腕時計 関連記事

月夜に舞う「桜吹雪」の風情を螺鈿細工で文字盤に表現––クレドール最新作は120本限定の芸術作

セイコーウオッチから展開されている高級ウオッチブランドのクレドールは、日本人の感性と精緻を極めた技術によって豊かな個性を持つシリーズとして1974年に誕生しました。そんな国産ハイエンドブランドが、「桜吹雪」をモチーフにした限定品を発表しました。本機に込められた匠の技の数々を、詳しく見てみましょう。

スコアアップの最終兵器!?ウブロ初のゴルフウオッチは機械式でもここまでスゴい!

ハイクラスのスイスウオッチブランドであるウブロから、ブランド初となるゴルフウオッチが登場しました。最新作 「ビッグ・バン ウニコ ゴルフ」は、本機のために開発された新型の自社ムーブメントを搭載し、超軽量に仕上げられた非常にユニークなタイムピースとなっています。

クリスマスに男性にプレゼントしたい! おすすめの腕時計はこれ!

もうすぐクリスマスです。プレゼントはお決まりでしょうか? 男性に贈るプレゼントでおすすめなのは腕時計です。

時計の良さは“顔”に出る!視認性にも関係していた、ダイアル装飾技法【第2回】

時計の第一印象を決めるのはやはり文字盤。最近は腕時計の急速な進化で「文字盤の作りが良くなってきた」といいますが、実際はどのように作られているのか、気になる人も多いはず。そこで、2本以上の時計を見比べて悩んだときに注目しておきたいポイントを、3回に分けてご紹介していきます。第2回は、ダイアルの装飾技法を見てみましょう。

【腕時計が多様化する今、何を選ぶ?】ブランドの個性を知るならムーブメントを見よ!(第①回)

ムーブメントは時計ブランドの技術力を見極めるうえで、特に欠かせない要素。各社はどんなところに注力しているのか?時計ツウの皆さんであれば知りたいであろう、ムーブメントの個性を探っていきます。

入手困難なのにはワケがある! 大量生産できない「至高品」案内

希少な素材やこだわりの製法、匠の技などを用いたアイテムは量産ができないため、手に入るまで時間がかかります。だからこそ愛おしくもあります。そんな一点一点丁寧に作られた至高の品々を紹介します。

その行為が逆効果に!? 覚えておきたい時計マナーの常識集【アンティークショップ編】

時計を購入する際や、日常のケア、プロへの修理依頼などなど。あなたの“いつも”の行為、ひょっとしたらマナー違反になっているかもしれません。意外に知らない“時計界の基本マナー”、前回のユーズ&ケア編に続き、今回はアンティークショップでのシュチュエーションを見ていきましょう。

【腕時計セルフケア】「バネ棒はずし」の選び方、 正しくできていますか?

ブレスレット・ベルトの交換術で、「バネ棒はずし」を使った方法をご紹介しましたが、「説明通りにやっても上手にできない」なんて方もいるのではないでしょうか? 意外に知られていませんが、バネ棒はずしには数種類あり、用途に合ったものを使わないと実は上手に交換できないこともあるので要注意。今回は、その選び方の基本を学んでいきましょう。

【腕時計あるある疑問】ロービートとハイビート、部品の消耗度ってどれくらい違うの?

かつて古い時代のムーブメントには、ロービートとハイビートで部品の消耗度に差がありました。しかし近年は部品の材質や機械油の性能が飛躍的に進化し、その差もほぼなくなってきました。とはいえ、実際の消耗度はどれぐらいなのか気になりますよね。

セカンドウオッチにも最適! 時計界の新星“ドレスポ”は、価格・品質・存在感のイイトコどり

ドレスウオッチの品格とスポーツウオッチの機能性を両立させ、シーンを選ばずに使える魅力的な時計が近年では増加傾向にあります。これらの「ドレス・スポーツウオッチ(通称ドレスポ)」は、今後一大トレンドとなるポテンシャルを秘めた、時計分野では全く新しいジャンル。まずはその定義と魅力について知ることから始めましょう。

それ、実は逆効果かも!? 覚えておきたい時計マナーの常識集【ユーズ&ケア編】

時計を購入する際や、日常のケア、プロへの修理依頼などなど。あなたの“いつも”の行為、ひょっとしたらマナー違反になっているかもしれません。そこで今回は、知ってそうで意外と知らない“時計界の基本マナー”を解説。今回は時計購入後の日常的なケアやユーズシーンをピックアップし「NG度」ごとに分けて判定していきます。

【腕時計の新常識】2017年のダイアル事情は?

腕時計の良し悪しを見極めるポイントには「ムーブメント」「ケース」「文字盤」が挙げられます。しかしそれらの製法がいま、かなり複雑化してきているのをご存知でしょうか。そこで、ブランドのあり方にも関わるこの“3要素”について、従来の常識と現状を深掘り! ムーブメント編、ケース編に続いて、最後は文字盤を比較して見てみましょう。

【2017年の腕時計ケース事情】定番の貴金属や合金に加えて夢のある新素材たちが台頭!

腕時計の良し悪しを見極めるポイントには「ムーブメント」「ケース」「文字盤」が挙げられます。しかしそれらの製法がいま、かなり複雑化してきているのをご存知でしょうか。そこで、ブランドのあり方にも関わるこの“3要素”について、従来の常識と現状を深掘り! 前回のムーブメント編に続き、第2回目はケースについて比較して見てみましょう。

多様化する腕時計の新常識、あなたはどこまで知っている?

腕時計の良し悪しを見極めるポイントには「ムーブメント」「ケース」「文字盤」が挙げられます。しかしそれらの製法がいま、かなり複雑化してきているのをご存知でしょうか。そこで、ブランドのあり方にも関わるこの“3要素”について、従来の常識と現状を深掘り! 初回はムーブメントから比較して見てみましょう。

憧れの機械式腕時計を買う前に確認したい3つのポイント

ボーナスが入った記念に、婚約や昇進などの人生の記念日に、いいものを1本買い求めたいと思っている人も多いはずだ。

...
calbee

人気の動画ニュースVideo News

20180204_y-koba1_ic_R

【aibo動画まとめ】ソニー「aibo(アイボ)」を愛せるかな? リアルだけど不気味さは皆無!!

20180126_y-koba7_ic_R

【体験動画】ゲレンデを疾走する「タクシー」が本当に楽しすぎ! 上りも下りも迫力満点!!

GN1802_P131-O

ゲーム芸人が不朽の名作「マッピー」でノーミスクリアにチャレンジしてみた【ゲーム芸人フジタの挑戦】

VIEW ALL

日産

インフォメーションInformation

VIEW ALL

calbee
calbee
日産
ロワード
dTV
blueair
kurabest
calbee
PAIONIA
IT'SCOM
omron
omron
maittake
honmonokeikaku
週刊GetNavi