家電 関連記事

「頭皮に効くドライヤー」は1か月で中年男の薄毛を止められたか? シャープ「スカルプエステ」使用前と使用後を比べた結果……

筆者は今年で41歳。独身、彼女ナシ。そんな私が以前より気になっていたのが薄毛です。我ら独身中年男性にとって、薄毛は死活問題です。ただでさえ老いというハンディを背負っているのに、ここでハゲたらいったい誰が振り向くというのでしょう? とはいえ、時の流れは止められません。毛髪は日に日に薄くなってきて、鏡に映った自分を見てはため息をつくのみ。

コーヒー家電はなぜここまで多様化したのか? 6つのトレンドから読み解くコーヒー新時代

「サードウェーブコーヒー」という言葉をご存じだろうか。1960年代までの、大量生産・大量消費時代が「ファーストウェーブ(第1の波)」、1960年代にシアトル系コーヒーチェーンを中心に広がった、深煎りで高品質な豆を使ったコーヒーの時代が「セカンドウェーブ(第2の波)」。

見ためは地味だけど実はスゴい! 家電のプロが選ぶ「無印良品のシンプル&便利な家電」トップ10

無印良品といえば、食べ物と雑貨のイメージ。しかし家電も地味にスゴいことをご存知でしょうか。機能もデザインもムダを削ぎ落としてシンプルさを追求していることから、「単機能ながら使いやすい」と評判の商品が多いのです。

空気清浄機が動く…だと!? 設定した最大6か所を移動する自走式ロボット空気清浄機が登場!

エコバックスジャパンは、最大72 畳のスペースを移動しながら空気をキレイにする自走式空気清浄ロボット「ATMOBOT 650」を3月31日に発売します。エコバックス 直営のオンラインストアで販売され、価格は9万7092円です。カラーはプラチナホワイトです。 設定した経路に沿って巡回しながら...

バカでかい冷蔵庫はもういらない! プロが推す100~300ℓ台の「安オシャ」冷蔵庫ベストバイ

メーカーが一番にオススメするのは、数十万円の特大冷蔵庫と相場は決まっているのですが、実際のところ、大半の家庭には、そこまで大きな冷蔵庫は必要ないはず。何より巨大な冷蔵庫を置くスペースはないですし、冷蔵庫に数十万円も払えないのが現状ではないでしょうか。とはいえ、一見して安モノとわかるダサい冷蔵庫は置き...

業界初、低糖質ブランパンが焼けるホームベーカリーを徹底検証! 「焼きたての味」でダイエットもはかどる!

ひと昔前のダイエットで欠かせなかったのがカロリー計算。筆者も1日の摂取カロリーを〇キロカロリーにすれば、数か月後には体重が劇的に落ちているはず!  と躍起になって計算していた時代がありました。しかし計算は大変だし、お腹は空くしで、失敗の繰り返し。 近年はカロリーではなく糖質を減らす考え方が...

「パンのプロ」と「家電のプロ」は高級トースターをどう評価した? 旬な4機種の焼き上がり・使い勝手を徹底チェック!!

いま、価格にして2万~3万円クラスの高級トースターが売れています。パンがおいしく焼けると評判ですが、実際、各モデルの味にはどんな傾向があるのか、知りたいと思う方も多いでしょう。そこで今回は、人気の4モデルのトーストの焼き上がりをパンの専門家、清水美穂子さんに評価(※)してもらいました! 清水さんいわ...

空気清浄機に見る北欧デザインの真髄――気鋭のスタイリストが魅せた「Blueair Sense+」がある暮らし[PR]

ブルーエアといえばスウェーデン発の世界的空気清浄機メーカー。空気清浄機のみを開発する「専業メーカー」で、空気清浄能力は折り紙付き。その高い性能から、業務用としても利用されることも多い実力派の製品です。また、ブルーエアの製品は北欧らしい上質なデザインでも著名。特に「Blueair Sense+」(ブル...

【動画あり】雑誌「ちゃお」のふろくがロボット掃除機…だと? 斬新すぎて悔しいので家電担当がレビューしてみた

GetNavi本誌(紙媒体)の家電担当、青木から筆者あてにメールが届きました。文面は「レビューしてほしいです!」。いつもはクールな青木が何を興奮しているのか? 貼り付けられたリンク先をクリックしてみると、何と、少女マンガ雑誌「ちゃお」が史上初、ふろくにロボット掃除機をつけるというのです!「ロボット掃...

ただの掃除機とこんなに違うの!? 最新レイコップ「RX」を「10年モノまくら」「たるんだ布団」で試した結果[PR]

ふとんクリーナーを使ったことがない人によく質問されるのが「掃除機とふとんクリーナーはどう違うの?」という疑問です。ふとんクリーナーの大きな特徴は、布団を掃除しやすいようにコンパクトなサイズになっていること。もうひとつは、布団の表面を「叩く」ことで、布団についたゴミを叩きだす機能を持っている点です。ま...

掃除機に装着でカーペットの水洗いが可能! 落ちたラーメンも汁ごと吸い込む約2万円の「水洗いクリーナーヘッド」が登場!

手を汚さずゴミが吸い取れる掃除機は、ほぼ一家に一台ある便利な存在。しかし、従来の掃除機は濡れたゴミが吸えないという問題がありました。とはいえ、ベタベタした食べこぼしやペットの粗相など「濡れゴミ」こそ手を使いたくないという人も多いでしょう。そんな「濡れゴミ」問題を解決してくれそうなのがシリウスから4月...

ヒロミの花粉対策、実は逆効果だった!? 掃除機ブランドによる「花粉 ZERO café」が教えた意外な事実

今年も花粉の季節がやってきました。日本気象協会が先月発表した花粉飛散のピーク予想は、3月上旬~中旬。まさにいまがそのとき、というわけで、周囲にも、「目がかゆい」「鼻がつまって苦しい」など、辛い症状を訴える人が増え始めています。 そんななか、東京・原宿に3月1日(水)~4日(土)の4日間限定...

ニッチ市場No.1メーカーの内覧会に潜入! モチモチぬいぐるみから「泡ひげビアー」までおもしろ商品が大集合!

みなさんは「ドウシシャ」という会社をご存じでしょうか? つい先日、知り合いにドウシシャのことを話したら、「ああ、あの面白い商品を出してるところでしょ」との返答が。そんなイメージで知られているドウシシャですが、実は東証一部に上場している押しも押されぬ大企業。1974年に日用雑貨品の卸売業として創業し、...

花粉撲滅に有効な空気清浄機「以外」の家電ベスト7

本格的に花粉が飛散する季節になってきました。花粉対策家電といえば真っ先に空気清浄機が思い浮かびますが、それだけでは完璧に花粉を除去することは不可能です。例えば帰宅時、衣服に付着した花粉やふとん、洗濯物に付く花粉には注意したいところ。こうした花粉の脅威に対して万全の対策を施し、自分の部屋を完全なセーフ...

かまど炊きにこだわった「米がおどる」モデルが1位! 最新炊飯器「炊き上がり」ランキング

大手家電メーカーがひしめく炊飯器カテゴリーへ、新興メーカーから新たな製品が続々と参入。これらの炊飯器は、従来モデルとはまったく異なる方式を採用しているのが特徴です。まずバルミューダは、水蒸気の力で炊き上げる方式を採用。バーミキュラは、定評のある鋳物ホーロー鍋をベースにIHヒーターを組み合わせています...

...

人気の動画ニュースVideo News

20170324-a05 (1)

ダウンタウンの「それゆけ大運動会」を弱キャラのみ+αの特別ルールで優勝せよ!【ゲーム芸人フジタの挑戦】

20170321_Y10

フェラーリが世界中で展開する「70周年記念イベント」の概要を発表

20170321_Y02

ニャンと!リュクスな猫たちがくつろぐ“高級物件編”と猫背も凍る!?“J・ホラー物件編”の2種類の特報映像!映画「ねこあつめの家」

VIEW ALL

インフォメーションInformation

VIEW ALL

ホンモノケイカク