炊飯器 関連記事

高級炊飯器のトップランナー「本炭釜」の最上位モデルは何が違う? 同時発売の中位モデルと比べてスゴさを検証!

高級炊飯器の先駆けとして知られているブランドが、三菱電機「本炭釜」です。2006年、純度99.9%の炭素素材を採用し、職人の手作業で加工した内釜を搭載する本炭釜 NJ-WS10を発売。11万5500円という高価格ながら大ヒット商品となり、高級炊飯器市場を創出しました。そんな本炭釜は2015年、誕生か...

最新炊飯器の「かまどリスペクト」はここまで来た! 新「Wおどり炊き」が「ひとにぎりのわら」再現のために行ったこと

既報のとおり、パナソニックは23日に炊飯器/オーブンレンジのメディア向け新製品セミナーを開催。前回記事では新製品の概要と注目ポイントをお届けしましたが、本記事ではより詳細な機能や開発秘話を中心にレポートします。特に注目は炊飯器に追加された「加圧追い焚き」機能。とどまることを知らない「美味しさ」へのこ...

新参者にこれができるか? パナソニック「Wおどり炊き」が見せつけた小さくても大きな差

パナソニックは、IHジャー炊飯器とスチームオーブンレンジにおけるフラッグシップモデルの新製品発表に伴い、23日に都内でメディアセミナーを開催。従来モデルでも十分以上の「美味しさ」ではあるが、そこからさらにどのような点が進化したのでしょうか? その注目ポイントや魅力を家電コーディネーター・戸井田園子さんのコメントとともにご紹介します。

かまど炊きにこだわった「米がおどる」モデルが1位! 最新炊飯器「炊き上がり」ランキング

大手家電メーカーがひしめく炊飯器カテゴリーへ、新興メーカーから新たな製品が続々と参入。これらの炊飯器は、従来モデルとはまったく異なる方式を採用しているのが特徴です。まずバルミューダは、水蒸気の力で炊き上げる方式を採用。バーミキュラは、定評のある鋳物ホーロー鍋をベースにIHヒーターを組み合わせています...

あのバルミューダが出した炊飯器の「実際どう?」を徹底チェック! 圧力IHと比べたら「昔ながらの味」だった

“極上のトースト”が焼けるトースターとして世間の話題をさらった「BALMUDA The Toaster(バルミューダ ザ・トースター)」の登場から2年足らず。ついにバルミューダから、発売を予告されていた炊飯器「BALMUDA The Gohan(バルミューダ ザ・ゴハン)」が登場しました。その最大の...

最新技術で炊飯器はココまで進化した!味も機能も個性派ぞろい “新世代炊飯器”の現在地

ここ最近、家電好きの間で話題になっている製品カテゴリをご存知でしょうか? それはズバリ「炊飯器」。おいしいごはんが炊けるというのはもちろんですが、各社さまざまに特色ある製品が続々と登場しています。これはもはや“炊飯器新時代”の到来といっても過言ではないでしょう。今回は、そんな新生代の製品のなかでも特...

アイリスオーヤマ、家電事業が絶好調! 急成長のワケは「月曜の会議」と「イスのない丸テーブル」にあった!

おいしいご飯は食べたいけれど、10万円もする高級炊飯器はなかなか手が出せない……。価格に見合う価値があるかも不安……。そんな人に注目してほしいのが、アイリスオーヤマの5.5合炊きIH炊飯器です! 参考価格は税別1万9800円というコストパフォーマンスにもびっくりですが、他社の高級炊飯器並みの炊き分け...

【BALMUDA The Gohan開発秘話】「高い米を買えば…」バルミューダ社長、蒸気炊飯器に至る迷走の日々を振り返る

既報の通り、バルミューダは12日に炊飯器「BALMUDA The Gohan(バルミューダ ザ・ゴハン)」を発表しました。本機は、食パンのおいしさにこだわったトースター、コーヒーの淹れ方にこだわった電気ケトルに続くキッチンシリーズ第3弾として投入されたもの。色はブラックとホワイトの2色展開で、価格は...

バルミューダ、「いばらの道」炊飯器市場へ! 「BALMUDA The Gohan」は炊き方もデザインも他社とは明らかに違う!

空調家電を主に扱ってきたバルミューダが、調理家電に参入したのは2015年のこと。約2万5000円の高級トースター「BALMUDA The Toaster」を発売して話題を集め、トースター市場活性化の火付け役となりました。その後、同社は炊飯器の発売を予告。トースターの例を見れば、同社が平凡な炊飯器を出...

“圧力IH”か“非圧力”か? 最新高級炊飯器4モデルの美味しさを実食テスト!

10万円前後の高級炊飯器は各メーカーが注力しているカテゴリのひとつですが、気軽に買えるものではないので間違いのないモデル選びをしたいところです。そこで今回は、“圧力IH”と“非圧力”の2カテゴリから、代表2モデルの味と使い勝手を比較。

IHヒーターが分離する炊飯器はアリかナシか? アイリスオーヤマ「銘柄量り炊き」を試したら「一人暮らし最強の友」と判明!

アイリスオーヤマから炊飯器「銘柄量り炊きIHジャー炊飯器3合 RC-IA30」(実売価格2万4624円)が発売されました。この炊飯器は米の量と銘柄に合わせて水の量を微調整できることが特徴。それだけでも驚きですが、さらに、ご飯を炊いた後にはおひつとIHヒーターに分離して使えるとのこと。両面ホットプレー...

話題のバーミキュラ炊飯器を早速トライ! 同じ鍋でリゾットもできて洗いやすいのが超便利!

皆さんは家で食事する時、ご飯を炊飯器で炊いていますか?  それとも土鍋やホーロー鍋を使っていますか? おいしいご飯にこだわる人にぜひ注目してほしいのが、愛知ドビーの新しい炊飯器「バーミキュラ ライスポット」。特に鍋で炊飯している人には絶対にオススメです。今回は発売前の製品を借り、実際に炊飯や調理に使...

大人気ホーロー鍋が「世界一おいしい」炊飯器に! 「バーミキュラ ライスポット」が約8万円でも安い理由

バーミキュラのホーロー鍋をご存じですか? 純国産で、使い勝手が良く、無水調理や煮物などがおいしく作れるとあって、インターネットの口コミを中心に料理好きの女性層に注目され、一時は注文から納品まで1年以上待つほどの大人気! いまでも半年待ちというから驚きです。このバーミキュラ鍋の製造・販売元である愛知ド...

「五ツ星お米マイスター」が推す新米を高級炊飯器で炊いたら? 極上ご飯が味わえる「象印食堂」表参道にオープン!

東京・表参道で、「象印食堂」が、10月28日から11月6日までの期間限定でオープンします。こちらは、実売価格12万7440円ものお値段がついている象印の高級炊飯器、「南部鉄器 極め羽釜 NW-AS10(以下NW-AS10)」で炊いたごはんを食べられるのが大きな魅力です。新米も出たことですし、いったい...

主要6メーカーの高級炊飯器はどう違う? 5項目チェックで各機の長所・短所が浮き彫りに!

家電ライターの醍醐味は、なんといっても最新家電を試用できること。なかでも、この数年楽しみにしているのが炊飯器の進化です。とはいえ、これらを選ぶ立場となったら見る目もシビアにならざるをえません。特に10万円超の高級炊飯器は、買ってから「思っていたのと違う」となったらショックが大きいですよね。できること...

...

人気の動画ニュースVideo News

20170410_Y01

人はパンの香りだけで目覚めるのか? 安田大サーカス・クロちゃんで実験してみた結果

20170329_Y02

人気予備校教師が絶対に入試に出なそうなテーマで授業「パンのおいしい歴史」

20170317-s4-16-0-1

【動画】「口の中の汚れを水流で洗う」ってどんな感じ? GetNaviで「ジェットウォッシャー ドルツ」を試したらその快感に驚いた!【提供元:パナソニック】

VIEW ALL

インフォメーションInformation

VIEW ALL

衣類乾燥除湿機
ホンモノケイカク