睡眠 関連記事

睡眠習慣が劇的に変わる! 海外で人気の「睡眠導入・測定デバイス日本版」3種を徹底比較してみた

健康でストレスの少ない生活には、よりよい睡眠が重要なのはもはや常識。となれば、多くの人が質の高い眠りのためのガジェットを求めるのも当たり前ですよね。 しかし、現在市場に出回っている商品のなかには、ただ単に睡眠時間や心拍数を測定してくれるだけで機能的にはどれも似たり寄ったりというものもありま...

痩せたいなら食事制限や運動の前にきちんと寝るべし! 肥満外来の女医が教える「超シンプルな睡眠ダイエット」

ダイエットを続けているのに、なかなか痩せられない……。そんな人は、もしかしたら睡眠と食事のとり方が間違っているのかもしれません。医師として、長年肥満改善治療に取り組んできた左藤桂子先生に、痩せるための睡眠と食事の極意、メンタルをじっくり教えてもらいました。

脳の発達には順番がある―― 睡眠不足の悪影響は想像以上に深刻【子どもが伸びる家庭の10の習慣】

前回に引き続き、睡眠についてです。今回は、睡眠不足が及ぼす影響と、正しい脳の発達に合わせた子育てについてお話しします。

「寝る子は育つ」は正しかった! 睡眠と自己肯定感や学力との関連性とは?【子どもが伸びる家庭の10の習慣】

これから、子育てをがんばっているみなさんにぜひ知っておいて欲しい、「子どもの力を伸ばすためのヒント」をお伝えしていきます。

布団のなかは32℃をキープするとぐっすり眠れる! 快眠のための3つのキーワード

眠ることは、お金のかからない娯楽です。枕と布団があれば楽しめます。快眠は、体と心の疲れをリセットするために欠かせないものです。

「いい寝だめ」と「悪い寝だめ」がある!? 「寝たりない感」をなくすコツとは?

「忙しくて睡眠時間が十分にとれない」「よく寝たはずなのに疲れが抜けない」……朝、起きたときの「寝たりない感」がなかったら、1日がもっと元気にはじめられるのに……。

眠らないと「メタボ」になる! 最適な睡眠時間は…?

昔から「寝る子は育つ」といわれてきましたが、今では「眠らないとメタボリック症候群」が新常識です。 海外での研究によると、肥満の程度は7~8時間眠る人が最も軽く、それより睡眠時間が短くても長くても肥満度が高くなります。5時間睡眠の人は肥満率が50%アップし、4時間以下の睡眠ではなんと73%も...

【快眠のプロが教える】毎日理想の眠りに導くためにしたほうがいいこと、しないほうがいいこと

健康な毎日は良質な眠りから。ここでは、眠気を高め、ぐっすり朝まで良い眠りを実現するための「睡眠術」を、快眠セラピスト/睡眠環境プランナーの三橋美穂さんにアドバイスしていただきました。眠りの質がよくなるメソッドを実践して毎日快眠を得られれば気持ちが前向きになり、暮らしも豊かになります。早速快眠グッズも...

人気の動画ニュースVideo News

20170324-a05 (1)

ダウンタウンの「それゆけ大運動会」を弱キャラのみ+αの特別ルールで優勝せよ!【ゲーム芸人フジタの挑戦】

20170321_Y10

フェラーリが世界中で展開する「70周年記念イベント」の概要を発表

20170321_Y02

ニャンと!リュクスな猫たちがくつろぐ“高級物件編”と猫背も凍る!?“J・ホラー物件編”の2種類の特報映像!映画「ねこあつめの家」

VIEW ALL

インフォメーションInformation

VIEW ALL

ホンモノケイカク