レビュー 関連記事

「寝室の加湿器」でこれ以上の選択があるの? 濃厚レビューでダイニチRXシリーズ「夜のスゴさ」が明らかに![PR]

今回紹介するのが、定評のあるダイニチ工業の最新モデル。気化式と温風気化式のハイブリッド方式を採用し、加湿スピードの向上と省エネ性を両立しています。また、「業界No.1」という運転音の静かさも特徴とのこと。今回は、同社の最上位モデル“RXシリーズ”の14畳タイプ「HD-RX517」を2週間にわたって使用し、実際に感じた点をレポートしていこうと思います。

「惜しい点が1つだけ…だが、想像以上のデキ!」タイガー最新炊飯器「JPG-X100」、前モデルと徹底的に比べてみたら?

タイガーの高級調理家電ブランド「GRAND X(グランエックス)」シリーズから、新型炊飯器「JPG-X100」が発売されました。本機は、土鍋(内釜)の素材の見直しなどで火力がさらに向上し、音声アシスト機能など使い勝手も向上したといいます。とはいえ、前機種から何がどれだけ進化したのか、細かくその違いが...

日立のいいとこ全部出た! 8項目テストまとめで「ふっくら御膳」は「失敗したくない人」へのベストアンサーと判明

本サイトでは、主要メーカーのハイエンド炊飯器のなかでも人気の高い5機種を集め、徹底的に比較・検証した記事を連載してきました。今回は、日立「ふっくら御膳 RZ-AW3000M」の検証をまとめ、その個性に迫っていきます。検証によると、ご飯の味のバランスが良いほか、少量炊飯や保温など、細かい部分にも配慮が...

「ウチの冷蔵庫…クサっ」とならないために! 最新5モデルの冷蔵・冷凍「以外」の機能を家電のプロが徹底チェック

冷蔵庫はどれも同じように見えて迷ってしまう人も多いはず。そこで今回は主要5社の2017年新モデルを家電選びのプロ、戸井田園子さんが5項目にわたって徹底検証。「冷蔵・冷凍」「野菜室」などを検証した前回に引き続き、今回は、「清潔性・脱臭機能」「設置性・デザイン」 「省エネ性能」をチェック。併せて各モデルがどのような家庭に向いているか、ズバリ結論を導き出します!

【徹底比較】ついに「炊飯器の結論」が見えた! 主要5モデル・10項目詳細テストを総まとめ

高級炊飯器の主要5モデル(象印、パナソニック、三菱電機、タイガー、日立)の炊き上がりの食感から使い勝手まで、多角的に検証してきた連載企画の最終回。これまで「上質炊飯機能」(炊き立て・冷やごはん・冷凍ごはんの食感チェック)「食感炊き分け」「一合炊き」「保温」「操作性・メンテナンス性」「独自機能・設置性...

【徹底比較】これ見ないで炊飯器買っちゃダメ! おすすめ5モデル「独自機能/設置性」1万字詳細レポート

5.5合炊き高級炊飯器の主要5モデルの性能や使い勝手を徹底チェックする検証連載。今回は、象印、パナソニック、三菱電機、タイガー、日立が発売するハイエンド炊飯器の「独自機能」と「設置性」を見ていきましょう。

【徹底比較】保温しても味が落ちない炊飯器はどれだ? 高級炊飯器の主要5モデル、6時間/24時間で保温性能をチェック!

高級炊飯器・主要5モデル徹底検証 保温したごはんの味をチェック!高級炊飯器は各メーカーがその技術を競い合う主戦場。その品質はどれも高いレベルに達していますが、かなり高額であるため、より自分の(我が家の)好みや使い方に合った機種を選びたいと思うのが人情でしょう。 今回は、食事時間の異なる家族...

「少量でもおいしく炊けます」は本当か? 5.5合炊きの高級炊飯器「1合炊きの味」をいつものごはんと徹底比較!

高級炊飯器の主要5モデルの実力を徹底検証する本企画。40代以上の独身世帯、子供が独立したシニア世帯など、1~2人世帯が増加する昨今、少量炊飯のニーズも多いはず。そこで象印、パナソニック、三菱電機、タイガー、日立の主要5モデルを集めて1合で炊飯。味と食感を3合炊きと比較してみました!

同じ「しゃっきり」がこんなに違っていいの? 高級炊飯器5モデル「食感炊き分け」を検証したら各社の個性が強すぎた

失敗できない高級炊飯器選びにおいて、食感が合うかどうかも重要な要素。そこで今回は、象印、パナソニック、三菱電機、タイガー、日立の主要5モデルを集め、食感炊き分け機能を使うとどんな食感になるのかをチェック。両極端のモードで炊き、実際に試食してみました!

【詳しすぎて怖い】高級炊飯器、主要5モデル「味と食感」徹底テスト 「おにぎり」「冷凍」がウマい機種も明らかに!

根強い人気を誇る大手メーカー5社(象印・パナソニック・三菱電機・タイガー・日立)の高級炊飯器を集めてテストしようというのが本企画。各モデルで炊いたごはんの味の傾向や、少量炊飯でのおいしさ、保温性能、操作性、お手入れのしやすさ、設置性などを比較検証していきます。今回は、炊飯器の最重要ポイントであるごはんの食感・味の傾向をチェック。炊きたてを試しただけでなく、お弁当で気になる冷やごはんや、保存に便利な冷凍→再加熱したごはんも試食し、その傾向を探りました!

手作りアイス初体験の感動がよみがえる! 家電のプロが「欠点はあるがピカイチ」と語る「アイスデリ プラス」納得の理由

夏の“納涼家電”対決として前回はドウシシャのかき氷メーカー「ふわふわとろ雪かき氷 DTY-17BK」を紹介した。今回は、5月に発売されたハイアールのアイスクリームメーカー「アイスデリ プラス」を徹底レビュー。絶品アイスを楽しめるだけではなく、料理にも活用できる本機の実力を、その欠点も交えて評価していこう。

「脱臭ハンガー」で長年の「服のニオイ問題」がスッキリ解消! クサイ服はもう「シュッシュ」しなくていいんです

対策に困るのはスーツやジャネットなど自宅で洗えない衣類のニオイ。しかも今の季節は汗のニオイも混じり合い、なんとも言えない異臭に……。そんな折、パナソニックが「脱臭ハンガー MS-DH100」なるものを9月に発売すると発表。なんでも、衣類をハンガーにかけておくだけでニオイを消してくれるそう。そこでさっそく実力を試すべく、発売の一足先に製品をお借りして使ってみました!

デロンギ初、3万円の衣類乾燥除湿機を徹底レビュー! このパワーで設置面積「A4サイズ」に驚いた

梅雨どき、外に洗濯物が干せないと困りますよね。部屋干しすると部屋がジメジメして不快ですし、湿気がカビなどの原因になることも。一方で、最近はPM2.5や黄砂、花粉などを避けるために外で干さない方も増えています。そんな背景もあって、いま、注目されているのが衣類乾燥除湿機です。こちらは単なる除湿機ではなく、"衣類乾燥"にフォーカスして、素早く服が乾かせることがポイント。

「台座がない扇風機」がここまで便利だったとは! 徐々に弱まる「おやすみ風」も快適な三脚式「カモメファン」の実力

今年は5月から真夏日が続き、今後も暑い日が続きそうです。そろそろ扇風機の出番ではないでしょうか。ただし、扇風機を出すと意外に大きくて(特に台座が)、置き場所に悩むことはありませんか? そこで今回は、省スペースで置ける、ちょっと変わった三脚式の扇風機にフォーカスしてみました。

百戦錬磨の家電ライター、レビュー後に即買いした製品は? 2016年「本当に良かったアイテム」ベスト5を振り返る!

2016年も残すところあとわずか。思い返せば、家電製品に力を入れるGetNavi webでは、数多くの家電をいち早く紹介してきました。なかでも人気だったのが、「濃厚レビュアー」として知られる家電ライター、倉本 春さんの記事。倉本さんは、とある記事で「2.2万いいね」を獲得するなど、その内容の濃さには...

...
murotoshi

人気の動画ニュースVideo News

20171124_ashida_O

ゲーム芸人が「グラディウスⅡ」のノーミスクリアに挑戦【ゲーム芸人フジタの挑戦】

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

スター・ウォーズの世界が現実に! スフィロの「BB-9E」&「R2-D2」がリアルすぎる!!

20171011_y-koba3_01_R

ハンドスピナーの次は「Tangle」がクルーッ!? 世界的ヒットの手遊び玩具が日本上陸

VIEW ALL

dainichi

インフォメーションInformation

VIEW ALL

murotoshi
dainichi
tamron
JVC
onkyo
omron
CASIO2
CASIO
uniqlo
pioneer
gurugura
plotter
omron
kao
getnavi
honmonokeikaku
週刊GetNavi