905年に誕生したロレックスは、瞬く間に信頼性の高い腕時計を作り上げることに成功しました。現在に通じる数々の栄光は、果たしてどのように築かれたのでしょうか

【時計ブランド解説:オメガ】スイス時計界の名門が驚異の実行力で成し遂げた数々の偉業とは?

スピードマスター、シーマスターという時計界の2大定番スポーツウオッチを擁するオメガは、1848年にスイスのラ・ショー・ド・フォンで誕生しました。スイス時計界を代表する名門は、創業当初から現代に至るまで、様々な偉業を成し遂げ続けています。

ムーンフェイズやクロノグラフって説明できる? 人に語りたくなる時計用語集【機構編】

時計のことを深く知るためには、いくつかの用語を知っておきたいものです。今回は、機械式時計の実用性を高める様々な機構を取り上げます。 【アニュアルカレンダー】1年に一度、2月の末日〜3月1日にかけてだけユーザーが手動操作で日付調整を行えば、以後の364日のカレンダー情報を正確に表示できる機構...

これがわかれば時計をもっと好きになる! いまさら聞けない時計用語集【コンプリケーション編】

時計のことを深く知るためには、いくつかの用語を知っておきたいものです。今回は、最高峰の時計職人のみが作り出すことができる複雑機構を取り上げます。

高級スマートウオッチの大本命! スイスの名門「タグ・ホイヤー」が本気を出したら凄かった

2017年3月14日、タグ・ホイヤーは、第2弾となるスマートウオッチを発表しました。ブランドが得意とする技術を製品名に加えた新作「タグ・ホイヤー コネクテッド モジュラー45」は、その名の通り外装の幅広い組み合わせを実現しています。価格は、18万9000円から。3月15日から全世界一斉発売です。

これがわかれば時計中級者! いまさら聞けない時計用語集【文字盤編】

時計のことを深く知るためには、いくつかの用語を知っておきたいものです。今回は、時計の顔である文字盤について見ていきます。

【G-SHOCK】春の装いにマッチする爽やかなアナログ・デジタルモデルが登場!

優れた耐久性とファッショナブルなデザインを兼ね備えるG-SHOCKから、ホワイトカラーをベースにした春・夏モデルが発売されました。暖かくなるこれからの季節に活躍すること間違いなしの全5タイプを紹介します。

“壊れない時計”G-SHOCK歴史秘話――1990年台前半、ストリートが熱狂した本物だけが持つ機能美

腕時計界で革命を巻き起こし続ける「G-SHOCK」のウンチク集! 今回はストリートファッションが隆盛した1990年代前半を振り返っていきます。

時計ツウが唸る厳選3ブランドを展開! 創業125年の老舗・日新堂の大阪ヒルトンプラザ店がリニューアル!

明治25年創業で銀座に本店を構える高級時計専門店・日新堂が、大阪ヒルトンプラザ店をリニューアルオープン。同店は、梅田地区では唯一、全国では30店舗のみとなる雲上ブランド・パテック フィリップを展開する名店。今回のリニューアルでは、新規取り扱いを含め近隣の専門店で見ることのできない3ブランドを取り揃えました。

美しさに磨きをかけたモリッツ・グロスマンの新作は歴史的な懐中時計にも通じる佇まい

ドイツ時計産業の中心地グラスヒュッテを拠点とする新興マニュファクチュールブランドのモリッツ・グロスマンが、初めてグラン・フーエナメル文字盤を採用した新作を発表しました。スモールセコンド仕様の「アトゥム」をベースに製作された世界限定モデルは、これまで以上に美しく仕上がっています。

タフスペックが信条のボール ウォッチから初のブロンズ採用モデル! 進化した独自機能もフル装備

ハイスペックなメカニカルタフウオッチを手がけているボール ウォッチが、ブロンズケースを初採用した新モデルを発表しました。しかも、スプリングロックや耐磁構造にも新しい試みが行われています。「エンジニアⅢ ブロンズスター」は、24万8400円で、世界限定3000本。発売は2017年4月が予定されています。

...

人気の動画ニュースVideo News

20170324-a05 (1)

ダウンタウンの「それゆけ大運動会」を弱キャラのみ+αの特別ルールで優勝せよ!【ゲーム芸人フジタの挑戦】

20170321_Y10

フェラーリが世界中で展開する「70周年記念イベント」の概要を発表

20170321_Y02

ニャンと!リュクスな猫たちがくつろぐ“高級物件編”と猫背も凍る!?“J・ホラー物件編”の2種類の特報映像!映画「ねこあつめの家」

VIEW ALL

インフォメーションInformation

VIEW ALL

ホンモノケイカク
watches