まぜそば 関連記事

この濃いめのうまみがヤミツキに! クルマ必須の立地でも行列が絶えない本川越の「中華そば 四つ葉」

「中華そば 四つ葉」は、土日ともなると大勢の客で賑わう注目の店。クルマ必須の立地にも関わらず、埼玉県内はもとより、県外から訪れる客も少なくない。ちなみに、隣の寿司店「宝船」は、四つ葉の店主・岩本和人氏の実家。これの一部を改装して、2013年に念願のオープンを果たした。

このスープの味は円熟の極み! 板橋区民の胃袋を掴んで離さない成増の「中華めん処 道頓堀」

古きよき時代を感じさせる店構えは、いかにもラーメンがうまそうな雰囲気。同店では、昔ながらの東京ラーメンをベースに動物系と魚介系のダブルスープをバランス良く配合。ガツンとくる煮干しの香りと、やさしくコクのあるスープの味は、一度食べたら病み付きに。このスープの味は円熟の極みといえよう。しかし、創業より約30年経ついまでも進化を続けており、それが多くのファンの支持を得ているのだ。

他では味わえない麺の喉越しと上質さ! “稲庭うどん風”つけ麺が評判の湯島「らーめん天神下 大喜」

「らーめん天神下大喜」は、和食出身の武川数勇氏が1999年に創業した、古くからの行列店。人気のメニューは、大量の比内地鶏や塩ダレなどを使ったとりそばだが、同じく創業時より人気なのが、魚介と昆布で出汁を取った醤油ダレのつけ麺だ。

昼はがっつり、夜はさっぱり食べられる! 池尻大橋の「麺屋 和利道」は二つの顔を合わせ持つ

「麺屋 和利道」は激戦区の渋谷〜目黒区界隈で高い評価を受けるつけ麺専門店だ。濃厚魚介のつけ汁で一世を風靡した「つけ麺 TETSU」の系列店で店長も務めた店主が、極上の濃厚系つけ麺を提供してくれる。スープは24時間丁寧に炊き続けるため、常に店内には誰かがいる状態。閉店時間でもスープを炊くため、火が消えることはない。

食欲そそる豚モモと牛モモのWチャーシュー! 真剣なラーメン作りがモットーの押上「竹末東京 プレミアム」

栃木県で4店舗を展開する「竹末」ブランドの東京進出店。代表の竹末真和氏が〝究極のオープンキッチン〟というように、カウンターは低くキッチンが丸見えの状態。また、竹末氏は矢沢永吉さんの大ファンで、それを髣髴とさせる特製の白衣をまとう。営業中は緊張感あふれる真剣なラーメン作りを、間近で堪能できるのが同店の魅力のひとつとなっている。

ラーメン&つけ麺に注射をするニュースタイル! 食欲そそるツルツル麺と煮干油がたまらない東神奈川「らぁめん 夢」

本稿では、「つけ麺」や「まぜそば」がウマい店をドーンと紹介。「ガツガツ・モリモリ食べて元気になれるような“渾身の一杯”」を出す店をテーマに、看板メニューや店内・外観写真などの基本情報を中心にお伝えしていく。これを機に、紹介した店の味を己の舌で確かめてもらえれば本望だ。 ■本日のお店らぁめん...

毎日食べたくなるラーメン屋はココ! 門前仲町「こうかいぼう」のこだわりは“必要以上にあっさりさせないこと”

「こうかいぼう」は、門前仲町駅から少し歩いた場所にある。前職は介護の仕事をしていたという店主と、奥様の心のこもった接客がとても心地よい名店だ。つけ汁は、一見では濃厚そう。しかし、麺をつけてひと口すすると、身体に染み渡るようにやさしい。煮干しの風味が広がって、まるで味噌汁のような一杯で、気が付くと完食してしまう。この飲みやすくクセになる味わいがこの店の特徴なのだ。

フレンチとつけ麺が究極融合! 大井町「ajito ism」は大人が好む隠れ家のような佇まい

数年前に人気を博した、大量の野菜を使う“ベジポタ”(ベジタブル・ポタージュの略)ラーメンの元祖はここだといわれているが、いまもその独創性は健在。従来の常識を覆し、オリジナリティある一杯を生むのが「ajito ism」なのだ。入店してまず目に飛び込むのは、人気アニメのフィギュアの数々。そして隠れ家のようにシックな内装は、超個性的だ。

目指すは「大勝軒」のようなやさしい味! 駒込「麺屋 KABOちゃん」の伝説は店主の趣味“食べ歩き”から始まった

本稿では、「つけ麺」や「まぜそば」がウマい店をドーンと紹介していく。「ガツガツ・モリモリ食べて元気になれるような“渾身の一杯”」を出す店をテーマに、看板メニューや店内・外観写真などの基本情報を中心にお伝えしていく。これを機に、紹介した店の味を己の舌で確かめてもらえれば本望だ。 ■本日のお店...

カマスを使って煮干し系スープの弱点を克服! 爽やかな口当たりと後味が際立つひばりヶ丘「魁花」

煮干し系のスープは、雑味やエグミがあるものが多く、好き嫌いが分かれがち。しかし、ここ「〜魁花」は煮干し系でありながら、カマスを使うことで、驚くほど爽やかな口当たりと後味を出すことに成功している。一般的な煮干し系をイメージすると物足りないのではと思われがちだが、食べるほどにスープの輪郭がくっきりしてくるのが特徴だ。一般的に、出汁にカマスを使うのはきわめて珍しい。

海老×油そばの新世界! “味変化”がマストの大久保「らーめん 五ノ神製作所」

本稿では、「つけ麺」や「まぜそば」がウマい店をドーンと紹介していく。ガツガツ・モリモリ食べて元気になれるような“渾身の一杯”を出す店を テーマに、看板メニューや店内・外観写真などの基本情報を中心にお伝えしよう。これを機に、紹介した店の味を己の舌で確かめてもらえれば本望だ。 ■本日のお店らー...

麺をすすりながらまったり一杯! ラーメンダイニングバーの先駆者と称される本鵠沼の「麺やBar渦」

「麺やBar 渦」は、2016年で10周年を迎える実力店だ。最近では酒類を出すラーメン店が増えたが、同店はその先駆け。昼はラーメン専門店、夜はラーメンダイニングバーとして営業する。

一杯のつけ麺でイタリアンの真髄がわかる!? 動物系出汁の排除で女性に人気の大塚「志奈そば 田なか」

本稿では、「つけ麺」や「まぜそば」がウマい店をドーンと紹介していく。ガツガツ・モリモリ食べて元気になれるような“渾身の一杯”を出す店を テーマに、看板メニューや店内・外観写真などの基本情報を中心にお伝えしよう。これを機に、紹介した店の味を己の舌で確かめてもらえれば本望だ。

つけ麺にハマグリを使用!? 繊細で上品な味わいの「SOBA HOUSE 金色不如帰」

本稿では、「つけ麺」や「まぜそば」がウマい店をドーンと紹介していく。ガツガツ・モリモリ食べて元気になれるような“渾身の一杯”を出す店を テーマに、看板メニューや店内・外観写真などの基本情報を中心にお伝えしよう。これを機に、紹介した店の味を己の舌で確かめてもらえれば本望だ。 ■本日のお店SO...

肉塊でつけ汁が見えない豪快さーー半生をラーメンに捧げた漢が営業する「らぁめん ほりうち」

本稿では、「つけ麺」や「まぜそば」がウマい店をドーンと紹介していく。ガツガツ・モリモリ食べて元気になれるような“渾身の一杯”を出す店を テーマに、看板メニューや店内・外観写真などの基本情報を中心にお伝えしよう。これを機に、紹介した店の味を己の舌で確かめてもらえれば本望だ。 ■本日のお店らぁ...

...

人気の動画ニュースVideo News

20170627_y-koba6_ic3_R

スバル「アイサイト」が大幅進化! いよいよ自動運転“レベル2”が本格普及か!? 【動画体験レポート】

20170626_Y01_01

スマホとクルマを高次元で融合――言葉の魔術師・実演販売士がカロッツェリアの新製品を2分で完全プレゼン

20170622_y-koba3_ic

【緊張と感嘆の動画】ハンドル握らず手に汗握る!? 自動運転するクルマを車内から見たらスゴかった!

VIEW ALL

インフォメーションInformation

VIEW ALL

ホンモノケイカク
GetNavi