パナソニック 関連記事

20170118-i02 (2)

AV

4Kは高画質だけじゃない! 「あとから補正」で失敗知らずのビデオカメラ「HC-WX995M」

パナソニックは、4K高画質で思い出をキレイに残せるデジタル4Kビデオカメラ「HC-WX995M/VX985M」を2月16日に発売します。カラーは、HC-WX995Mがブラウン、HC-VX985Mはブラックとホワイトの2色展開。本製品は、高精細な4K画質で記録でき、さらに「あとから補正」の進化で使いや...

4Kフォトで自撮りが可能に! パナソニック「LUMIX GF9」は秒間30コマ連写で最高の表情の逃さない!

パナソニックからマイクロフォーサーズ規格に準拠したミラーレスデジタル一眼カメラ 「LUMIX GF9」が登場。女性の手にもなじむコンパクトサイズで、4Kフォトでの自分撮り「4Kセルフィー」が楽しめるのが最大のウリだ。[caption id="attachment_100169" align="ali...

2016年、自動調理家電とコードレス掃除機はなぜヒットした? 家電のプロが解説&火付け役のキーアイテムをチェック!

2016年は「時短」や「利便性」を追求した結果として、独自かつ斬新な機能を備えた家電がヒット。材料を入れるだけの自動調理家電や、操作性を極めたコードレススティック掃除機はその象徴です。

「メガホン型翻訳機」など最新技術に驚き! 2017年ヒット確実のハイテク便利アイテム3選

本記事では、最先端のテクノロジーがつまったアイテムをご紹介。メガホンの形をした翻訳機や、スマホアプリと連携して紛失物のありかを教えてくれるガジェットなど、便利なものばかり。

2017年はコーヒー生活を始めませんか? コーヒーメーカーの選び方と代表5機種を実力診断

豆にこだわり、一杯ずつじっくり淹れる「サードウェーブコーヒー」の人気を受けて、ドリップコーヒーは家庭でもすっかり定着した感があります。

20161216-i03 (3)

AV

耳にスッとおさまるコンパクトボディがうれしい! パナソニックのハイレゾ対応イヤホン「RP-HDE5/HDE3」

パナソニックは、ハイレゾ音源の精緻な音を忠実に再生するイヤホン2機種4モデルを2017年1月20日に発売します。

20161125_blnak2_9

AV

15万円台の4Kテレビはどうなんだ? 専門家がパナソニック4Kモデルを評価&購入のポイントを伝授!!

紅白の出演者も決まり、いよいよ年末のスペシャル番組ラインナップも出揃ってきました。ここらでそろそろ、4Kテレビを買って高画質で番組を観てみては。

“汚れが勝手に落ちる”最先端トイレはどうやって作られる? 業界2強を脅かす「アラウーノ」の生産現場に潜入!

みなさんは、あのパナソニックが便器を作っていることをご存じでしたか? その便器とは、便器自体が自動で汚れを防いでくれるハイテクトイレ「アラウーノ」。すでにタンクレストイレというカテゴリでは、業界の2強、TOTOやLIXILを脅かす存在になっています。 前回は、有機ガラス素材による精密な成形...

パナvsダイソン、大掃除に使えるのはどっち? 最新コードレス&コード付き掃除機でサシ勝負!

2016年も残すところあとわずか。年末の大掃除シーズンが到来しますが、その際の強い味方となるのが掃除機ですよね。

“圧力IH”か“非圧力”か? 最新高級炊飯器4モデルの美味しさを実食テスト!

10万円前後の高級炊飯器は各メーカーが注力しているカテゴリのひとつですが、気軽に買えるものではないので間違いのないモデル選びをしたいところです。そこで今回は、“圧力IH”と“非圧力”の2カテゴリから、代表2モデルの味と使い勝手を比較。

パワフルなのにネジが「バカ」になりにくい! 21段階のパワー調節が可能なLED付き充電ドライバー

パナソニック エコソリューションズ社は、7.2V対応で作業スピードが向上する電動工具の新商品「充電スティックドリルドライバー EZ7421LA2S」を2017年2月1日に発売します。色は黒と赤の2色展開で、価格は4万1472円です。 回転数・トルクの向上ときめ細かいコントロールを両立本製品...

近い未来の住宅はこうなる! 大手3社共同の大型実証実験の詳細発表で見えてきた「家」とIoTの関係

送配電事業会社の東京電力パワーグリッド、日立製作所、パナソニックという3社がタッグを組み、住宅内の情報を収集・蓄積・加工することができる仕組みを作ろうという動きがあります。この仕組みを利用すれば、電気の利用状況がひとめでわかるほか、一人暮らしの高齢者の見守りができたり、家電の異常に気づいたりできるサ...

この冬買うなら“40型台”が狙い目! 10万円台で買えるオススメ4Kテレビ5選

特番や総集編など、これからの季節は見たいテレビ番組が増えますよね。2011年の地デジ以降に合わせてテレビを買い替えた方は、そろそろ買い替えを考える時期。いま買うなら、将来の高画質放送にも対応できる4Kテレビを選びたいところです。 いま、4Kテレビは各社とも40V型台のスタンダードラインが売...

「画面」から「空間」へ――パナソニックの総合力を生かしたデジタルサイネージ新ブランド「AcroSign」始動!

近年では、屋外や交通機関、店頭などでディスプレイを使って情報を配信するシステム「デジタルサイネージ」の需要が高まっています。今後2020年に向けて、インバウンド増に伴い需要が拡大し、ハードからコンテンツソリューション志向が高まっていくことでしょう。

20161129-s2-5

AV

デジタルサイネージの新ブランド「AcroSign」始動! パナソニック、総合力を生かし事業強化へ

パナソニック システムネットワークスは、デジタルサイネージ(※)ソリューションと商品ラインアップをさらに強化した統合ブランド「AcroSign(アクロサイン)」を発表しました。※デジタルサイネージ=ディスプレイなどの電子的な表示機器を使って情報を発信するシステム。電子看板のこと 同社の総合...

...

人気の動画ニュースVideo News

20170119-a02-01

【DIY女子必見】プロ顔負けの“可愛いすぎる工具”が話題ーークマやサイが驚きの姿に変身!

20161226ble4_00

2017年はロボットのいる生活が普通に! 音声アシスタント端末の次なる注目モデルは?

20161202_blnak1_25

360°カメラはニコンとリコーどっちがいい? 「4つの撮り方ルール」と併せてオススメモデルを紹介

VIEW ALL

インフォメーションInformation

VIEW ALL

TAG

ホンモノケイカク