スバル 関連記事

【東京モータショー2017】スバルの新世代スポーツセダン「SUBARU VIZIV PERFORMANCE CONCEPT」を世界初公開!

世界初公開された「SUBARU VIZIV PERFORMANCE CONCEPT」は、次世代スポーツセダンのデザインスタディモデル。低く構えたクーペルックのフォルムが目を惹くだけでなく、進化型アイサイトやレーダー、高精度GPSなどによる高度運転支援技術も示している。

スバル XVは結局どういう人向け? 1.6Lと2.0Lどっちを選ぶべき? XVのメリット・デメリットを解説

“なんちゃってSUV”が増加している昨今、XVは悪路も走れるコンパクトなSUVとして評価が高いです。しかし、本車の真の魅力は細部の作り込み。使い勝手と走行性能の両面から掘り下げてみたいと思います。

渋滞時、もう足がプルプルしない! 最新の運転支援システム「アイサイト・ツーリングアシスト」その機能と歴史

【アイサイト・ツーリングアシスト(あいさいと・つーりんぐあしすと)】とは、スバルの運転支援システム「アイサイト」に新機能を追加した進化版。高速道路のすべての車速域でアクセル、ブレーキ、ステアリング操作を自動でアシストし、渋滞やロングドライブの疲れを大幅に軽減することができます。今年夏発表予定の新型「レヴォーグ」、「WRX S4」に全車標準装備されるということで、話題となっています。

スバル「アイサイト」が大幅進化! いよいよ自動運転“レベル2”が本格普及か!? 【動画体験レポート】

スバルは運転支援システム「アイサイト」に新機能「ツーリングアシスト」を追加することを発表。今夏発売予定の新型「レヴォーグ」「WRX S4」へのこの機能を標準装備化する。本稿ではそのプロトタイプによる体験試乗会の模様を動画を交えてご紹介したい。

スバル自慢の「アイサイト」が大幅進化! 新機能「ツーリングアシスト」とは?

スバルは、運転支援システム「アイサイト」を大幅にアップデート。新機能「ツーリングアシスト」を搭載すると発表した。この大幅に進化した「アイサイト」は、2017年夏発表予定の新型「レヴォーグ」と「WRX S4」全車に標準で装備される。

【激突動画】この衝撃でもフロントガラスは割れない! スバルが新型「XV」の衝突試験を公開

スバルは今年4月、国土交通省などが実施している衝突安全性能評価で「インプレッサ」と「XV」が過去最高得点の199.7点を獲得したと発表。これを受け、群馬県太田市のスバルビジターセンターと群馬製作所において「衝突試験見学会」を開催した。

「ぶつからないクルマ」があれば、日本の未来は明るい!?

数年前から、高橋一生さんにハマっている。最近、彼の出演する新しいCMを見た。一生さんが、あの無邪気な笑顔でメロンパンを頬張る。どこぞのコンビニかパンのCMかと思ったら、車のCMだった。ほんの一瞬の気の緩み、ギアの入れ間違いであわや事故になりかけたところを、誤発進抑制制御機能のおかげで事故にならずに済...

スポーツパフォーマンスがさらに向上! スバルのスポーツセダン「WRX STI」がマイナーチェンジで新型に

5月24日、スバルは大幅改良を実施した新型「WRX STI」を6月20日に発売すると発表した。モデルラインナップおよび税込車両価格は、「WRX STI」が386万6400円、「WRX STI タイプS」が406万800円となる。

世界が認めたスバルの運転支援システム「アイサイト」搭載車が累計販売50万台を達成!

富士重工業は16日、運転支援システム「アイサイト」搭載モデルの国内累計販売台数が、2017年2月に50万台に到達したことを発表した。これは2008年5月に日本で発売されて以来、8年10か月での達成となる。なお、2016年11月にはアイサイト搭載モデルの世界累計販売台数が100万台を記録している。

スバルが米調査で“もっともランニングコストの低いブランド”に選出! アメリカ人気が鮮明に

全米で新車および中古車情報を扱う大手プロバイダー「ケリー・ブルー・ブック」が毎年決定している“5年間のランニングコスト賞”の2017年版において、スバルが「ベストブランド」部門と「ベスト・コンパクトSUVクロスオーバー」部門の2部門で栄誉に輝いた。

スバルのフラッグシップセダン「レガシィ」がマイナーチェンジ! 内外装をリフレッシュして新登場

富士重工業(スバル)は、米国シカゴで2月9日から開催予定の「シカゴオートショー2017」に、2018年型「レガシィ(米国仕様車)」を出展すると発表した。

スバルがジュネーブモーターショー2017での新型「XV」デビューを予告! 特設サイトもすでにオープン

1月23日、富士重工業は3月7日に開幕するジュネーブモーターショー2017にて、新型「スバルXV」を世界初披露すると予告し、ティザー写真を公開した。

「日本カー・オブ・ザ・イヤ」を受賞したインプレッサの名作が1/8にーーパッと見は実車のWRC2003そのもの!

アシェット・コレクションズ・ジャパンは、世界を制覇したワールドラリーカー「スバル インプレッサ WRC2003」(以下:WRC2003)を組み立てる、週刊「スバル インプレッサをつくる」の販売を開始しました。 ■スバル インプレッサとは?1992年にスポーツワゴン車として発売。翌年の世界ラ...

スバルがSUVコンセプト「VIZIV-7」を披露! これが新型トライベッカに?

11月18日、スバルはロサンゼルス・オートショーにてコンセプトカー「SUBARU VIZIV-7 SUV CONCEPT(スバル・ヴィジヴ7 SUVコンセプト)」のワールドプレミアを行なった。“VIZIV”は「Vision for Innovation」を語源とする造語で、「革新のための未来像」を意...

スバルBRZに最上級グレード「GT」追加! それは走りを磨いた大人のスポーツカーだ

富士重工業は、2016年7月に大掛かりな改良を実施したスバルBRZに、最上級グレードの「GT」を追加設定し、11月7日より発売すると発表した。税込車両価格は6速MT仕様が331万5600円、6速AT仕様が337万5000円。

...
murotoshi

人気の動画ニュースVideo News

20171124_ashida_O

ゲーム芸人が「グラディウスⅡ」のノーミスクリアに挑戦【ゲーム芸人フジタの挑戦】

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

スター・ウォーズの世界が現実に! スフィロの「BB-9E」&「R2-D2」がリアルすぎる!!

20171011_y-koba3_01_R

ハンドスピナーの次は「Tangle」がクルーッ!? 世界的ヒットの手遊び玩具が日本上陸

VIEW ALL

dainichi

インフォメーションInformation

VIEW ALL

murotoshi
dainichi
tamron
JVC
onkyo
omron
CASIO2
CASIO
uniqlo
pioneer
gurugura
plotter
omron
kao
getnavi
honmonokeikaku
週刊GetNavi