ソニー 関連記事

さらば銀座ソニービル! 解体前の最後の思い出に行っておきたい「It’s a Sony展 Part2」が開催中

1966年から半世紀にわたって銀座のシンボルとして親しまれてきた「ソニービル」。創業70周年を迎えたソニーが新たな時代への挑戦を象徴する取り組みとして、建て替えに向けた新たな変化を遂げることとなった。それに先だってソニービルが歩んだ50年の歴史、および今後の進化を紹介するカウントダウンイベントとして...

カラダの動きを音に変える――ソニーが新しい音楽カルチャーを表現した動画を公開!

ソニーが展開する「MOTION SONIC PROJECT」から、カラダの動きを音に変えるアイテムを使って新しい音楽カルチャーを表現したスペシャルムービー『MOTION SONIC DANCE PARTY』がスペシャルサイトで公開された。

↑ソニーのアナログレコードプレーヤー「PS-HX500」

AV

レコードブームに追い風! ソニーが自社スタジオ内にラッカー盤カッティングマシンを導入

ソニー・ミュージックエンタテインメント(SME)は、グループ会社であるソニー・ミュージックコミュニケーションズが運営する「ソニー・ミュージックスタジオ」において、アナログレコード製造用マスターのラッカー盤カッティングマシンを導入し、アナログレコード用カッティングマスターの制作を開始することを発表しま...

ソニー×アロマの勢い加速中! プレゼントにぴったりの「AROMASTIC」オールインワンキット

ソニーは、手軽に持ち運べるパーソナルアロマディフューザー「AROMASTIC(アロマスティック)」など3点をセットにしたオールインワンキットを2月10日より発売しています。1000個限定発売で、価格は1万4299円。ニールズヤード レメディーズオンラインや各店舗(表参道本店、 渋谷ヒカリエ Shin...

プレミアムレンズ「Gマスター」の新作は“α史上最高のボケ味” を謳う中望遠単焦点レンズ!

ソニーEマウントのフルサイズミラーレス一眼カメラに対応する中望遠単焦点レンズ「FE 100mm F2.8 STF GM OSS」が登場。アポダイゼーション光学エレメントを内蔵したSTFレンズで、“α史上最高のボケ味” を謳っている。[caption id="attachment_107609" al...

20170124-i02 (6)

AV

これなら置ける! マンションサイズのコンパクトホームシアター「MTシリーズ」

ソニーから薄型テレビの「音」をリッチにする、横幅50cmのコンパクトなサウンドバー&サブウーファー「MTシリーズ」が3月11日に発売されます。テレビ画面にかぶらないコンパクトさや、ワイヤレスサブウーファーをリビングのソファの下に隠して置ける設置性の高さも魅力。新製品の詳細を紹介していきましょう。[c...

20161227_BLon56

AV

2016年のAV機器を彩ったアナログプレーヤーとプロジェクターを改めて振り返る

ハイレゾブームがひと段落といったAV業界において、オーディオではアナログレコードがヒット。10万円超えの高価格帯のレコードプレーヤーも販売を伸ばしました。

20161129_blnak2_1

AV

初売りで買うなら4Kテレビはいかが? ソニーとLGのエントリー&プレミアムモデルを専門家がマルっと解剖

紅白の出演者も発表されて、年末の怒涛のスペシャル番組が今から楽しみの方もいるのではないでしょうか。しかし、せっかく腰を据えて見るならテレビもスペシャル仕様で見たいもの。

20161206_blnak1_1

AV

ワイヤレスヘッドホンは高音質コーデックで選べ! Bluetoothとは思えない音を鳴らす注目2モデル

最近はワイヤレスイヤホンの発展が著しいですが、オーバーヘッド型のワイヤレス機も、イヤホンに負けず進化中。高音質なBluetoothコーデックに対応し、ワイヤレスでもハイレゾ相当の音質を楽しめるヘッドホンの実力を「GetNavi」本誌編集部がチェックしました。

この冬買うなら“40型台”が狙い目! 10万円台で買えるオススメ4Kテレビ5選

特番や総集編など、これからの季節は見たいテレビ番組が増えますよね。2011年の地デジ以降に合わせてテレビを買い替えた方は、そろそろ買い替えを考える時期。いま買うなら、将来の高画質放送にも対応できる4Kテレビを選びたいところです。 いま、4Kテレビは各社とも40V型台のスタンダードラインが売...

20161130-s1 (7)

AV

「なぜ入手困難なのか?」が一目瞭然! ソニー「超短焦点プロジェクター」は生活をどう変えるのか 具体例10選[PR]

ソニーの「ポータブル超短焦点プロジェクターLSPX-P1」は、税別9万2500円(ソニーストア価格)と、ポータブルプロジェクターとしては高額ながら、あまりの人気ぶりに発売前から入荷待ちが続き、入手困難となったアイテムです。人気の理由は、大きく分けて3つ。ひとつは「超短焦点技術」により、至近距離からの...

買えたらラッキー!? 「ルマンドアイス」やPORTERのスピーカーケースなど限定販売アイテム6選

いろいろなものがどこからでもワンクリックで注文、手にはいる時代ですが、いまも徹底したこだわりや製法など様々な事情で販路を限定しているアイテムも少なくありません。ここではそんな販路限定モノながら、それでも苦労して手に入れるだけの価値のあるアイテムを紹介します。

20161115_y-koba_TV1_ic

AV

騒音VSノイキャンヘッドホン――石積みアーティスト・三國古渓がソニーSPムービーで神ワザを披露!

ソニーのワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット『MDR-1000X』のスペシャルムービー「NOISE ROCK BALANCING」が公開された。スペシャルムービー「NOISE ROCK BALANCING」では、石を絶妙なバランス感覚で積み上げ驚異的なアート作品を作り出すロックバランシングアーティスト・三國古渓(みくに・こけい)が、飛行機や工事現場などの騒音が鳴り響く空間の中でロックバランシングに挑戦。

20161031_blnak2_3

AV

この冬はノイキャンオーディオ機器が豊作! 最注目のモデルを専門家がジャッジ

ハロウィンが終わり、クリスマスに向けて街はさらに賑わってきました。楽し気な雰囲気の一方で、いま移動時音楽を集中して聴くことは容易ではありません。

あの“謎肉”マシマシのカップヌードルも! 爆売れ中の“入手困難モノ”大捜査

大量生産・大量消費の時代ですが、それでも希少なアイテムはあり続けるもの。ここでは予想を大きく上回る爆発的なヒットや、完全ハンドメイドなどの理由による供給不安のため、品薄状態が続いている人気アイテムを紹介します。

...

人気の動画ニュースVideo News

20170221-a07 (6)

「ツインビー」で青ベル以外を使わずに1周5面をクリアせよ!【ゲーム芸人フジタの挑戦】

20170221-i02 (5)

人力セグウェイ? 立ちこぎ専用シートレスステッパー三輪車「Me-mover FIT」が日本にやって来る!

20170216-a05

みんな大喜び! あのバスケ漫画の妙技“下手投げ”フリースローがNBAで復活!!

VIEW ALL

インフォメーションInformation

VIEW ALL

ホンモノケイカク