日産 関連記事

【60秒でわかる】日産・エクストレイルどこがすごい? 何が新しい?

SUVブームの火付け役である日産エクストレイルにマイチェンが施され、安全性をさらに向上しています。その実力やいかに!

【スクープ】これが次期型の日産リーフだ! デザイン、航続距離、パワーも大幅アップ!!

日産の電気自動車リーフの次期型プロトタイプがスクープされた。しかもカモフラージュが軽く、そのデザインの一部は露わになっている。

モデル末期だけど販売上向き中! 改めて日産・リーフに乗った【短評】

日産のリーフはモデル末期にも関わらず、このタイミングで販売が上向いている一台です。本記事では改めて同車の魅力を紐解いていきましょう。

この人気はホンモノ! 絶好調の現行ニッサン・ノートが発売から7か月で大台を突破

6月6日、日産自動車は2016年11月2日にマイナーチェンジを発表した新型「ノート」の販売台数が、発売から7カ月の累計で10万台を突破したことを発表。合わせて、新型ノートがコンパクトセグメントで7カ月連続で販売台数1位を獲得しているとアナウンスした。

銀行印としても使える! 日産「スカイライン」60周年記念の印鑑が発売

日産スカイラインの生誕60周年を記念して、スカイラインの特別な印鑑が発売された。この印鑑は印章雑貨の製造・販売などを手がけるTOSYO株式会社で、同社の展開するイラスト印鑑通販店「痛印堂」からリリースされる。

歴代モデルが土俵を回る! 日産が大相撲五月場所に「スカイライン」の懸賞幕を掲出

5月9日、日産自動車は「スカイライン」が4月24日に生誕60周年を迎えたことを記念して、5月14日〜28日に開催される大相撲五月場所へ、「スカイライン歴代モデル懸賞幕」を掲出すると発表した。大相撲への懸賞幕掲出は、日産として初の試みである。

銀行印にも使える!? 日産自動車公認「名車痛印」はファン必携の実用アイテム!

ペーパークラフト、フルスクラッチモデルにプラモデルと、「クルマ×趣味の世界」についてもご紹介している当サイトだが、今回は少し変わった面白アイテムを取り上げよう。それが日産公認の「日産自動車痛印」だ。

追跡撮影も可能! 日産「エクストレイル」にドローンを標準装備した特別仕様車が登場

日産ヨーロッパは4月5日、ミッドサイズSUVの「エクストレイル」に、軽量コンパクトなドローンを標準装備した特別仕様車「X-Scape(Xスケープ)」を設定した。

日産 GT-Rトラックエディションがニューヨーク・ショーに登場!

3月27日、日産ノースアメリカは4月14日に開幕するニューヨーク・ショーにおいて、2017年モデルとなる新型「日産GT-Rトラックエディション」を北米デビューさせると発表した。

GT-R日産

超小型EVで気軽に観光! 日産自動車と横浜市がカーシェアリング「チョイモビ ヨコハマ」を発表

日産自動車は17日、同日より横浜市と超小型電気自動車(EV)「日産ニューモビリティコンセプト」を活用したラウンドトリップ型カーシェアリング「チョイモビ ヨコハマ」を開始すると発表した。

どうなるインフィニティ? 日産が元BMWのチーフデザイナーをヘッドハント!

3月14日、日産USAは高級ブランド「インフィニティ」の新たなチーフデザイナーとして、元BMWのチーフデザイナーであるカリム・ハビブを任命したと発表した。ハビブは今後、神奈川県厚木市の日産テクニカルセンターを中心に、米国サンディエゴ、英国ロンドン、中国・北京に拠点を展開しているインフィニティのデザインチームを率いることになる。

F1譲りのハイブリッドでダイナミックな走り! インフィニティが高性能ブランド「ブラックS」展開へ

日産ヨーロッパはジュネーブショー2017にて、高級ブランドであるインフィニティの新たなハイパフォーマンスシリーズとして「ブラックS」を展開すると発表。Q60クーペ(日本名:スカイライン・クーペ)をベースとしたブラックSのコンセプトモデルを披露した。

日産の新型「スカイライン」、マイナーチェンジのポイントは? 新型セレナで初搭載された先進技術も採用

日産はジュネーブショー2017において、マイナーチェンジを受けた新型インフィニティ「Q50(日本名:スカイライン)」を初披露した。 プロパイロットを新たに搭載インフィニティQ50は、2013年に初代が発売されて以来、世界で約21万台の販売を記録するインフィニティのベストセラー。2016年に...

クイズにライブ、クライミングまで! 日産自動車が横浜本社でファミリーイベントを開催

日産自動車は、3月11日から4月2日までの間、神奈川県横浜市の日産グローバル本社ギャラリーにて、「春休みファミリーイベント」を開催することを発表した。

無人運転が加速する? ルノー&日産がヨーロッパの公共交通管理会社と共同開発へ

ルノー・日産アライアンスとヨーロッパ最大の公共交通関連会社「トランスデブ(Transdev)」社は、27日、無人運転車を活用した公共交通およびオンデマンド型交通向けモビリティサービスを共同開発することで合意した。 実証実験にはルノー・ゾエを使用両社は、利用者が無人運転車の乗車予約をしたり、...

...

人気の動画ニュースVideo News

20170720_y-koba2_ic_R

話題のスマートスピーカー「LINE WAVE」をいち早く試してみたら、こうでした【レビュー動画】

i20170628_hayashi_WN_01

【動画有り】使い勝手が良すぎたG-SHOCK最新作「GPW-2000」インプレッション!

20170626_Y01_02

伝えるプロ・予備校の地理講師がカロッツェリアのFH-9300DVSを授業形式で解説

VIEW ALL

インフォメーションInformation

VIEW ALL

ホンモノケイカク
GetNavi