ロボット掃除機 関連記事

高いルンバと安いルンバ、何がどう違うのか? 主要4モデルの「差」を比較表&プロの解説で完全解明!

ロボット掃除機といえば、アメリカ・アイロボット社のルンバが有名ですね。優秀な制御プログラムと高い吸引力で定評があり、世界では累計1000万台以上、国内では累計200万台以上を販売するなど、絶大な人気を誇っています。

【動画あり】雑誌「ちゃお」のふろくがロボット掃除機…だと? 斬新すぎて悔しいので家電担当がレビューしてみた

GetNavi本誌(紙媒体)の家電担当、青木から筆者あてにメールが届きました。文面は「レビューしてほしいです!」。いつもはクールな青木が何を興奮しているのか? 貼り付けられたリンク先をクリックしてみると、何と、少女マンガ雑誌「ちゃお」が史上初、ふろくにロボット掃除機をつけるというのです!「ロボット掃...

ロボットとスティック、どっちが正解? 意外と知らない「掃除機選びの基準」と「最旬オススメモデル」集中講座

家電の人気分野といえば、真っ先に思い浮かぶのがロボット掃除機、スティック掃除機ではないでしょうか。ただし、これらは安価なものではないだけに、買ってみてから「自分には合わなかった」という悲劇は避けたいところです。そこで今回は、家電コーディネーター、戸井田園子さんに話を聞き、どんな人がロボット掃除機、ま...

年末の大掃除前に最終チェック! ロボット掃除機「何が違うの」比べ

日立が市場に新規参入し、ロボット掃除機はますます家庭に普及しはじめてきました。「ルンバ」「ダイソン」「ルーロ」「ミニマル」など百花繚乱のロボット掃除機、形はよく似ているけど、中身っていったい何が違うの? いざ購入するとなったら、ちょっと判断がつきません。そこで今回の企画です。日々の掃除の手間を減らし...

お疲れのプロレスラーを家電で癒せるか? 邪道選手が部屋を快適にする最新オート家電3種をお試し!

GetNavi web×新日本プロレス コラボ連載巡業でお疲れ気味の邪道選手に「心身をラクにする家電」をご提案!GetNavi Web恒例の新日本プロレスとのコラボ企画。今回は、過去様々な団体でヒールとして活躍し、名タッグ「邪道&外道」でも知られる邪道選手が登場。鍛え上げられた肉体と王道のヒールスタ...

本当にキレイになるロボット掃除機はどれだ!? ルンバ・ダイソン・日立の最新モデルでお掃除力を徹底検証!!

全自動で部屋をキレイにしてくるロボット掃除機は、家電の1ジャンル として完全に定着しています。本記事では、このカテゴリの王者ルンバと、今回は対抗馬としてダイソンと日立をピックアップ。

「ルンバ」事業売却後の救世主となるか? セールス・オンデマンド、韓国製窓拭きロボット「windowmate」の販売を開始!

セールス・オンデマンドは、ロボット掃除機「ルンバ」で知られるアイロボット社の日本総代理店。その同社が、韓国RF社の窓拭きロボット「windowmate(ウィンドウメイト)」を日本国内の輸入販売する事業において、日本グリーンパックスと業務提携契約を締結したことを発表しました。 難しいとされて...

価格破壊の家電ブランド「eufy」、今度は約2万5000円のロボット掃除機を投入!

「Anker (アンカー)」は、米国・欧州・日本のオンライン市場で、スマートフォン・タブレット関連製品でトップクラスの販売実績を持つブランド。9月に家電の新ブランド家電ブランド「eufy(ユーフィ)」を発表し、ロボット掃除機を2万9800円で提供するなど、常識破りの価格で話題となりました。 ...

ルンバの所持数はウサギ以上、猫未満? ルンバが販売台数200万台を突破でおもしろ情報公開!

アイロボットの日本総代理店であるセールス・オンデマンドは、2004年より販売を開始したアイロボット社のロボット掃除機「ルンバ」が2016年10月末で国内累計販売台数200万台を突破したことを発表しました。  100万台突破からわずか3年で200万台に到達!セールス・オンデマンドは...

最新の掃除機・エアコンは「即買い」「様子見」どっち? 2人のプロがジャッジした!!

ハロウィンが終わると、仮装やパーティなどの後始末が大変です。これから年末の大掃除もあることですし、今の時期に掃除機を中心とした家電の買い替えを考えてみるのもいいかもしれません。

動きは爽快! でもリモコンは「…何で?」 日立初のロボット掃除機minimaruを使ってわかったこと

2003年にプロトタイプを発表してから13年の歳月をかけて、ついに詳細が明らかとなった日立アプライアンスのロボット掃除機「minimaru(ミニマル)」。“小さい”をセールスポイントとしたコンパクトでパワフルなロボット掃除機として注目されています。発売は11月19日と少し先ですが、その前に記者向け説...

中国メーカー虎視眈々ーースマホ上で仮想の境界線が引けるロボット掃除機が登場

エコバックス・ロボティクスは、1998年、中国の蘇州で創業したロボットメーカー。中国国内では、家庭用ロボットで65%ものシェアを誇っており、6大陸35ヶ国以上に製品を提供しています。同社の日本法人、エコバックスジャパンは、床用ロボット掃除機「DEEBOT R95」と、窓拭きロボット「WINBOT 9...

日立、ロボット掃除機参入に「なぜいまさら?」の声ーー「小さなボディ」は市場に受け入れられるのか?

現在、ロボットクリーナー市場には、アイロボット社「ルンバ」を筆頭に、パナソニック「ルーロ」、ダイソン「ダイソン360 Eye」など、強力なモデルがひしめいています。そんな状況のなか、日立アプライアンス株式会社がロボットクリーナー「minimaru(ミニマル) RV-DX1」を発表しました。「なぜいま...

常識破りの価格で家電業界に殴り込み! 米国No.1バッテリーブランドAnkerの「eufy」とは?

「Anker (アンカー)」は、米国・欧州・日本のオンライン市場で、スマートフォン・タブレット関連製品でトップクラスの販売実績を持つブランド。その日本支社のアンカー・ジャパンは新家電ブランド「eufy(ユーフィ)」を発表しました。第1弾製品として、ロボット掃除機、スマホを充電できるデスクライト、超音...

2台目のロボット掃除機にピッタリ! 約2万円で買えるECOVACSの「DEEBOT MINI」

家庭用ロボット掃除機世界2 位のECOVACS より、床用ロボット掃除機「DEEBOT MINI(DK560)」が9月16日に発売となります。実売価格は2万1384円です。本製品は、一人暮らしや単身赴任にピッタリな直径27㎝のコンパクトなロボット掃除機です。拭き掃除、掃き掃除、雑巾がけまでできる床用...

...

人気の動画ニュースVideo News

20170426-i01 (5)

【動画】未来がまた1歩現実に! 古い照明や家電もIoT化してしまう小型ロボ「Switch Bot」

20170425-s1 (3)

クオリティはほぼ映画! 美貌の姉、長澤まさみが女装の弟と旅をする新CMがオンエア

20170410_Y01

人はパンの香りだけで目覚めるのか? 安田大サーカス・クロちゃんで実験してみた結果

VIEW ALL

インフォメーションInformation

VIEW ALL

衣類乾燥除湿機
ホンモノケイカク