怪談 関連記事

【ムー実話怪談】森の中で聞いた叫び声…無視していたら、知らないうちに「囲まれていた」

今回は夏の旅行でも人気のカナダでの不思議なお話。カナダの南東部に「ノバスコシア州」という地域がある。日本人にはまだあまり馴染みのない州だが、昔ながらのシャレた町並みが残る隠れた癒やしの観光地である。

ムー怪談海外

【ムー実話怪談】別れの挨拶?…にしては怖すぎる! 若死のいとこの葬式で起きた「ありえない出来事」

もうじき「お盆」のシーズンである。亡くなった親族の墓参りや、あるいはお盆休みを利用してのお出かけを計画している方もいるだろう。今回のエピソードは、人がお墓に入る直前の出来事に関係した内容である。ここで言う直前とは、亡くなった瞬間からお墓に入るまでを指している。

【ムー実話怪談】学校の「開かずの資料室」は巨大地下迷宮への入り口だった!? 案内した担任は消息不明…

月刊「ムー」を愛読している方であればご存じのことだと思うが、同誌面上では以前から伝説の大陸について幾度となく取り上げられてきた。人類は何十年も前から宇宙資源の開拓について模索し、自らの手で作った乗り物ではるか空のかなたへと旅立ってきた。しかしそれでも、われわれの住む「地球」についてはまだまだ未開拓部分が多いというのも事実である。

【ムー実話怪談】「3階なのに窓の外に顔が…」美人ラジオパーソナリティの告白に霊能者が視た「壺」の映像の正体は

2016年の3月、筆者はスカイプを通じて怪談会を行った。ホストは筆者で、某霊能者、某テレビプロデューサー、某ラジオパーソナリティの女性というメンバーであった。このラジオパーソナリティの女性、実は東海地方A大学の現役留学生で中国人である。地元では最もメジャーなFM局で、当時某コーナーのパーソナリティを務めており、容姿端麗かつネイティブの日本人かと思うほど日本語が流暢なことで話題になった女性である。歌も上手い。東海地方の方は「もしかしてあのコかな?」と思われる方もいるかもしれない。

【ムー実話怪談】「もってかないで…」真夜中の市役所で警備員に訪れた恐怖…怪談蒐集家・西浦和也が語る「日常の奇怪な出来事」

職場で、住んでいる部屋で、あるいはたまたま訪れた場所で、不思議な現象に遭遇してしまうことがある。怪談蒐集家・西浦和也のもとに集められた、何気ない日常に潜む奇怪な出来事を紹介する。 もってかないで都内近郊の警備会社で働いている森田さんは、T市役所の夜間巡回を担当している。昼間は多くの来庁者で...

人気の動画ニュースVideo News

20170720_y-koba2_ic_R

話題のスマートスピーカー「LINE WAVE」をいち早く試してみたら、こうでした【レビュー動画】

i20170628_hayashi_WN_01

【動画有り】使い勝手が良すぎたG-SHOCK最新作「GPW-2000」インプレッション!

20170626_Y01_02

伝えるプロ・予備校の地理講師がカロッツェリアのFH-9300DVSを授業形式で解説

VIEW ALL

インフォメーションInformation

VIEW ALL

ホンモノケイカク
GetNavi