弁護士 関連記事

危険すぎる「傘の横持ち」に弁護士が警告! 5000万円以上の賠償金の可能性も……

梅雨に入ると傘を持つ機会が増えますが、先日「傘の横持ち(地面と水平になるような傘の持ち方)が危険」という旨のツイートがされたところ、3万件以上リツイートされ、話題になりました。大人が横持ちした傘の先端(石突)は、後ろを歩く子どもの目に当たる危険もあり、最悪の場合、失明のおそれもあります。

弁護士法律

PTAの違法性を検証!加入義務、活動参加、役員強制……弁護士がその不条理を明らかに!

先日、ある匿名の人物からPTAの体制を批判する「PTA早くなくなれ、なくしてしまえ」という題名のブログが投稿されました。すると、そのブログが、SNSで人々の共感を呼び、インターネット上でも大きな話題となりました。「生徒の親である以上参加して当然」という空気のもと、保護者の方々が、事実上参加を強いられているPTA制度については、以前から議論が生じています。果たして、保護者の方々に対しPTAへの参加を強制することに法的な問題はないのでしょうか。そこで、今回は、PTA制度の法的問題点についてベリーベスト法律事務所の弁護士が説明します。

駐輪場に停めていた自転車が勝手に撤去……おまけに費用を請求される? 駐輪トラブルが全国で発生中

駐輪場に数時間ほど停めていただけの自転車が放置自転車として撤去されるという事態が都市部を中心に全国各地で頻発しています。ルールを守って駐輪場に正しく停めたのにもかかわらず、なぜ撤去されてしまうのでしょうか? ここに存在する法的な課題について、ベリーベスト法律事務所の弁護士が解説します。

懐中電灯を隠し持っていて逮捕!? 他人事ではない「微罪の別件逮捕」とは?

先日、懐中電灯を隠し持っていた男性が逮捕された事件が報じられ、SNS上では「この程度のことで逮捕されるのか」と驚きの意見が多数見受けられました。そもそもなぜ懐中電灯を持っていたくらいのことで逮捕されたのか、私たちも知らないうちに法に触れ逮捕されることがありうるのか……そして、このニュースをきっかけに...

配偶者と死別後「死後離婚」を選ぶ人が増加中! 弁護士が明かすその目的と背景

近ごろ「死後離婚」という言葉がメディアに取り上げられ、10年で1000件以上も増えているという報道もありました。死んだ後に離婚をするなどということが可能なのでしょうか。そもそも、なぜ死後離婚を選ぶ人が増えているのでしょうか。そして、どのような仕組みになっているのでしょうか。ベリーベスト法律事務所の弁...

「民泊で裸を盗撮」の罰が、たった1万円未満の軽犯罪法違反? 法律事務所にその真相を聞いてみた

住宅の空き部屋を有料で観光客に貸す「民泊」の利用者が日本でも増え、それに伴い問題も浮上しています。民泊のホストによるゲストの盗撮も、そのひとつ。民泊のために訪れた家で小型カメラが設置してあるのを発見したという報告がネット上で見受けられ、利用者を不安にさせているようです。そして、犯人は民泊のホストであ...

人気の動画ニュースVideo News

20170622_y-koba3_ic

【緊張と感嘆の動画】ハンドル握らず手に汗握る!? 自動運転するクルマを車内から見たらスゴかった!

20170601-a09 (15)

“撮れラン高画質の法則”が完成! 中村 優がソニー「HDR-AS300R」を使って皇居ランにチャレンジ

20170613_y-koba3_ic_R

【触ってきた動画】動きがリアルすぎるラジコンカー! 「カーズ」人気キャラが表情豊かにしゃべって走る!?

VIEW ALL

インフォメーションInformation

VIEW ALL

ホンモノケイカク
GetNavi