文房具 関連記事

文房具はカッコいいだけで“買い”の時代に! 「文房具ブームデビュー」に便乗したヤマト『テープノフセン』の実力

特にここ5年ほどの間で、筆記具をはじめいろんな文房具がデザインに気を遣い出したと思うのだ。文房具がいろんなメディアで取り上げられるようになったことで、「やだ、ウチの製品ももうちょっと身だしなみをちゃんとしなきゃ」と思ったのかも知れない。高校デビューならぬ文房具ブームデビューだ。 例えば「昭...

スマステーションで紹介された文房具が欲しすぎる!「可愛い+使える」最新マスキングテープ3選

いま、マスキングテープが大人気! ただ貼るだけで簡単に手帳やノートを素敵にデコレーションできるという、手軽さから注目を集めるようになりました。特に新柄や限定柄のマスキングテープは、つい買って集めたくなる魅力があふれています。

「アスクル」が文房具の達人に宣戦布告! “地味だけど使うと便利”なオフィス系文房具4選

以前、GetNavi webでオフィス通販「カウネット」のオリジナルアイデア文房具を紹介したことがあった。 オフィス通販は配送まで自社で行っているため、ユーザーと直接つながりを持っているのが強み。「この文房具はこうなっているとありがたい」「ここを改良して欲しい」などの現場の意見をダイレクト...

“字が汚い族”の共通点は「ペンの持ち方」にあった! 正しい握りを身に付ける矯正用文房具3選

先日、なかなか興味深い本を読んだ。編集者の新保信長さんが、手紙を書く際に「自分の字があまりに汚い!」と絶望するところから始まる、手書き文字をめぐるルポ「字が汚い!」(文藝春秋)だ。自分の字が大人っぽくないことに挫け、味わいのある字と悪筆がどう違うのか悩み……と、同じく字が汚いコンプレックスの人には色々と刺さる内容でとても面白い。作中、新保さんがペン字教室に通ったり書き取りテキストを取っ替え引っ替えして字の上達を目指すくだりがあるのだが、さらに雑誌の文房具特集「きれいな字が書けるペンはこれだ」を読んで、ペンにも何かあると気付く。

一台2万円の鉛筆削りだと!? 「落としても芯が折れない」「リンゴの皮のように削れる」など色々と規格外

つい先日、「カール事務機」からとてつもない鉛筆削りが発売された。なにがとてつもないかとおうと、まず限定100台で価格も2万円というプレミアムさである。 もちろん、単に高級というだけではない。なんと、色鉛筆専用で「床に落としても芯が折れない」という特殊な削り方ができるのだ。基本的に当記事で紹...

汎用性が高くて使いやすい! 文房具のプロが溺愛する「無印良品のシンプル文房具」5選

無印良品といえば、食べ物と雑貨のイメージ。しかし、文房具もシンプルで魅力的なものが豊富。無印良品の文房具シリーズは、使いやすさに加え、机の上に出したままにしてもじゃまにならない美しいデザインで大勢のファンに愛されているのです。

「あの名刺どこいったっけ」がなくなる! 文房具ファンが絶賛する「便利な名刺管理ツール」3選

春は、なにかと新しい出会いが増える季節。増えすぎた名刺、うまく管理できていますか? 適当に仕舞うと、探すときに大変になります。そこで、名刺の管理がうまくできていない人のために、文房具ファンが新作を実際に触ってガチンコ評価する「文房具総選挙」デラックス版のトップ30にランクインした名刺管理ツールをピックアップ。

“折れないシャーペンブーム”に続け! タフ好きな文房具ファンにオススメの堅牢バサミ3選

「タフ」とか「頑強」とか、「堅牢」や「ヘビーデューティー」という惹句(じゃっく)の付いたモノが大好き! というユーザー層がいる。具体的にいうと、筆者自身がそうだ。 いまの世の中で普通に売られてるモノって、基本的にあんまり壊れないし、タフさが試されるような極地環境も日本国内にはほとんどない。...

究極にシンプルだから美しい! 文房具のプロが溺愛する「無印良品の白いステーショナリー」5選

無印良品といえば、食べ物と雑貨のイメージ。しかし、文房具もシンプルで魅力的なものが豊富。無印良品の文房具シリーズは、使いやすさに加え、机の上に出したままにしてもじゃまにならない美しいデザインで大勢のファンに愛されているのです。 本稿では、そのなかでシンプルを極めた白いステーショナリーをセレ...

文房具LOVEなGetNavi編集部が厳選! 感激するほど使い心地がよかった「機能派ノート」8選

文房具LOVEなGetNavi編集部が、定番品から新製品まで、実際に使って試して本当にオススメしたいと“心震えた”ノートをピックアップ。おもに、メモが挟める機構を採用するなど、「+α」の機能を備えた製品をご紹介。使用感を交えて、10種類のノートの魅力をお伝えします。

「とんでもないサクセスストーリーだ!」ぺんてる「サインペン」が歩んできた歴史がネット上で大反響!

ぺんてるが発売する「サインペン」は1963年に誕生して以来、現在も愛されている超ロングセラー製品。そんな「サインペン」が歩んできた歴史が「とんでもないサクセスストーリーだ!」と話題になっている。[caption id="attachment_130473" align="alignnone" wid...

テープのりの最大の欠点を解消! “グラグラなヘッド”が思いがけずに素晴らしいトンボの「ピットエッグ」

先月の本連載で、プラスの新テープのり「ノリノプロ」が非常に良くできているのでみんなも使うといいぜ! 的なお話をさせてもらった。ノリノプロは個人的にもかなりお気に入りで、自宅や仕事場、筆箱にあるテープのりは全部これに切り替えてやろう……。【関連記事】達人も感心した「プロ仕様」の文房具ーー誰が使っても得...

小さいのに作業がめちゃくちゃはかどる! 文房具ファンに絶賛されまくりの「便利な付箋」6選

デジタル化が進んでいても、仕事中に付箋を使う頻度は高いですよね。そこで、文房具ファンが新作を実際に触ってガチンコ評価する「文房具総選挙」デラックス版のTOP30にランクインした付箋をピックアップ。どれも専門家や愛好家が「作業がはかどるかどうか」で厳選した優秀アイテムなので、付箋の買い替えタイミングで購入候補にしてみては?

買って絶対に損しない! 文房具総選挙デラックス版で選ばれた「効率化文房具」トップ10

東京・原宿にあるステーショナリーの聖地・文房具カフェにおいて、文房具ファンによる投票で「作業がはかどるモノ」をランク付けするイベント企画「文房具総選挙」をご存知でしょうか。

使い心地がめちゃくちゃ気持ちいい! 達人が絶対に手放せない「べた惚れ文房具」5選

仕事を進めるうえで、文房具は欠かせないもののひとつですよね。そのため、本当にいいものを使いたいですよね。そこで日夜、様々な製品を手にするプ口が「これだけは使い続ける」と惚れ込んだ逸品を教えてもらいました。その道を極めた人の愛用品、ぜひ真似してみてください。

...

人気の動画ニュースVideo News

20170518-i07 (1)

プロが考えた「足、クサくない?」とやんわり言う方法――岡本が「足クサ川柳」で動画公開

20170426-i01 (5)

【動画】未来がまた1歩現実に! 古い照明や家電もIoT化してしまう小型ロボ「Switch Bot」

20170425-s1 (3)

クオリティはほぼ映画! 美貌の姉、長澤まさみが女装の弟と旅をする新CMがオンエア

VIEW ALL

インフォメーションInformation

VIEW ALL

HOMiDO
ホンモノケイカク