文房具 関連記事

書類100枚をスッポリ! クリアファイルをまとめて放り込めるクリアファイル「フリップファイル」をレビュー

いま、原稿のプリントアウト100枚ほどを、常にカバンに放り込んで持ち歩いている。これが重いのはまぁ仕方ないとして、A4の紙束100枚というのがやたらと持ち運びにくい。ということで思い出したのが、セキセイの「ActifV フリップファイル」だ。

なんて健気なんだ! 無印良品のファイルボックスが受け止める意外なモノとは?

会社で無印良品のファイルボックスを使っています。極めてシンプルで、無駄のないデザイン。価格は700円(税込)とリーズナブル。ただし、私はファイルボックスとしては使用していません。

書く・見る・綴じる・持ち歩くがシームレスにつながる。断言、「PLOTTER」はノートの完成形である[PR]

大人がもつべきノートとは、いったいどんなものだろう? ノート、ルーズリーフ、システム手帳。それぞれのいいとこ取りをすることで、システム手帳とは異なる、まったく新しい価値をもつツールとして今秋登場したのが、「PLOTTER(プロッター)」である。

なんて常識破りな! コクヨのボールペン「エラベルノ」は軸もインクも字幅も好き勝手に選べるの

文具店の店頭で試し書きする時、誰もが一度は感じたことがあるだろう、ボールペンの「ちょっと違う」問題。これに対してコクヨが出したのは、「じゃあ、軸とリフィル(芯)を好きなように選んで組み合わせたらいいじゃん?」という大胆なアンサーである。

ビジネスマンの目からウロコ! 女子高生のカワイイ水玉ペンに意外な使い道があった

カワイイもの大好きな女子高生たちが、最近ガチで注目しているのが、トンボから発売された新製品の水性極細サインペン「プレイカラードット」である。しかもこれ、おっさんが仕事で使うにも意外と悪くない、ある特殊な機能を備えているという。

インクが出ない! そんなプレゼンやミーティングでの“ちょい恥”をなくすホワイトボードマーカー3種をレビュー

困ったことに、ほとんどのビジネスマンは自社内のホワイトボードマーカーのカスれには寛容だ。しかし、せめてカスれ対策が施された優秀なホワイトボードマーカーを導入しておいた方がいい。

あぁ今いいコト思いついたのに! そんな思考の邪魔をしないファイル「ヒンジ」が人とアイデアをつなぐ

アイデアが舞い降りた時には、それをしっかりキャッチできることが大切。今回ご紹介するツールは、アイデアを「キャッチ」して、そこから「ふくらませる」ために最適な文房具です。

80年代再び。一世を風靡したプチ文具セット「チームデミ」が甦る!?

ここしばらく、「80年代(エイティーズ)」がちょっとしたキーワードになっている。文房具にも大きなブームがあった。あの当時もっとも人気だった文房具と言えば、間違いなくプラス「チームデミ」だろう。

売切御免! 男も欲しがるギンギラギンな限定ボールペンレビュー

ぺんてるの「ハイブリッド」と言えば、1990年代ゲルインキボールペンブームの立役者と言っていい、名ボールペンである。それから20年以上を経た2017年。またもヒットしそうなハイブリッドの新シリーズが登場した。それが「ハイブリッド・デュアルメタリック」だ。

斜め40度が絶対角度! 散らばるペンをザラッと流し込むだけで整頓できる収納スタンド

仕事ができる人のデスクは大抵、きれいで整っていますよね。今回は、デスクをスッキリきれいに整えるためにぴったりで、そしてとても使いやすいペンスタンドを紹介します。

デスクがごちゃつきマックスなアナタへ。書類を一時退避する技アリツール2種をレビュー

すべての人間は、大きくふたつに分けられる。仕事机の上が整頓されている人と、どうしようもなくゴチャつく人だ。今回は、邪魔な紙を整頓して広々とした机上空間を取り戻すための、お役立ち文房具を紹介したい。ノーモア・ゴチャつき!

プロのお墨付きいただきました! ゲットナビ11月号にもれなく付いてくる付録万年筆をレビュー

ここ数年、雑誌の付録として万年筆が付くというのも、それほど珍しいことではなくなった。そこへ、「GetNavi 2017年11月号」の付録の万年筆である。その書き心地、使い勝手を検証してみる。

万年筆を使いたくなる「美しすぎるインク」。エルバン新作の“紫”に300年の重みを感じる!

クオバディス・ジャパンは、エルバンブランドの新しいエクスクルーシブラインとして展開される「ジャック・エルバン・コレクション」から、第一弾商品としてインク製造開始の年を商品名に冠した「1798インク アメジスト ウラル」を10月に発売します。価格は3672円で、容量は50mlです。

きれいになった同級生に再会した感覚!? ビジネスシーンに連れていける“大人サクラクレパス” がお目見え

「SAKURA craft_lab 001」は、クレパスやクーピーペンシルでお馴染み、サクラクレパス製のゲルインクボールペン。学童画材のイメージが強いサクラクレパスが、サクラブランドとして初めて大人向けに開発した、新ジャンルのペンなのである。

いい意味で非常識! 細長く自在に曲がるから用途無限大の「なわ文鎮」誕生

漁業用のおもりメーカーである海光社から、しなやかに曲がる「なわ文鎮」が本日9月20日に発売されました。カラーは黒と緑の2色展開で、価格は3000円です。

...
pioneer

人気の動画ニュースVideo News

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

スター・ウォーズの世界が現実に! スフィロの「BB-9E」&「R2-D2」がリアルすぎる!!

20171011_y-koba3_01_R

ハンドスピナーの次は「Tangle」がクルーッ!? 世界的ヒットの手遊び玩具が日本上陸

20171003_y-koba2 (1)

テクノロジーが「車いす」の毎日を変える! 世界初・ヤマハの「片流れ制御」とは?【動画有】

VIEW ALL

gurugura

インフォメーションInformation

VIEW ALL

pioneer
gurugura
PLOTTER
omron
KAO
getnavi
ホンモノケイカク
週刊GetNavi