ワード 関連記事

【Word】資料作りに超便利!! 書式のコピー&登録を駆使して素早く体裁を統一しよう!

見出しなどの書式を統一したい場合、どのようにしていますか? 文字や段落を装飾して書式を決めたら、書式コピーを使えば簡単に同じ設定にすることができます。散らばった段落にコピーする場合は、連続書式コピーが便利です。また、書式をスタイルに登録すれば、スタイルを指定するだけで素早く書式を設定することも可能で...

実はワードの「置換」はフォントにも使える! 見出しや英文だけをピンポイントに変換可能

文字のフォントを変えたい場合、どうしていますか? たいていは文字を選択して「フォント」ボタンからフォントを選択すれば可能ですが、変えたい部分が文章中に散らばっている場合は手間ですよね。例えば、見出しのフォントだけを変える、英文のフォントだけを変えるといった場合です。そんなときは、「置換」を使えば、ビ...

ワード文書でこんな注釈を入れられるの知ってた? 「割注」なら“括弧書き”にはないメリハリも出せる

ワードで文中の語句にコメントを付ける場合、どうしていますか? 括弧書きで入力することもできますが、文章自体が長くなってしまいますよね。そんなとき、割注を使えば、小さい文字を2行にできるのでコメントを入れる場合に重宝します。しかも1行の高さが変わらないのもポイントです。「財団法人」や「株式会社」など6...

今日から使えるワードテク! カタカナは全角のまま英字だけを半角に一斉変換する超便利ワザ

ワード文書で全角で入力された英字を半角にしたいとき、どうしていますか。文書全体を選択してから「文字種の変換」機能を使えば簡単に半角に変換できますが、そのままでは全角カタカナも半角に変換されてしまいます。そんなときは検索機能を使って英字だけを選択してから、文字種の変換を適用してみましょう。 ...

ワードの「蛍光ペン」と「文字の網かけ」の違いってわかる? 意外と知らない使い分けのコツ

ワード文書で文字を塗るワザといえば、「蛍光ペン」を思い浮かべる人が多いでしょう。このほかにも、「文字の網かけ」や「塗りつぶし」といった似た機能があります。同じような機能ですが、その違いをご存知でしょうか? 今回は文字を色で塗るテクニックについて解説します。[caption id="attachmen...

ワード資料の見出しは囲んでスッキリ見せる! 意外と知らない“囲み線”の使い方

文書の見出しを強調するテクニックとして、「線で囲む」という方法がありますよね。「囲み線」を使えば簡単に文字を囲むことができますが、この線を色を変える方法はご存知でしょうか? 簡単そうでちょっとわかりづらいのですが、実は「線種とページ罫線と網かけの設定」画面の「罫線」タブで設定します。[caption...

Wordで“マル得”や“印鑑マーク”が作れる! ワード資料でできる人! と思われる便利テク

チラシにマル得マークがあれば、すごく目を引きますよね。また、文書の押印欄に印鑑マークを入れると、ワードのプロ! と尊敬されたりします。この2つに共通するのは、どちらも文字を囲むテクニックでできるという点です。今回は、文字の囲みワザをご紹介します。[caption id="attachment_951...

【Word】見やすい資料作りは“文字間隔”がカギ! 間延びしがちな英数字前後をスッキリ見せるレイアウトワザ

かなや漢字の文章に英数字が入ると、英数字の前後で文字間隔が広がり、ムダに空きができて間延びしているという印象を与えてしまいます。英数字の前後で文字間隔を狭めると、締まりが出てスッキリします。また、箇条書きなどで項目の文字数を違う場合、均等割り付けを使って文字数を揃えると、レイアウトが統一されて見やす...

過剰装飾NGなビジネス文書で差をつけるには? 見出しの文字を美しく見せるシンプルテクニック3選

企画書や各種資料の見出しは、文字を美しく見せて目を引きたいもの。とはいっても、極端に文字のサイズを大きくしたり色を付けやりといった過剰な装飾は、ビジネスシーンでは使いづらいですよね。今回は、サイズや色に頼らず見出しの文字を美しく見せるためのテクニックをご紹介します。 1.フォントグループか...

ワードの「下付き文字」って小さくない? 入力方法からサイズの変更方法まで一挙におさらい!

突然ですが、下付き文字のサイズが小さくて見にくい、と感じたことはないでしょうか? 「下付き文字って何?」という方は、「H2O」や「CO2」といった化学式の数字部分というとイメージしやすいかもしれませんね。サイズ変更の前に、「そもそもどうやって入力するの?」という疑問もあるかと思います。今回は、「下付...

2016年ワード人気記事Top5はコレだ! 時短ワザから意外な便利テクまで幅広くランクイン!!

2016年ももうすぐ終わり、ということで、今年読まれたワード記事Top5を大発表! これを見れば、みんなが気になったテクニックが一挙にわかります。では早速ランキングを見ていきましょう。 1位 ワードのF4キーの便利っぷり知ってますか? 直前の操作や入力をすばやく繰り返す時短ワザ2位 データ...

Wordに立体感を与えると資料が劇的に見やすい! ワード資料で注意を引かせる装飾テクニック

文書の見出しは、装飾して目につきやすくするのがポイントです。例えば、文字に影を付けて立体的に見せれば、目を引くことができるでしょう。ワードには、文字を立体的に見せる装飾機能が豊富にあり、簡単に設定することができます。 文字を立体的に装飾する文字を立体的に装飾するには、「文字の効果と体裁」ボ...

ワード文書で役立つ“フォント”の基本ワザまとめ――「種類」「色」「サイズ」を早く、的確に変更する便利テク

ワードで文書を作成する際、内容だけでなく「フォント」にも気を配っていますか? フォントの種類や色づかい、サイズによって、その資料をパッと見たときの印象や見やすさがかなり変わります。今回はそんなフォントにまつわる基本テクニックを紹介します。 【種類】お気に入りのフォントを素早く適用するには?...

チラシで見かける「二重取り消し線」をワードで使うには? “線の色だけ”変えるには発想の転換が必要!

特売チラシなどでよく見かける二重取り消し線。ワード文書での引き方をご存じでしょうか? 二重取り消し線は、「フォント」画面で設定することができます。二重取り消し線の色は、基本的には文字の色と同じですが、ひと手間かけることで色を変えることもできます。 二重取り消し線を引く二重取り消し線を引くに...

資料の見出しをしっくりくる色に変えるには? いまさら聞けないワードの“色使い”テクニック

見出しを目立たせたいとき、どうしていますか? 文字を大きくしたり太字に変えたりといった方法もありますが、色を変えるというのも1つの手です。赤など鮮やかな色はインパクトが強く、目を引きつけますが、シックな色使いが逆に映えることもあります。 【基本編】文字の色を変える文字の色を変は、「フォント...

...

人気の動画ニュースVideo News

20170221-a07 (6)

「ツインビー」で青ベル以外を使わずに1周5面をクリアせよ!【ゲーム芸人フジタの挑戦】

20170221-i02 (5)

人力セグウェイ? 立ちこぎ専用シートレスステッパー三輪車「Me-mover FIT」が日本にやって来る!

20170216-a05

みんな大喜び! あのバスケ漫画の妙技“下手投げ”フリースローがNBAで復活!!

VIEW ALL

インフォメーションInformation

VIEW ALL

ホンモノケイカク