ミラーレス一眼 関連記事

最新ミラーレスと割安な旧モデル、トータルではどっちが“買い”? キヤノン「EOS M6」と「EOS M3」のコスパを比べてみた

EOS M6と旧モデルとなるEOS M3の画質や連写性能、価格などを比較し、その進化点や実力の程を吉森信哉カメラマンや永山昌克カメラマンの意見を交えつつチェックしてみた。後編となる今回は、連写性能や価格を中心にチェックした。

高画質と携帯性を両立させた小型軽量ミラーレスカメラ「富士フイルム X-E3」に高まる期待!

ファインダー付きのXシリーズで最小・最軽量*のミラーレス一眼カメラ。フラッグシップモデルと同じ有効2430万画素のローパスフィルターレスAPS-CサイズCMOSセンサー、画像処理エンジンを搭載し、携帯性と高画質を両立させている。スナップ撮影におすすめのカメラだ。

初心者でもクリエイティブな撮影が楽しめる! ミラーレス一眼カメラ「オリンパス OM-D E-M10 Mark III」デビュー

マイクロフォーサーズ規格に準拠したミラーレス一眼カメラ。オリンパスOM-Dシリーズのエントリーモデルで、2015年に発売された「OM-D E-M10 Mark II」の後継となる。最新の画像処理エンジン「TruePic VIII」、有効1605万画素のLive MOSセンサーを搭載。4つのカメラアシスト撮影モードを採用し、初心者でもクリエイティブな作品撮影が楽しめる。

キヤノン謹製ミラーレス「EOS M6」は本当に“買い”なのか? 旧モデル「EOS M3」と徹底比較してみた

キヤノンのミラーレス一眼の現行モデルは、EVFを内蔵したEOS M5と小型でEVFを外付けにしたEOS M6、エントリーモデルのEOS M100、EOS M10の4機種がラインナップされている。このうち、中核モデルとなるのがEOS M6で初級ユーザーから中級ユーザーに人気のモデルとなっている。そこで...

「ミラーレス=“動き”に弱い」は時代遅れ!? 上位モデル/旧モデル/一眼レフを撮り比べてみた

ミラーレス一眼はAF性能が弱く、特に動きの速い被写体にピントを合わせるのは苦手、と言われていたのは昔の話。最近では、オリンパス「OM-D E-M1マークⅡ」やソニー「α6500」「α9」など、高速AFをアピールするミラーレス一眼が続々と登場している。そのAF性能は本当に快適なのか。実際に試してみた。

記録形式は? 基本のカメラ設定は? イチからわかるデジタル一眼動画の始め方【後編】

一眼動画は、一般のビデオカメラでは望めない大きなボケ表現や質の高い描写などが得られると、最近注目を集めている。加えて、4K動画撮影に対応する機材も増えてきた。そこでここでは、一眼動画を楽しむための機材選びやカメラ設定、専門用語などについて詳細に解説。後編となる今回は、カメラ設定や動画撮影で用いられる用語を中心に解説。普段使用している一眼カメラで動画撮影を楽しむための基礎をマスターしよう!

動画撮影に最適な一眼カメラは? 必要な機材は? イチからわかるデジタル一眼動画の始め方【前編】

一眼動画は、一般のビデオカメラでは望めない大きなボケ表現や質の高い描写などが得られると、最近注目を集めている。加えて、4K動画撮影に対応する機材も増えてきた。そこでここでは、一眼動画を楽しむための機材選びやカメラ設定、専門用語などについて詳細に解説。前編となる今回は、動画撮影に適したカメラやレンズ、用品を中心に解説。普段使用している一眼カメラで動画撮影を楽しむための基礎をマスターしよう!

撮影がもっと面白くなる! 10万円以下の安くてイイ交換レンズ5選【次点のノミネートレンズ】

交換レンズにはカメラメーカー純正品だけでなく、レンズメーカーの製品も数多く存在している。そこで今回は、10万円以下のレンズに絞って、筆者が“優秀だけどお買い得”と感じている10本をノミネート。特に優秀な5本については、実際に使用した感想をもとに順位付けした。最終回となる今回は、ノミネートはしたものの、残念ながら次点となった、5本のレンズを紹介する。

「伝説のマクロ」最新版の描写力に大満足! 10万円以下の安くてイイ交換レンズベスト5【第1位】

交換レンズにはカメラメーカー純正品だけでなく、レンズメーカーの製品も数多く存在している。そこで今回は、10万円以下のレンズに絞って、筆者が“優秀だけどお買い得”と感じている高コスパな10本をノミネート。特に優秀な5本については、実際に使用した感想をもとに順位付けした。今回は、いよいよ第1位のレンズを発表!

シグマ「ライト・バズーカ」を実写レビュー! 10万円以下の安くてイイ交換レンズベスト5【第2位】

一眼レフなどのレンズ交換式カメラの醍醐味は、使用レンズによって写真表現が大きく変わることだ。とはいえ、どんなレンズが最適かつ高性能なのかがカメラ本体に比べてわかりにくく、レンズ選びはなかなか難しい。もちろん、使用するカメラのマウントによって使えるレンズは限られるし、どんな種類(広角、望遠、マクロ、高倍率ズームなど)のレンズが必要かも、撮影する被写体や撮りたいイメージによって大きく変わってくる。

10万円以下の安くてイイ交換レンズベスト5【第4位&第3位をレビュー】

一眼レフなどのレンズ交換式カメラの醍醐味は、使用レンズによって写真表現が大きく変わることだ。とはいえ、どんなレンズが最適かつ高性能なのかがカメラ本体に比べてわかりにくく、レンズ選びはなかなか難しい。もちろん、使用するカメラのマウントによって使えるレンズは限られるし、どんな種類(広角、望遠、マクロ、高倍率ズームなど)のレンズが必要かも、撮影する被写体や撮りたいイメージによって大きく変わってくる。

注目ミラーレス一眼の真価を問う! ソニー「α9」対「動きモノ」

5月26日に発売されたソニー α9は、メモリー内蔵35㎜フルサイズ積層型CMOSセンサーを採用。電子シャッター使用時で約20コマ/秒の連写が可能というこれまでにないミラーレス一眼だ。また、センサーからのデータ読み出しが途絶えないため、連写中もブラックアウトなしで撮影できるのも魅力。画素数は有効約2420万画素と、同社のα7RIIなどに比べると少なめだが、高感度撮影に強く、常用感度で最高ISO 51200、拡張感度でISO204800に対応する。今回はこのα9の実写を行い、画質や連写性能を検証してみた。

第5位はあの高倍率ズーム! 10万円以下の安くてイイ交換レンズベスト5【ノミネート&第5位】

一眼レフなどのレンズ交換式カメラの醍醐味は、使用レンズによって写真表現が大きく変わることだ。とはいえ、どんなレンズが最適かつ高性能なのかがカメラ本体に比べてわかりにくく、レンズ選びはなかなか難しい。もちろん、使用するカメラのマウントによって使えるレンズは限られるし、どんな種類(広角、望遠、マクロ、高倍率ズームなど)のレンズが必要かも、撮影する被写体や撮りたいイメージによって大きく変わってくる。

ソニー「α9」は“ミラーレス一眼は動きに弱い”という定説を覆せるか? モータースポーツの現場でプロがチェック!

ソニーのフラッグシップ機「α9」は、メモリー内蔵のフルサイズセンサーを採用し、秒間約20コマの超高速連写に対応するのが魅力。本稿では、モータースポーツを主戦場とするカメラマン・池之平昌信さんに、その実力を評価していただきました。ソニー α9メモリー内蔵35㎜フルサイズ積層型CMOSセンサーを採用し、...

オリンパスOM-D E-M1 Mark II最大の問題は、単焦点にするか、ズームレンズにすべきか? 5項目で徹底チェックした

先日見事カメラグランプリ「大賞」に選ばれたオリンパス「OM-D E-M1 Mark II」。前回レビューしたとおり優秀なカメラであることは間違いないのだが、ここで悩ましいのが合わせるレンズ。ズームレンズが単焦点レンズに比べると画質が劣る、といわれていたのは昔の話で、近ごろは単焦点レンズに匹敵する優れ...

...
yamaso

人気の動画ニュースVideo News

20171011_y-koba3_01_R

ハンドスピナーの次は「Tangle」がクルーッ!? 世界的ヒットの手遊び玩具が日本上陸

20171003_y-koba2 (1)

テクノロジーが「車いす」の毎日を変える! 世界初・ヤマハの「片流れ制御」とは?【動画有】

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

モフモフしたい謎グッズ!? 動きがリアルすぎる“猫のしっぽ”ロボットの正体

VIEW ALL

yamaso

インフォメーションInformation

VIEW ALL

yamaso
カルビー
エレコム
ホンモノケイカク
週刊GetNavi