ウイスキー 関連記事

脱・ハイボール派に最適な一本! 世界が注目するスーパープレミアムバーボン「ウッドフォードリザーブ」の魅力に迫る[PR]

「プレミアム」――高級、ハイランクなどの意味があり、食の世界では一般的な商品よりも高付加価値なものに冠せられることが多いですが、ウイスキーの世界も同様。特にバーボンでは「プレミアムバーボン」、「スーパープレミアムバーボン」と格付けされるクラスが存在し、いま世界的に脚光を浴びています。

【父の日ギフトに最適】定番ウイスキー「ジャック ダニエル」の奥深き製法、歴史、嗜み方をイラストと写真で徹底解説[PR]

ハイボールの台頭や、2014~2015年に放送された朝ドラの影響などで日本ではウイスキー人気が過熱中。お店に行くと数々の銘柄が並んでいますが、特に有名なブランドのひとつが「ジャック ダニエル」です。これはインターブランド社の「Best Global Brands 2016」でTOP100に選ばれていることからも明らかですが、歴史や中身などについてはそれほど知られていないのではないでしょうか。

No.1アメリカンウイスキー「ジャック ダニエル」の最高級「ゴールド」は止まらないウマさ! ベストな飲み方と合うつまみは?

酒ツウでなくても、「ジャック ダニエル」というブランド名を聞いたことがある人も多いことでしょう。一説によると、世界で一番飲まれているアメリカンウイスキーとのことで、なかでも黒いラベルの「ジャック ダニエル ブラック(Old No.7)」が有名。ただ、製法や味わいなどによって仲間が存在し、2016年からは最もプレミアムな「ジャック ダニエル ゴールド」が発売されています。今回は「進化し続けるジャック ダニエル」というイベントで学んだ極意として、この「ゴールド」の魅力を紹介していきます。

「ラグビー以外にも自分を勢いづけることをやらないといけない」日本代表・真壁伸弥選手インタビュー【後編】

日本のトップ選手でありながら、サントリーの営業マンの顔も持つ真壁伸弥。社員からプロ契約に切り替える選手も増えている中、真壁はサントリーの社員として、主にスーパーや量販店への営業を担当する部署に身を置きながらラグビーを続けている。後編となる本稿では、真壁が考えるラグビーの将来、そして自身の仕事とラグビ...

ラグビー日本代表とサントリーでの仕事、どうやって両立できたのか? 日本代表・真壁伸弥選手インタビュー【前編】

野球、サッカーなどの人気球技は海外でも通用する日本人選手が年々増えている。そんな純然たるプロフェッショナルの世界とは一線を画しながら独自の進化を遂げ、選手やチームの実力が確実にインターナショナルレベルへと近づいている、上げ潮のスポーツがある。それはラグビーだ。 2015年に行われたラグビー...

「JAMESON」×「DevilCraft」の最強コラボ! 表参道でウイスキーとクラフトビールのペアリングを楽しもう

アイルランドでは「第2のクリスマス」として盛大に祝われる、3月17日の“セント・パトリックス・デー”。この時期は、アイルランドのシンボルカラーであるグリーンを身につけたパレードやフェスティバルが世界各地で行われます。日本でも、3月19日に東京・表参道でアジア最大のパレードが開催される予定です。

年末にありがち……BARにおける三大粗相とは?

忘年会シーズンである、クリスマスである、ボーナスも出る……もう世の中は浮かれまくっている。BAR評論家には、忘年会もクリスマスもボーナスもない……逆恨みの12月だ。そこで逆恨みついでに、このシーズンにBARで目撃する三大粗相について、しかと釘を刺しておきたい。BARに足を運ばないビギナーにもかかわら...

ラスボス感が半端ない! シーバスリーガルが5つの蒸溜所のウイスキーを結集した「究極の力」を発売

「シーバスリーガル」といえば世界的に有名なスコッチウイスキー。最近では日本原産のミズナラ樽でブレンドした「シーバスリーガル ミズナラ」を発売するなど、日本のウイスキーファンに最も愛されるブランドのひとつになりました。そんな定番銘柄から、11月14日に新商品「シーバスリーガル アルティス」が登場。&n...

スコッチはブレンデッドから呑もう! 今さら訊けないウイスキーの基礎知識

「ウイスキーにはいろんな種類があり過ぎ、どれから呑んで酔いかわからん」、そんなビギナーも多いだろう。私もそう思う。前回、ハイボールを呑むにあたり、ウイスキーの産地と名称ぐらい覚えたいと述べた。よって今回は、日本で特に人気の高い「スコッチ」について触れたい。スコッチについて日本には一家言持つ輩が山ほど...

入手困難確実か!? ジャック ダニエル150周年記念ウイスキーに責任者が後悔「もっと作ればよかった」のワケ

アメリカンウイスキーのなかでも、バーボンとは別格の「テネシーウイスキー」に位置付けられる「ジャック ダニエル」。アメリカ最古の登録蒸溜所であることでも知られており、創業から150周年が経ったいま、ついに11月15日にアニバーサリー商品がされました。プレス向け発表会で体験した味わいを中心に、その魅力を...

BARで「ハイボール」は通じない? 今さら訊けないウイスキーの基礎知識 

ハイボール・ブームもひと段落しているが、「せっかくハイボールを覚えたからBARで呑みたい」と考えている方も多いだろう。しかし、BARでウイスキーをオーダーするなら、ちょっとした基礎ぐらいは頭に入れておきたいもの。これはもちろんビギナー向けのアドバイス。BARに通う方や、昭和のオジサンたちのように「呑...

ウイスキー初心者でも飲みやすい! スコットランド最古の蒸留所から11月8日に新ラインがデビュー

「ウイスキー=おじさまのお酒」というイメージはもはや過去のもの。ドラマ「マッサン」の放送からウイスキーブームに突入し、最近ではローラさんがジム・ビームのCMに出演、居酒屋ではハイボールの種類が増加……と、気づけば年齢問わず愛されるお酒に。とはいえ、ウイスキーが苦手という方もいるでしょう。今回は、そん...

秋の夜長は安ウマ酒でしっぽりと! 食のプロお墨付きの高コスパ酒8選

秋の夜長に自宅でしっぽりと晩酌するなら、なるべく安価で済ませたいところ。とはいえ、ただ安いだけの晩酌では満足感は得られません。そこで今回は、激ウマながら破格プライスを実現するお酒と、割り物になるソフトドリンク10本をピックアップ。フードアナリストのコメント付きで紹介します!

【大盤振る舞い】ブラックニッカの60周年記念ウイスキーは破格の1本2500円!

2014~2015年に放送された朝ドラ「マッサン」の効果もあり、絶好調なジャパニーズウイスキー。大手2社のほか、クラフト的な蒸溜所を持つ国産メーカーも活況を呈していますが、11月1日にとても話題性の高い一本が限定発売されます。それが「ブラックニッカ ブレンダーズスピリット」。ひと足早く試飲した感想と...

ウイスキーの味ってこんなに違うの!? 世界5大ウイスキーを980円で飲み比べできる三田の「日比谷BAR WHISKY-S III」

「あぁ、もっとウイスキーの味や違いを語れるようになりたい……」 そう思っている人にぜひ行っていただきたいお店が、東京・三田にオープンしました。「日比谷BAR WHISKY-S III」です。最大の特徴は、世界5大ウイスキーをはじめとした様々なウイスキーを飲み比べできるということで、筆者も興...

...

人気の動画ニュースVideo News

20170518-i07 (1)

プロが考えた「足、クサくない?」とやんわり言う方法――岡本が「足クサ川柳」で動画公開

20170426-i01 (5)

【動画】未来がまた1歩現実に! 古い照明や家電もIoT化してしまう小型ロボ「Switch Bot」

20170425-s1 (3)

クオリティはほぼ映画! 美貌の姉、長澤まさみが女装の弟と旅をする新CMがオンエア

VIEW ALL

インフォメーションInformation

VIEW ALL

HOMiDO
ホンモノケイカク