時計

オフィスワークでこそ着けたい傑作ダイバーズウオッチ6選

腕時計の天敵は“水”。その闘いに勝利したのがダイバーズウオッチです。想像を絶する水圧に耐えるタフな作りは、見た目にも存在感たっぷり。

視認性に優れてコスパも抜群!! 安いのに高品質な3針スポーツ時計5選

視認性に優れる3針スポーツは、シンプルであるがゆえに細部にこだわったモデルが多く存在します。ゆえに価格以上の品質を楽むには最適のジャンル。アンダー30万円台の厳選5モデルをご紹介します。

開発熱意がすごすぎる! 「G-SHOCK フロッグマン」最新形態はデジタルダイバーズウオッチの最高峰だ

G-SHOCKのフロッグマンが2016年に最新形態へと進化を果たしました。このモデルの開発に際し、関わった多くのスタッフが潜水士の資格を取得したというだけでも、カシオの思い入れの強さが感じられるでしょう。レスキューの現場で使うことを想定して開発され、新たに水深計を備えたダイバーズウオッチの最高峰。

【保存版】今日から始める腕時計セルフケア術――デイリーケアでトラブルを未然に回避! 

大切だとわかっていてもついついサボりがちになってしまうのがセルフメンテナンス。しかし、デイリーケアを怠ることは故障やトラブルのもと。将来的に考えればオーバーホールの料金が高額になる可能性だって高いです。大切な腕時計と賢く付き合っていくために、絶対に押えておきたいパーツ別セルフメンテナンス術を覚えましょう。

際立つ個性にひと目惚れ必至! アラウンド30万円の“個性派ウオッチ”良作4選

2016年はミドルクラスの価格帯で良作が数多く発表されました。中でも30万円を切るプライスレンジはデザインが幅広く、時計選びを楽しむという点で非常に狙い目です。先に紹介したベーシックウオッチに続いて、今度は4本の個性派ウオッチを装着インプレッションと共に取り上げます。

男心を刺激するストーリーが満載! 角型時計「モナコ」が欲しくなる3つのポイントとは?

いい腕時計には人に語りたくなるストーリーが存在します。それは著名人が愛用した逸話だったり、人類の進歩に貢献した伝説だったり……。今回紹介するタグ・ホイヤーのモナコもそんな語り所が満載な腕時計。名作と称される角型時計レーシングウオッチの歴史と魅力を3つのポイントにまとめました。

充電切れのイライラ解消! 人間の体温で充電できる「世界初のスマートウォッチ」がスゴイ

スマートフォンやスマートウオッチを使おうとしたら充電がなくてイライラした、なんてことはよくありがち。モバイルバッテリーを持ち歩くのも面倒ですし、外出先でコンセントを探すのも大変ですよね。

【保存版】社会人なら1本は持っておきたいビジネスウオッチ【腕時計人気ランキング2016版】

新作も定番も全部まとめて“今、日本で新品を購入できる全機種”を対象に、読者と全国有力正規店にアンケートを実施。「欲しいモデル」を挙げてもらい、リアルな人気時計を調査しました。今回は発表するのは社会人なら1本は持っておきたいビジネスウオッチ部門。第3位から発表していきます!

王道なのに新感覚! 「フル金」ロイヤル オークが実証したラグジュアリー・スポーツウオッチの魔力

昨今の腕時計で18Kゴールドといえば、ピンクゴールドやローズゴールドなどの赤味を帯びた金が主流ですが、2016年のオーデマ ピゲが注目したのはイエローゴールドでした。ラグジュアリー・スポーツウオッチの金字塔「ロイヤル オーク」に採用された、王道素材なのに新感覚という逆説的なタイムピース。その魅力に迫ります。

本当に欲しいのはこの価格帯! 時計通を唸らせるリアルプライスウオッチ5選【30〜50万円】

魅力的な腕時計は、何も100万円を用意しなくても十分に揃っています。とくに2016年の新作は、ミドルレンジの価格帯から良作が数多くでてきました。そこで、最新モデルの中から選りすぐりのリアルプライスウオッチを紹介します。

国産の機械式時計の最新3モデルで手に入れるべきは? シチズンか? セイコーか? オリエントスターか?

「信頼・安心の日本製!」は腕時計にもいえることです。日本の時計界はソーラーGPSウオッチと機械式時計の開発で熾烈な争いを繰り広げていますが、機械式時計を自社製造できるメーカーは世界でもごくわずか。

ソーラーGPSウオッチはどれがオススメ? 受信感度と使い勝手を国産3モデルで全力比較!

いま、日本の時計界はソーラーGPSウオッチと機械式時計の開発で、熾烈な争いを展開中。なかでも、ビジネスシーンを想定した製品は幅広く、時計売り場での戦いは混迷を極めています。

機械式時計のダイナミズムを“鑑賞”――スケルトンウオッチ全盛期でわかった腕時計「引き算の美学」

今、時計界では文字盤側からもムーブメントの動きが確認できるスケルトンウオッチが多くのブランドから登場しています。このデザインがなぜ盛り上がっているのか。その謎をエントリーウオッチから読み解いていきます。

服も時計もサイズ選びが超重要! 腕時計最旬トレンドレポート【クラシックサイズ】

毎年発表される数多くの新作から、2016年に注目を集めたトレンドについて見ていきます。2000年代初頭からのビッグサイズウオッチが定番化したことで、今度は40mm以下の時計が目立つようになりました。この原点回帰的なサイズ感に、落ち着きを覚える人も多いようです。

文字盤に「19」!? 上原浩治投手のシグネチャーモデルをゼニスが発表!

カゴ・カブスとの1年契約を結んだばかりの上原浩治投手が、グローバルアンバサダーを務めるゼニスと特別限定モデルを発表しました。 エル・プリメロ クロノマスター パワーリザーブをベースに製作された、非常にユニークなデザインが特徴です。

...

人気の動画ニュースVideo News

20170119-a02-01

【DIY女子必見】プロ顔負けの“可愛いすぎる工具”が話題ーークマやサイが驚きの姿に変身!

20161226ble4_00

2017年はロボットのいる生活が普通に! 音声アシスタント端末の次なる注目モデルは?

20161202_blnak1_25

360°カメラはニコンとリコーどっちがいい? 「4つの撮り方ルール」と併せてオススメモデルを紹介

VIEW ALL

インフォメーションInformation

VIEW ALL

TAG

ホンモノケイカク
watches