レビュー 関連記事

「出窓に置ける電気ケトル」があったとは!「見せ家電時代」の申し子、プリンセスの小粋なケトルをサクっとレビュー

筆者はオシャレという言葉にはほど遠いオヤジ記者。10年前にマイホームを手に入れたときには、優雅な休日を過ごすことを夢見て、妻と一緒にオシャレ雑貨をアレコレ買い漁ったものです。結果、統一感がなく、ただモノが溢れただけの家になってしまいました……(泣)。 そんななか、最近は妙にオシャレに目覚め...

電動ハブラシで後悔しない「買いのポイント」がわかったぞ! ブラウン、フィリップス、パナ最新モデル「6項目徹底比較」を総まとめ

いつまでも歯の健康と美しさを保ちたいなら、ぜひ電動歯ブラシを検討すべき。歯垢除去やステイン(着色汚れ)のケアに高い効果を発揮し、時短にも役立ちます。本稿は電動歯ブラシの主要メーカー3社(ブラウン オーラルB、フィリップス ソニッケアー、パナソニック ドルツ)の最上位モデルを徹底検証した連載企画の第3...

最新電動ハブラシで「充電器」「ケース」がオシャレなのは? ブラウン、フィリップス、パナの「磨き性能以外」徹底比較を8000字でレポート!

いつまでも歯の健康と美しさを保ちたいなら、電動歯ブラシを検討してみてはいかがでしょうか。本稿は、なかでも人気の3ブランドであるブラウン オーラルB、フィリップス ソニッケアー、パナソニック ドルツの最上位モデルを取り上げる企画の第2回。今回は快適なブラッシングを実現する「サポート機能」と、各モデルの「充電のしやすさ」「設置性」について見ていきましょう。

最新電動ハブラシを「汚れ落ち」と「刺激」順に並べてみたら? ブラウン、フィリップス、パナの「磨きの違い」が劇的にわかる9000字レポート

いつまでも歯の健康と美しさを保ちたいなら、電動歯ブラシを検討してみては? 今回は、電動歯ブラシ業界の3大ブランド、ブラウン・フィリップス・パナソニックの最上位モデルを取り上げ、歯垢除去能力や磨き心地の違い、ブラッシングモードのバリエーションを比較・検証します!

ウチに来てくれて、ありがとう! 「速暖マイカヒーター」2か月使った感謝をレポート

昨年の9月、家電メーカーのシロカさんから、モニター用として「速暖マイカヒーター」が送られてきました。当時はいまいちその性能がわからず、「はぁ…ありがとうございます…」という態度でした。いまにして思えば、過去の自分を叱りつけてやりたい。「何だその態度は! コレがなかったら、もう、ひどいことになっていた...

【2018年版】高いルンバと安いルンバ、何がどう違うのか? 主要5モデルの価格の「差」をプロの解説で完全解明!

大人気のロボット掃除機・ルンバ。種類の違いで価格の差がありますが、いったい何が違うのか? 今回は、主要5モデル(ルンバ641、 ルンバ690、ルンバ890、ルンバ960、ルンバ980)を選び、それぞれ何が違うのかを徹底比較。家電のプロ、戸井田園子さんに詳しく解説してもらいました!

読まずに選んでいいの? ブラウン、パナ、フィリップス電気シェーバーの違いがわかる「6項目徹底比較」を総まとめ!

本稿は、電気シェーバーの主要3メーカー(ブラウン、パナソニック、フィリップス)の高級モデルを比較する連載(全3回)の最終回。第1回では、「シェービングの速さ」「深剃り」「肌への負担」を検証し、第2回では「操作性」「メンテナンス性」「付加機能」を比較検証してきました。今回はそれらの検証結果を踏まえ、各...

電気シェーバーの「年間メンテ代」って知ってる? ブラウン、パナ、フィリップス最新モデルの「剃り味以外」を徹底比較!

本稿は電気シェーバーの「ビッグ3」、ブラウン、パナソニック、フィリップスのフラッグシップモデルについて、性能や使いやすさを徹底検証する企画。今回は、「操作性」「メンテナンス性」と「付加機能」について検証していきます!

ドンキの「1万5000円ロボット掃除機」本当の実力がわかったぞ! 家電のプロが自宅で使い、ホンネで採点してみたら

ディスカウントショップ、ドン・キホーテのプライベートブランド「情熱価格PLUS」から、参考価格なんと1万4800円(税抜)のロボット掃除機が発売されました。その名も「スマホとつながるWi-Fi対応ロボットクリーナー」です。今回は、その実力を家電のプロ、戸井田園子さんに検証してもらいました!

深剃りNo.1はどれだ? ブラウン、パナ、フィリップス最新電気シェーバーの剃り味を3項目で徹底比較!

高級電気シェーバーといえば、まずはブラウン、パナソニック、フィリップスが挙げられるのではないでしょうか。本稿ではその3ブランドの最新・最上位機種を集め、「シェービングの速さ」「深剃り度合い」「肌への負担」をチェックしていきます!

【象印・パナ・三菱・タイガー・日立】炊飯器「最新5モデル徹底テスト」まとめ – 家電ライターが教える「4つの結論」がコレ!

本稿は、最新高級炊飯器の主要5モデル(象印、パナソニック、三菱電機、タイガー、日立)を多角的に比較・検証してきた連載企画をまとめたもの。各モデルにつき、8項目にわたって行った検証の結果をまとめ、各機種がどんなユーザーにおすすめかを考えていきます。

「寝室の加湿器」でこれ以上の選択があるの? 濃厚レビューでダイニチRXシリーズ「夜のスゴさ」が明らかに![PR]

今回紹介するのが、定評のあるダイニチ工業の最新モデル。気化式と温風気化式のハイブリッド方式を採用し、加湿スピードの向上と省エネ性を両立しています。また、「業界No.1」という運転音の静かさも特徴とのこと。今回は、同社の最上位モデル“RXシリーズ”の14畳タイプ「HD-RX517」を2週間にわたって使用し、実際に感じた点をレポートしていこうと思います。

「惜しい点が1つだけ…だが、想像以上のデキ!」タイガー最新炊飯器「JPG-X100」、前モデルと徹底的に比べてみたら?

タイガーの高級調理家電ブランド「GRAND X(グランエックス)」シリーズから、新型炊飯器「JPG-X100」が発売されました。本機は、土鍋(内釜)の素材の見直しなどで火力がさらに向上し、音声アシスト機能など使い勝手も向上したといいます。とはいえ、前機種から何がどれだけ進化したのか、細かくその違いが...

日立のいいとこ全部出た! 8項目テストまとめで「ふっくら御膳」は「失敗したくない人」へのベストアンサーと判明

本サイトでは、主要メーカーのハイエンド炊飯器のなかでも人気の高い5機種を集め、徹底的に比較・検証した記事を連載してきました。今回は、日立「ふっくら御膳 RZ-AW3000M」の検証をまとめ、その個性に迫っていきます。検証によると、ご飯の味のバランスが良いほか、少量炊飯や保温など、細かい部分にも配慮が...

「ウチの冷蔵庫…クサっ」とならないために! 最新5モデルの冷蔵・冷凍「以外」の機能を家電のプロが徹底チェック

冷蔵庫はどれも同じように見えて迷ってしまう人も多いはず。そこで今回は主要5社の2017年新モデルを家電選びのプロ、戸井田園子さんが5項目にわたって徹底検証。「冷蔵・冷凍」「野菜室」などを検証した前回に引き続き、今回は、「清潔性・脱臭機能」「設置性・デザイン」 「省エネ性能」をチェック。併せて各モデルがどのような家庭に向いているか、ズバリ結論を導き出します!

...
calbee

人気の動画ニュースVideo News

20180204_y-koba1_ic_R

【aibo動画まとめ】ソニー「aibo(アイボ)」を愛せるかな? リアルだけど不気味さは皆無!!

20180126_y-koba7_ic_R

【体験動画】ゲレンデを疾走する「タクシー」が本当に楽しすぎ! 上りも下りも迫力満点!!

GN1802_P131-O

ゲーム芸人が不朽の名作「マッピー」でノーミスクリアにチャレンジしてみた【ゲーム芸人フジタの挑戦】

VIEW ALL

日産

インフォメーションInformation

VIEW ALL

calbee
calbee
日産
ロワード
dTV
blueair
kurabest
calbee
PAIONIA
IT'SCOM
omron
omron
maittake
honmonokeikaku
週刊GetNavi