ワード 関連記事

【ワード】あのナゾの隙間が消える! 日本語と英数字の間にできる微妙な空白を解消するワザ

ワード文書で、英単語や数字と日本語の間にムダにスペースが入っていると感じたことはないでしょうか。実はワードでは、日本語と英字、日本語と数字の間隔が自動で調整され、やや広がって見えてしまうのです。この不自然な空白を解消するには、段落書式でそれぞれの自動調整機能をオフにする必要があります。ではその方法を...

【ワード】キッチリ 揃っていないと気持ち悪い! 「ルーラー」を使ったCase別文字の揃え方

文字を左右の中央に揃える場合、中央揃えを使いますね。では、左端に項目名を置いたまま、内容だけを中央に揃えたい場合はどうでしょう。この場合は、中央揃えタブを使います。参加費が縦に並ぶ場合は、右揃えタブを使えば「円」が揃います。小数を含む数字では、小数点揃えタブで小数点を揃えることができます。今回は、行...

【Word】文字の“ぶら下がり”って知ってる? 印象的な文章のはじめ方3選

報告書や論文など文字量が多い文書は、文章が続き読みにくいのが難点ですね。そんなときは、文の開始位置を変えると、レイアウトに変化が生まれ、読みやすくなります。また、リード文や参照文などはインデントを設定すると、メリハリが出ます。インデントとは、行の先頭や末尾からの空きのこと。ほかにも、段落の1行目の先...

なんで勝手に広がるの? ワードで文字サイズを大きくしたときの「カッコ悪い行間」を適切にするワザ

文字サイズを大きくしてビックリするほど行間が広がりすぎ、困ったことはないでしょうか。特にワード2016で游明朝の文字サイズを大きくしたときです。10.5を11に変えるだけで、行間が広がってしまいます。これは、文字を行グリッド線に適合する設定がオンになっているためです。行グリッド線とは、文字を同じ行間...

【Word】「スペース」で調整したら微妙にズレるアレを解決! 行の途中で文字を揃える便利ワザ3選

ワードで1行目から3行目まで行の途中で文字を揃えたい場合、どうしていますか? スペースを入れて調整できますが、上下が微妙に揃わないことが多いですね。そんあときはタブを利用すれば、きれいに文字が揃います。今回は、行の途中で思いどおりに文字を揃えるワザを紹介します。[caption id="attach...

タイトルを囲むだけでプロのような見栄え! 資料作成に使えるWordのテクニック

ワードで資料を作成する際、文書のタイトルはクッキリと際立てたいものですですが、どのようにしていますか? 段落罫線を使えば、幅いっぱいに囲むことができ、罫線の種類や引く位置を変更することもできます。表を使えば、幅を簡単に文字領域に揃えることができ、セル書式を使って表示位置や線種などを簡単に設定できます...

【Word】資料作りに超便利!! 書式のコピー&登録を駆使して素早く体裁を統一しよう!

見出しなどの書式を統一したい場合、どのようにしていますか? 文字や段落を装飾して書式を決めたら、書式コピーを使えば簡単に同じ設定にすることができます。散らばった段落にコピーする場合は、連続書式コピーが便利です。また、書式をスタイルに登録すれば、スタイルを指定するだけで素早く書式を設定することも可能で...

実はワードの「置換」はフォントにも使える! 見出しや英文だけをピンポイントに変換可能

文字のフォントを変えたい場合、どうしていますか? たいていは文字を選択して「フォント」ボタンからフォントを選択すれば可能ですが、変えたい部分が文章中に散らばっている場合は手間ですよね。例えば、見出しのフォントだけを変える、英文のフォントだけを変えるといった場合です。そんなときは、「置換」を使えば、ビ...

ワード文書でこんな注釈を入れられるの知ってた? 「割注」なら“括弧書き”にはないメリハリも出せる

ワードで文中の語句にコメントを付ける場合、どうしていますか? 括弧書きで入力することもできますが、文章自体が長くなってしまいますよね。そんなとき、割注を使えば、小さい文字を2行にできるのでコメントを入れる場合に重宝します。しかも1行の高さが変わらないのもポイントです。「財団法人」や「株式会社」など6...

今日から使えるワードテク! カタカナは全角のまま英字だけを半角に一斉変換する超便利ワザ

ワード文書で全角で入力された英字を半角にしたいとき、どうしていますか。文書全体を選択してから「文字種の変換」機能を使えば簡単に半角に変換できますが、そのままでは全角カタカナも半角に変換されてしまいます。そんなときは検索機能を使って英字だけを選択してから、文字種の変換を適用してみましょう。 ...

ワードの「蛍光ペン」と「文字の網かけ」の違いってわかる? 意外と知らない使い分けのコツ

ワード文書で文字を塗るワザといえば、「蛍光ペン」を思い浮かべる人が多いでしょう。このほかにも、「文字の網かけ」や「塗りつぶし」といった似た機能があります。同じような機能ですが、その違いをご存知でしょうか? 今回は文字を色で塗るテクニックについて解説します。[caption id="attachmen...

ワード資料の見出しは囲んでスッキリ見せる! 意外と知らない“囲み線”の使い方

文書の見出しを強調するテクニックとして、「線で囲む」という方法がありますよね。「囲み線」を使えば簡単に文字を囲むことができますが、この線を色を変える方法はご存知でしょうか? 簡単そうでちょっとわかりづらいのですが、実は「線種とページ罫線と網かけの設定」画面の「罫線」タブで設定します。[caption...

Wordで“マル得”や“印鑑マーク”が作れる! ワード資料でできる人! と思われる便利テク

チラシにマル得マークがあれば、すごく目を引きますよね。また、文書の押印欄に印鑑マークを入れると、ワードのプロ! と尊敬されたりします。この2つに共通するのは、どちらも文字を囲むテクニックでできるという点です。今回は、文字の囲みワザをご紹介します。[caption id="attachment_951...

【Word】見やすい資料作りは“文字間隔”がカギ! 間延びしがちな英数字前後をスッキリ見せるレイアウトワザ

かなや漢字の文章に英数字が入ると、英数字の前後で文字間隔が広がり、ムダに空きができて間延びしているという印象を与えてしまいます。英数字の前後で文字間隔を狭めると、締まりが出てスッキリします。また、箇条書きなどで項目の文字数を違う場合、均等割り付けを使って文字数を揃えると、レイアウトが統一されて見やす...

過剰装飾NGなビジネス文書で差をつけるには? 見出しの文字を美しく見せるシンプルテクニック3選

企画書や各種資料の見出しは、文字を美しく見せて目を引きたいもの。とはいっても、極端に文字のサイズを大きくしたり色を付けやりといった過剰な装飾は、ビジネスシーンでは使いづらいですよね。今回は、サイズや色に頼らず見出しの文字を美しく見せるためのテクニックをご紹介します。 1.フォントグループか...

...

人気の動画ニュースVideo News

20170324-a05 (1)

ダウンタウンの「それゆけ大運動会」を弱キャラのみ+αの特別ルールで優勝せよ!【ゲーム芸人フジタの挑戦】

20170321_Y10

フェラーリが世界中で展開する「70周年記念イベント」の概要を発表

20170321_Y02

ニャンと!リュクスな猫たちがくつろぐ“高級物件編”と猫背も凍る!?“J・ホラー物件編”の2種類の特報映像!映画「ねこあつめの家」

VIEW ALL

インフォメーションInformation

VIEW ALL

ホンモノケイカク