日立 関連記事

【詳しすぎて怖い】高級炊飯器、主要5モデル「味と食感」徹底テスト 「おにぎり」「冷凍」がウマい機種も明らかに!

根強い人気を誇る大手メーカー5社(象印・パナソニック・三菱電機・タイガー・日立)の高級炊飯器を集めてテストしようというのが本企画。各モデルで炊いたごはんの味の傾向や、少量炊飯でのおいしさ、保温性能、操作性、お手入れのしやすさ、設置性などを比較検証していきます。今回は、炊飯器の最重要ポイントであるごはんの食感・味の傾向をチェック。炊きたてを試しただけでなく、お弁当で気になる冷やごはんや、保存に便利な冷凍→再加熱したごはんも試食し、その傾向を探りました!

「タテ型洗濯機=時代遅れ」なんて誰が言った? 実はスゴすぎた最新5モデルを家電のプロがまとめてチェック

タテ型洗濯機は、「たっぷりの水で洗うので洗浄力が高い」など、ここにきて再評価されています。近年はこうしたムードを受けて、各社が最新技術を投入した新製品をこぞって発売。独自のセンサーや洗濯方式を搭載するなど、高機能化に拍車がかかっています。今回は、日立、パナソニック、シャープ、東芝、アクアの主要5モデルをピックアップし、家電選びのプロである戸井田園子さんに、「洗浄性能」「脱水性能・乾燥性能」「清潔性」「独自機能」の5項目で徹底検証していただきました。検証結果を踏まえ、「どんな家庭におすすめか」という結論を出してもらったので、自分に当てはまるモデルを比較・検討してみてください。

ほぼ1万円以内でアイロンがけ不要に! ビジネスパーソン必携「衣類スチーマー」5選のスペックガイド

ハンガーに掛けた衣類に蒸気を当てシワ伸ばしできる衣類スチーマーが、近年好調な売り上げを見せています。立ち上がり時間の早いモデルが多忙なビジネスパーソンなどから支持を獲得中。今回は、衣類スチーマーが人気のワケを家電ライターの平島憲一郎さんに解説してもらうとともに、パナソニック、日立、ティファールなど注目の5モデルを紹介していきます!

最新のタテ型洗濯機はオッサンを「ナイスミドル」に変える! ニオイ・黄ばみに効く日立「ビートウォッシュ」の先進機能

真夏のこの時期は、大汗をかくため、クサ~い洗濯物の量が増えますよね。バスタオルやタオルケット、枕カバー、シーツも頻繁に洗いたい。一方で、汗をかいたシャツの襟そでの黄ばみがなかなか落ちず、悲しい思いをすることも……。日立アプライアンスが6月17日に発売した「ビートウォッシュ」は、こうした夏の洗濯物の悩みを解決してくれるとのこと。詳しい話を聞くために、説明会に参加してみました。

この多機能っぷりで約10万円は驚き! 日立のオーブンレンジ「ヘルシーシェフ MRO-TW1」

先日、日立アプライアンスのIHジャー炊飯器「ふっくら御膳 RZ-AW3000M」発表会の模様をお伝えしましたが、同会場では過熱水蒸気オーブンレンジ「ヘルシーシェフ」の新モデルも登場。会場ではその多機能っぷりに驚きつつ、税別で10万円を切るという想定価格にさらに驚きました。

「高級炊飯器=重い内釜」という常識を打破! 日立「ふっくら御膳」、クラス最軽量の内釜で味と使いやすさを両立

日立アプライアンスはIHジャー炊飯器「ふっくら御膳 RZ-AW3000M」を発表し、7月20日の発売に先がけて記者説明会を開催。本稿ではおいしさだけでなく使いやすさにもこだわったという新モデルの魅力を、実食レポートを交えてお伝えします。

内釜に鉄粒子を打ち込む速度が「マッハ2」って…新採用の内釜で大火力を引き出した日立の新「ふっくら御膳」

日立アプライアンスは、1.0L(5.5合)炊きIHジャー炊飯器「ふっくら御膳 RZ-AW3000M」を7月20日に発売します。カラーはメタリックレッドとパールホワイトの2色展開で、実売予想価格は10万円前後(税別)です。

献立に苦しむ「主婦」の悩みは「シェフ」が解決! おかず3品を同時にオート調理できる日立のオーブンレンジ「ヘルシーシェフ」

日立アプライアンスは、過熱水蒸気オーブンレンジ「ヘルシーシェフ」の新モデル「MRO-TW1」(総庫内容量30L)を7月20日に発売します。カラーはメタリックレッドとパールホワイトの2色展開で、実売予想価格は10万2380円です。 3品をおまかせで同時に調理する「おかずセット」を新搭載[ca...

人気の「ビートウォッシュ」に賢すぎる新モデル登場! 洗剤の種類と汚れに応じて洗い方を変え、ダニ退治にも対応

日立の「ビートウォッシュ」といえば、タテ型洗濯機では一、二を争う人気ブランド。今回、その人気ブランドからさらに賢く進化した機種が登場しました。 センサーが汚れを検知して洗う時間をコントロール[caption id="attachment_141213" align="alignnone" ...

人気バラエティ「この差って何ですか?」でスタジオ驚愕! 最新空気清浄機5モデルの機能をおさらい

「この差って何ですか?」は、言われてみればちょっと気になる「差」に注目し、徹底調査するTBSテレビの人気バラエティ番組(毎週火曜日19時放映)。そんな人気番組に、僭越ながら昨日の11月22日、弊誌GetNavi編集長・野村がお邪魔させて頂き、家電芸人の土田晃之さん(※本誌で連載中!)とともに、最新の...

動きは爽快! でもリモコンは「…何で?」 日立初のロボット掃除機minimaruを使ってわかったこと

2003年にプロトタイプを発表してから13年の歳月をかけて、ついに詳細が明らかとなった日立アプライアンスのロボット掃除機「minimaru(ミニマル)」。“小さい”をセールスポイントとしたコンパクトでパワフルなロボット掃除機として注目されています。発売は11月19日と少し先ですが、その前に記者向け説...

日立、ロボット掃除機参入に「なぜいまさら?」の声ーー「小さなボディ」は市場に受け入れられるのか?

現在、ロボットクリーナー市場には、アイロボット社「ルンバ」を筆頭に、パナソニック「ルーロ」、ダイソン「ダイソン360 Eye」など、強力なモデルがひしめいています。そんな状況のなか、日立アプライアンス株式会社がロボットクリーナー「minimaru(ミニマル) RV-DX1」を発表しました。「なぜいま...

1kgの差が驚異的な洗濯機を生んだ! 日立「ビッグドラム」は“大物”も余裕!

日立アプライアンスのドラム式洗濯乾燥機「ビッグドラム」シリーズといえば、最大洗濯容量11kgという、名前の通りの大きなドラムが特徴です。ところが、10月12日に発表された11月19日発売予定の新モデル「ビッグドラム BD-NX120A」(以下、BD-NX120A)は、なんとさらに洗濯容量が1kgアッ...

【レビュー】蒸気カットは高級炊飯器でオンリーワン! 日立「ふっくら御膳」はメンテ性も抜群で毎日が快適だった

最近は10万円前後の高級炊飯器が人気。ご飯は毎日の食卓に上がるものだけに「ここだけはお金をかけたい」という家庭も多いようです。高級炊飯器は、各メーカーともに内釜の素材や炊飯方法などに特徴があります。なかでも、日立アプライアンスの圧力スチーム炊き「ふっくら御膳 RZ-YW3000M」(実売価格8万22...

あらゆる食材が怖いくらいにヘタらない! 日立「真空チルド」が誇る「3つの技術」とは?

日立アプライアンスの冷蔵庫「真空チルド」シリーズといえば、チルドルームを真空状態にする「真空チルド」と、二酸化炭素を生成して食材の劣化を防ぐ「プラチナ触媒」を使った「新鮮スリープ野菜室」が大きな特徴でした。 今回発表された新モデルの「XG・WXシリーズ」は、この2つの技術を進化させたほか、...

...

人気の動画ニュースVideo News

20170720_y-koba2_ic_R

話題のスマートスピーカー「LINE WAVE」をいち早く試してみたら、こうでした【レビュー動画】

i20170628_hayashi_WN_01

【動画有り】使い勝手が良すぎたG-SHOCK最新作「GPW-2000」インプレッション!

20170626_Y01_02

伝えるプロ・予備校の地理講師がカロッツェリアのFH-9300DVSを授業形式で解説

VIEW ALL

インフォメーションInformation

VIEW ALL

ホンモノケイカク
GetNavi