炊飯器 関連記事

「炊飯男子」再来なるか? サンコーから約5000円のハンディ炊飯器

弁当箱のような小型の炊飯器「お一人様用 ハンディ炊飯器」がサンコーから発売されました。価格は4980円です。 オフィスで炊飯と調理が同時にできるハンディ炊飯器本製品は、水蒸気の力で炊きあげる小型炊飯器。幅225×高さ155×奥行135㎜と弁当箱サイズのコンパクトさが特徴で、携帯してオフィス...

【徹底比較】保温しても味が落ちない炊飯器はどれだ? 高級炊飯器の主要5モデル、6時間/24時間で保温性能をチェック!

高級炊飯器・主要5モデル徹底検証 保温したごはんの味をチェック!高級炊飯器は各メーカーがその技術を競い合う主戦場。その品質はどれも高いレベルに達していますが、かなり高額であるため、より自分の(我が家の)好みや使い方に合った機種を選びたいと思うのが人情でしょう。 今回は、食事時間の異なる家族...

「少量でもおいしく炊けます」は本当か? 5.5合炊きの高級炊飯器「1合炊きの味」をいつものごはんと徹底比較!

高級炊飯器の主要5モデルの実力を徹底検証する本企画。40代以上の独身世帯、子供が独立したシニア世帯など、1~2人世帯が増加する昨今、少量炊飯のニーズも多いはず。そこで象印、パナソニック、三菱電機、タイガー、日立の主要5モデルを集めて1合で炊飯。味と食感を3合炊きと比較してみました!

「玄米が続かない人」ほど試してほしい! 玄米のイメージを覆す「混合コース」を搭載した東芝・真空圧力IHジャー

東芝ホームテクノが真空圧力IHジャー炊飯器の2017年モデル「RC-10ZWL」の新製品セミナーを開催。今回発表された2017年モデルではそのこだわりにさらに磨きをかけ、大きく3点の改良が加えられたとのこと。本稿では、実食の感想を交え、その特徴を解説していきます。

「毎回悩みそう…」と深刻な課題が浮上!? 大人気の炊飯器「バーミキュラ ライスポット」を食のプロが使ってみた

鋳物ホーロー鍋メーカーが開発した大人気の炊飯器、バーミキュラ ライスポットは、炊飯のみならず多彩な料理に使えるのが魅力。今回はフードスタイリストの新井美代子さんが、同機の実力をお試し!

内釜性能のインフレが止まらない! 「四度焼き」「炭化ケイ素配合」の内釜を採用したタイガー最上位炊飯器

タイガー魔法瓶は、「五感に響きわたる、おいしさと上質感を。」をテーマに、デザインや音、操作性にまでこだわった「GRAND X(グランエックス)」シリーズから、「土鍋圧力IH炊飯ジャー<THE 炊きたて>」(JPG-X100)を9月11日に発売します。色はフロストホワイトです。実売予想価格は12万80...

同じ「しゃっきり」がこんなに違っていいの? 高級炊飯器5モデル「食感炊き分け」を検証したら各社の個性が強すぎた

失敗できない高級炊飯器選びにおいて、食感が合うかどうかも重要な要素。そこで今回は、象印、パナソニック、三菱電機、タイガー、日立の主要5モデルを集め、食感炊き分け機能を使うとどんな食感になるのかをチェック。両極端のモードで炊き、実際に試食してみました!

先進機能を備えて約4万円! 新米が抜群にウマくなる「ちょうどいい炊飯器」5選[PR]

新米をおいしく食べるためにも、優れた性能の炊飯器を用意しておきたいところ。今回は手ごろな中価格帯モデルながら、最上位モデルに搭載する機能も備えるなど、価格と機能が「ちょうどいい」モデルを紹介していきましょう。

【詳しすぎて怖い】高級炊飯器、主要5モデル「味と食感」徹底テスト 「おにぎり」「冷凍」がウマい機種も明らかに!

根強い人気を誇る大手メーカー5社(象印・パナソニック・三菱電機・タイガー・日立)の高級炊飯器を集めてテストしようというのが本企画。各モデルで炊いたごはんの味の傾向や、少量炊飯でのおいしさ、保温性能、操作性、お手入れのしやすさ、設置性などを比較検証していきます。今回は、炊飯器の最重要ポイントであるごはんの食感・味の傾向をチェック。炊きたてを試しただけでなく、お弁当で気になる冷やごはんや、保存に便利な冷凍→再加熱したごはんも試食し、その傾向を探りました!

「高級炊飯器=重い内釜」という常識を打破! 日立「ふっくら御膳」、クラス最軽量の内釜で味と使いやすさを両立

日立アプライアンスはIHジャー炊飯器「ふっくら御膳 RZ-AW3000M」を発表し、7月20日の発売に先がけて記者説明会を開催。本稿ではおいしさだけでなく使いやすさにもこだわったという新モデルの魅力を、実食レポートを交えてお伝えします。

プロが伝授する最新炊飯器選びのポイントは? プチ贅沢できる「オススメ高級炊飯器」5選[PR]

毎日食べるご飯だから、炊飯器はちょっと良いものを選びたい。でも、どんな点に注目して選ぶべきなのかよくわからないし、高価なものだけに失敗もしたくない……。と、そんな悩みを抱える人のために、今回は家電のプロ・戸井田園子さんに、10万円前後の高級炊飯器を選ぶポイント3か条を教えていただきました。合わせて、...

高級炊飯器「極め炊き」に小容量タイプが登場! 2万円差のハイエンド機と何が違うのか比べてみた

象印マホービンは、炊飯ジャー“南部鉄器 極め羽釜”の小容量タイプ(3.5合炊き)、「圧力IH炊飯ジャー『極め炊き』(NP-QT06型)“南部鉄器 極め羽釜”」を7月21日に発売します。

内釜に鉄粒子を打ち込む速度が「マッハ2」って…新採用の内釜で大火力を引き出した日立の新「ふっくら御膳」

日立アプライアンスは、1.0L(5.5合)炊きIHジャー炊飯器「ふっくら御膳 RZ-AW3000M」を7月20日に発売します。カラーはメタリックレッドとパールホワイトの2色展開で、実売予想価格は10万円前後(税別)です。

ごはんは「かため」「ふつう」「やわらかめ」どれが好き? 象印の商談会では意外な結果が……

この時期、都内では家電メーカー各社による「商談会」が開催されています。これは、メーカーや家電卸が今年の新製品を一堂に集めて、家電量販店など販売店関係者にお披露目する会のこと。今回はそんな商談会のひとつ、「象印2017秋の新製品企画商談会」に潜入してきました。そのなかで、炊飯器のブースで面白体験ができ...

社長が反対を押し切って作った「BALMUDA The Curry」! 食べてみたら「辛さの波」が独特だった

「BALMUDA The Toaster」で2015年に調理家電へ参入して以来、業界に革新を起こし続けているバルミューダ。今年1月には蒸気の力で炊き上げる炊飯器「BALMUDA The Gohan(バルミューダ ザ・ゴハン)」を発表しました。そして今回、家電だけでは飽き足らず、このBALMUDA T...

...
elecom

人気の動画ニュースVideo News

20170923-a01 (6)

懐かしの「スターロード」を実況プレイ! 「スーパーマリオワールド」をノーミスでクリアせよ【ゲーム芸人フジタの挑戦】

20170922_y-koba6_ic2_R

【開封動画】GetNavi11号別冊付録「オリジナル万年筆」開封の儀――コレが1冊に1本付いてきます!

20170920_y-koba3 (1)

【動画】「特捜戦隊デカレンジャー」のハイテク警察手帳キターッ! 大人向け仕様で復活した“SPライセンス”を遊び倒す

VIEW ALL

インフォメーションInformation

VIEW ALL

エレコム
furugura
ホンモノケイカク
GetNavi