キヤノン 関連記事

キヤノンの新TS-Eレンズ3本が12/22発売に決定

アオリ撮影が可能なキヤノンのTS-Eレンズ3本「TS-E50mm F2.8L マクロ」「TS-E90mm F2.8L マクロ」「TS-E135mm F4L マクロ」が、2017年12月22日(金)発売に決定した。

センサーは大きく、でもボディはコンパクトに! キヤノン「PowerShot G1 X Mark Ⅲ」の与えた衝撃

11月30日についに発売となったキヤノン「PowerShot G1 X Mark Ⅲ」。製品名からもわかるとおり、本機は「PowerShot G1 X Mark Ⅱ」の後継モデルであり、本格志向ユーザー向けのレンズ一体型カメラ(コンパクトデジカメ)である。

レンズ型マグカップ、カメラ型USBメモリー…ファン垂涎のキヤノン公式グッズが続々登場

カメラやレンズなどの製品をモチーフにしたキヤノン公式ファングッズが登場。レンズ型マグカップ、ミニチュアカメラ型USBメモリーなど、普段使いできるさまざまなアイテムを2017年12月14日(木)より順次発売する。

人気4モデルを実写比較! 小型高倍率ズームコンデジおすすめ4選【光学30倍以上/300g以下】

近ごろはコンパクトデジカメの高倍率化が進み、ポケットにも収まる薄型ボディながら光学30倍以上のズームレンズ搭載機が増えている。携帯性と高倍率の両立によって、どんな写真が撮れるのか。その画質はどうなのか。前回の外観編に続き、300g以下(本体のみの場合)・光学30倍以上の条件に当てはまる4モデルの比較を、実写を交えてお伝えしよう。

【高級コンデジ】文句なしのフラッグシップ! キヤノン「PowerShot G1 X Mark III」の驚異的なスペック

キヤノンのコンパクトデジタルメラでは初となるAPS-CサイズCMOSセンサーを搭載したPowerShotシリーズの新フラッグシップモデルが登場。レンズ交換式のEOSシリーズと同じAFシステムや、タッチパネル式バリアングル液晶モニターを採用するなど、先代の「PowerShot G1 X Mark II」(2014年3月発売)から大幅に性能がアップしている。

【デジタル一眼の選び方】エントリーからミドルクラスの新定番をプロが検証!

現在、デジタル一眼レフの勢力図が大きく変化しており、新定番といえる高性能機も登場。本記事ではエントリー〜ミドルクラスの一眼を、カメラのプロ4人の証言を基に検証していきます。

高画質だけどデカくて重いを覆す! 革新的フルサイズ一眼「キヤノン EOS 6D Mark Ⅱ」を前モデルと比較レビュー

大型のセンサーを採用しながら、ボディは小型軽量で価格も比較的手ごろ。従来モデルのEOS 6Dは、そんな35ミリ判フルサイズのデジタル一眼レフであった。このEOS 6Dの基本コンセプトを継承しつつ、機能や操作性などをさらに向上させたのが、今夏登場した「EOS 6DマークⅡ」である。

同じ「小型高倍率ズームコンデジ」でもコレだけ違う! “光学30倍以上”の人気4モデルを並べて徹底比較

遠くにある被写体をアップで撮影したい。しかし大きく重いカメラは持ちたくない。そんな思いを持つ人には、高倍率ズームを搭載したコンパクトデジカメがおすすめ。なかでも最近人気が高いのは、300g以下(本体のみの場合)の薄型軽量ボディに、光学30倍以上のズームレンズを搭載したモデルだ。この条件に当てはまる4製品をチェックしてみよう。

最新ミラーレスと割安な旧モデル、トータルではどっちが“買い”? キヤノン「EOS M6」と「EOS M3」のコスパを比べてみた

EOS M6と旧モデルとなるEOS M3の画質や連写性能、価格などを比較し、その進化点や実力の程を吉森信哉カメラマンや永山昌克カメラマンの意見を交えつつチェックしてみた。後編となる今回は、連写性能や価格を中心にチェックした。

キヤノン謹製ミラーレス「EOS M6」は本当に“買い”なのか? 旧モデル「EOS M3」と徹底比較してみた

キヤノンのミラーレス一眼の現行モデルは、EVFを内蔵したEOS M5と小型でEVFを外付けにしたEOS M6、エントリーモデルのEOS M100、EOS M10の4機種がラインナップされている。このうち、中核モデルとなるのがEOS M6で初級ユーザーから中級ユーザーに人気のモデルとなっている。そこで...

高性能かつオシャレ! 着せ替えジャケットでドレスアップできるミラーレス一眼カメラ「キヤノン EOS M100」登場!

キヤノンより、有効約2420万画素のAPS-CサイズCMOSセンサーを搭載したミラーレスデジタル一眼カメラのエントリーモデル「EOS M100」が登場。別売りの専用フェイスジャケットで外観をドレスアップできる。2015年10月に発売された「EOS M10」の後継機種で、最新の映像エンジンやAFシステムを採用して機能も大幅に進化した。

実はコレでよくないか? 小型・軽量一眼レフ「キヤノン EOS Kiss X9」は賢者の選択!

小型軽量が特徴のEOS Kissシリーズのなかでも、特に軽快なのが、このEOS Kiss X9だ。同じ“バリアングル液晶モニター仕様”のEOS Kiss X9iと比較すると、幅・高さ・奥行のいずれの数値も本製品のほうが6~8㎜程度小さく、重さも70g以上軽い。しかも、簡単操作がウリのファミリー向けモデルながら、前出のバリアングル液晶モニターの搭載を含め、基本仕様や撮影機能が大幅にレベルアップしている。その実力の程を見てみよう。

フルサイズ一眼レフの超超本命! キヤノン「EOS 6D Mark II」実写レビュー&従来モデルとの比較まとめ

小型軽量なキヤノンの35ミリ判フルサイズ機・EOS 6Dは、EOSで初めてWi-FiやGPS機能を搭載したことでも話題を集めた。その人気エントリーフルサイズ機の後継モデル「EOS 6D Mark II」が、約5年の年月を経て登場。本稿では従来機からの進化点や特徴などを踏まえつつ、実写レビューしていく...

良コスパ一眼レフカメラと注目を集めるキヤノン EOS Kiss新作「X9」の実力をチェック!

一眼レフカメラのエントリー向けとして高い人気を誇るEOS Kissシリーズの最新モデル「X9」。バリアングル式タッチパネル液晶の搭載で向上した使い勝手を中心に、その性能をチェックしました。

EOS Kiss X9iとX8iはどちらがお得? 買い時はいつ?【デジタル一眼新旧ガチ比べ】

後継機が発売されると、旧モデルは注目されなくなりがち。とはいえ、新旧の差が少ない製品も多く、旧モデルが実はお買い得というケースも少なくない。そこで、人気の入門機、キヤノン EOS Kiss X9iとX8iを比較する。前編では画質や操作性をチェックしたが、後編では連写性能や価格などをチェック。

...
FUJIFILM

人気の動画ニュースVideo News

20171124_ashida_O

ゲーム芸人が「グラディウスⅡ」のノーミスクリアに挑戦【ゲーム芸人フジタの挑戦】

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

スター・ウォーズの世界が現実に! スフィロの「BB-9E」&「R2-D2」がリアルすぎる!!

20171011_y-koba3_01_R

ハンドスピナーの次は「Tangle」がクルーッ!? 世界的ヒットの手遊び玩具が日本上陸

VIEW ALL

calbee

インフォメーションInformation

VIEW ALL

FUJIFILM
calbee
murotoshi
dainichi
tamron
JVC
onkyo
omron
CASIO2
CASIO
uniqlo
pioneer
gurugura
plotter
omron
kao
getnavi
maittake
honmonokeikaku
週刊GetNavi