ダイヤ 関連記事

自分じゃできないから嬉しい!――面倒な“持ち込み”“取り付け”が一切不要になる「楽天タイヤ取付サービス」に期待の声!![PR]

ネットでもクルマのタイヤは購入できますが、「自分ではホイールにタイヤを取り付けられない」「どこに取り付けを頼んだらいいかわからない」という人も多いはず。しかし、12月4日にグランドオープンした「楽天タイヤ取付サービス」に、ネットからは「楽天で低燃費タイヤ買うどー!」「ホイールからのタイヤの着脱交換は...

廃タイヤを6万トン輸入!? リサイクル率9割以上!? 数字で見る自動車用タイヤの世界

リサイクルの優等生といわれる自動車用タイヤ。そのリサイクル率は9割以上と、大半が使用後も資源として活用されている。タイヤメーカーの団体である日本自動車タイヤ協会(JATMA)がまとめた’16年の廃タイヤリサイクル状況によると、廃タイヤの発生量は約9400万本、99万7000トンとなっており、’15年に比べて約100万本も減少している。廃車台数の減少に加え、乗用車用タイヤの販売減少によりタイヤ取り替え時の本数が減ったためで、新車販売やタイヤの売れ行きがあまり芳しくなかったのが要因だ。

横浜ゴムがポルシェ車への新車装着の先駆けとなった往年のスポーツタイヤを復刻へ

横浜ゴム(株)は、同社の歴史的商品のひとつである「YOKOHAMA A008P」を復活させることを発表した。

「腕パンパン」のタイヤの空気入れが全自動! ボールや浮き輪にも使えるモバイル電動空気入れが登場

自転車に乗る前にタイヤの空気圧をチェックしていますか? 適正な空気圧は乗り心地を向上させ、タイヤの寿命も延ばします。でも、ポンプでわざわざ空気を入れるのは面倒くさいですし、腕もパンパンになりますよね。また、ポンプはいつも使うものでもないので、置き場所にも困ってしまいます。今回、そんな悩みを解決するコ...

タイヤを作って145年! 独・コンチネンタルタイヤが新製品「プレミアムコンタクト6」を発表

コンチネンタルタイヤは、同社の新製品「プレミアムコンタクト6」を2017年より発売すると発表した。日本市場での販売開始は2017年6月頃を予定。新車装着(OE)用タイヤとして自動車メーカーから約400の承認を獲得する一方、補修用タイヤとしてもマーケットで大ヒットを記録をした従来型の「コンチ・プレミア...

日本初! VWが3年間のタイヤパンク補償サービスを導入

11月15日、フォルクスワーゲン グループ ジャパンはフォルクスワーゲン正規販売店にて、新品タイヤに付帯する補償サービスとしては日本初となるパンク損害の補償サービス「Volkswagen タイヤパンク補償サービス」を導入したことを発表した。このサービスでは、フォルクスワーゲン正規販売店で新品タイヤを...

なぜF1のホイールは13インチからアップしないのか?

「インチアップ」などというドレスアップ用語はもう死語だろうか。エンジンの排気量も馬力もそうだったが、ホイールの径も大きい方がエライ、スゴイ、カッコイイと信じられていた。いや、現在進行形か。エライかスゴイかは別にして、確かに、大径ホイールはカッコイイ。15インチ(1インチ=約2.5cm)より16インチ...

【梅雨に打ち勝つ! 部屋干し便利アイテムベスト5】省スペース型物干し竿や超速乾マットに注目!

梅雨入りすると、洗濯物の山が悩みの種に。室内に干すしかないけれど、“部屋干し特有のニオイが気になる”“湿度が高くて乾かない”“そもそもスペースがない”……。

なぜ男たちは“太くて薄いタイヤ”を履きたがるのか?

Q : スポーツモデルほど“太くて薄いタイヤ”を履いてますよね。太くて薄いタイヤは、走行性能にどんな影響があるのでしょうか。カッコだけですか?(千葉県42歳男性) A : スポーツモデルが“(タイヤ幅が)太くて(タイヤ側面の厚みが)薄いタイヤ”を採用する理由は、見た目のカッコよさと走りのよ...

calbee

人気の動画ニュースVideo News

GN1802_P131-O

ゲーム芸人が不朽の名作「マッピー」でノーミスクリアにチャレンジしてみた【ゲーム芸人フジタの挑戦】

20171222_Y06

ナノ・ユニバースとコラボしたLEDライト&トーチ付き! GetNavi 2月号は本日、発売!

20171124_ashida_O

ゲーム芸人が「グラディウスⅡ」のノーミスクリアに挑戦【ゲーム芸人フジタの挑戦】

VIEW ALL

インフォメーションInformation

VIEW ALL

calbee
PAIONIA
DYSON
IT'SCOM
LINE
takara
daikin
irobot
GODZILLA
calbee
dainichi
JVC
onkyo
omron
omron
maittake
honmonokeikaku
週刊GetNavi