日立 関連記事

「冷蔵庫の違い、わかんねぇ…」という人に! 500L台・最新5モデルの「冷蔵/冷凍/野菜室」を家電のプロが徹底ガイド

スリム&大容量化、省エネ、食品の鮮度保持……。冷蔵庫は10年前の製品と比べて驚くほどの進化を遂げています。なかでも4人家族にぴったりな約500L台が売れ筋で、各メーカーも力を入れているゾーンです。でも、いざ買い替えるとなると、どれも同じように見えて迷ってしまう人も多いはず。そこで今回は、家電選びのプ...

「米のプロ」と「家電のプロ」は最新炊飯器をどう見たか? 人気の4モデルを豪華Wキャストでチェック!

新米の季節を目前に、各メーカーの高級炊飯器は、炊飯技術がさらに進化しています。ここでは4社の最上位モデルの味と食感をお米のプロに、使い勝手を家電のプロに厳しくジャッジしてもらいました!

【徹底比較】ついに「炊飯器の結論」が見えた! 主要5モデル・10項目詳細テストを総まとめ

高級炊飯器の主要5モデル(象印、パナソニック、三菱電機、タイガー、日立)の炊き上がりの食感から使い勝手まで、多角的に検証してきた連載企画の最終回。これまで「上質炊飯機能」(炊き立て・冷やごはん・冷凍ごはんの食感チェック)「食感炊き分け」「一合炊き」「保温」「操作性・メンテナンス性」「独自機能・設置性...

【徹底比較】これ見ないで炊飯器買っちゃダメ! おすすめ5モデル「独自機能/設置性」1万字詳細レポート

5.5合炊き高級炊飯器の主要5モデルの性能や使い勝手を徹底チェックする検証連載。今回は、象印、パナソニック、三菱電機、タイガー、日立が発売するハイエンド炊飯器の「独自機能」と「設置性」を見ていきましょう。

最新オーブンレンジ4機種、センサーの精度はどうなんだ? 「さんまの塩焼き」「ひき肉の解凍」で徹底比較!

近年オーブンレンジはセンサー技術が進化し、様々な調理の幅と精度を上げています。そこで今回は、各社の最上位機種4モデルを取り上げ、基本の「焼き魚」と「肉の解凍」の仕上がりをチェックしました。

【おすすめ炊飯器5モデル濃厚比較】味だけで選んで本当にいいの? 「操作性/メンテナンス性」を徹底チェック!

各メーカーから発売されている5.5合炊き高級炊飯器の実力を徹底的に比較・検証する連載企画の第5回弾。高額の炊飯器の場合、どうしても炊飯性能や保温性能に目が行きがちですが、毎日使うものだけに、炊飯設定のしやすさや内釜の洗いやすさなど、使い勝手のチェックも重要です。そこで今回は、各機種の「操作性」と「メンテナンス性」を検証したいと思います。

一番使うヒトが「本当に欲しい衣類スチーマー」はどれ? 最新5モデルをスタイリストが3項目で採点!

現在、衣類ケア分野で衣類スチーマーがシェアを拡大中。その代表格ともいえる、パナソニック「NI-FS530」と、対抗馬4機種の使いやすさを、スタイリスト・佐々木 誠さんが徹底検証しました。

このエアコン、AIカメラがすげえ! 住人のスキを突き「凍結洗浄」でドバっと洗う「白くまくん」新モデル

エアコンがクサイときってありますよね。これはエアコン内部にホコリや油などの汚れが溜まり、カビなどの菌が繁殖したため。この汚れを凍らせて取り除くエアコンが、日立ジョンソンコントロールズ空調から登場しました。それが、「ステンレス・クリーン 白くまくん」プレミアムXシリーズです。

【徹底比較】保温しても味が落ちない炊飯器はどれだ? 高級炊飯器の主要5モデル、6時間/24時間で保温性能をチェック!

高級炊飯器・主要5モデル徹底検証 保温したごはんの味をチェック!高級炊飯器は各メーカーがその技術を競い合う主戦場。その品質はどれも高いレベルに達していますが、かなり高額であるため、より自分の(我が家の)好みや使い方に合った機種を選びたいと思うのが人情でしょう。 今回は、食事時間の異なる家族...

「少量でもおいしく炊けます」は本当か? 5.5合炊きの高級炊飯器「1合炊きの味」をいつものごはんと徹底比較!

高級炊飯器の主要5モデルの実力を徹底検証する本企画。40代以上の独身世帯、子供が独立したシニア世帯など、1~2人世帯が増加する昨今、少量炊飯のニーズも多いはず。そこで象印、パナソニック、三菱電機、タイガー、日立の主要5モデルを集めて1合で炊飯。味と食感を3合炊きと比較してみました!

「タオルケット6枚洗えます」ってクリーニング店か! すべての「まとめ洗い派」が憧れる日立の新「ビッグドラム」

日立アプライアンスは、ドラム式洗濯乾燥機「ヒートリサイクル 風アイロン ビッグドラム」の新製品、BD-NX120Bを9月16日に発売します。実売予想価格は35万円(税抜)。カラーはシャンパンとダークシルバーの2色展開です。

同じ「しゃっきり」がこんなに違っていいの? 高級炊飯器5モデル「食感炊き分け」を検証したら各社の個性が強すぎた

失敗できない高級炊飯器選びにおいて、食感が合うかどうかも重要な要素。そこで今回は、象印、パナソニック、三菱電機、タイガー、日立の主要5モデルを集め、食感炊き分け機能を使うとどんな食感になるのかをチェック。両極端のモードで炊き、実際に試食してみました!

LEDのレンズは1種類とは限らない! 日立より透明・半透明・透明の3種を使い分けた高効率シーリングライト

日立アプライアンスは、光の取り出し効率が高い新カバーなどの採用で、高い省エネ性能を実現した「LEDシーリング『ラク見え』搭載タイプ」LEC-AHS1410K(適用畳数~14畳)など6機種を9月11日から発売します。実売価格は税抜で2万4000円前後(6畳タイプ・LEC-AHS610K)~5万4000...

いま買える最新スティッククリーナー 6モデルの“買い”のポイント【前編】パナソニック/シャープ/日立

もっと掃除をラクにしたい。そんな家事の悩みを解消すべく登場したのがロボット掃除機。外出中に勝手に掃除してくれるなんて夢のようです。でも結局、ロボット掃除機の苦手な部屋の隅、階段などの段差の掃除は、自分で行うしかありません。そんなときに活躍するのが、手軽に使えるスティッククリーナーです。

【詳しすぎて怖い】高級炊飯器、主要5モデル「味と食感」徹底テスト 「おにぎり」「冷凍」がウマい機種も明らかに!

根強い人気を誇る大手メーカー5社(象印・パナソニック・三菱電機・タイガー・日立)の高級炊飯器を集めてテストしようというのが本企画。各モデルで炊いたごはんの味の傾向や、少量炊飯でのおいしさ、保温性能、操作性、お手入れのしやすさ、設置性などを比較検証していきます。今回は、炊飯器の最重要ポイントであるごはんの食感・味の傾向をチェック。炊きたてを試しただけでなく、お弁当で気になる冷やごはんや、保存に便利な冷凍→再加熱したごはんも試食し、その傾向を探りました!

...
カルビー

人気の動画ニュースVideo News

20171011_y-koba3_01_R

ハンドスピナーの次は「Tangle」がクルーッ!? 世界的ヒットの手遊び玩具が日本上陸

20171003_y-koba2 (1)

テクノロジーが「車いす」の毎日を変える! 世界初・ヤマハの「片流れ制御」とは?【動画有】

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

モフモフしたい謎グッズ!? 動きがリアルすぎる“猫のしっぽ”ロボットの正体

VIEW ALL

elecom

インフォメーションInformation

VIEW ALL

カルビー
エレコム
ホンモノケイカク
週刊GetNavi