高倍率ズームレンズ 関連記事

これはもう手放せない! 唯一無二の“超望遠”高倍率ズーム「タムロン18-400mm」と行く珠玉の撮影旅 in 箱根[PR]

一眼レフカメラ用交換レンズは数多くあるが、そのなかでも7倍や10倍といった高いズーム倍率を持ち、1本持っておくとさまざまなシーンに対応できて便利なのが「高倍率ズーム」と呼ばれるカテゴリのレンズだ。こうしたズームレンズは、35mm判換算で28~450mm相当程度の製品が主流となっているが、2017年7...

フルサイズ一眼は「“高値”の花」ではない! 6万円の高倍率ズームで写真生活が激変【実写レビュー】

カメラに興味があれば誰しも一度は憧れる、フルサイズ一眼カメラ。画質や機能性に優れた機種が多い一方、レンズも含めて機材は大きく、重く、そして何より高価で、「高嶺の花」ならぬ「高値の花」というイメージが強い。しかし、そんな印象を覆してくれるのが、「高倍率ズームレンズ」の存在だ。

【レビュー】広角側最強の高倍率ズームレンズはコレだ! “2mm”の差が生むタムロン「16-300mm」の描写力

数ある一眼カメラ用交換レンズのなかでも、1本持っておくと便利なのが広角から望遠までを1本でカバーできる高倍率ズームレンズだ。特にAPS-Cサイズ用で300mm程度までカバーする製品は、比較的コンパクトで超望遠域(450mm相当前後)までカバーできるとあって人気が高く、レンズメーカー製のほか純正レンズも数多い。

“絶対買い”な究極の高倍率ズームレンズ爆誕! 待望のタムロン「18-400mm」を実写レビュー

一眼レフ用交換レンズに究極の1本といえる高倍率ズームレンズが登場した。それが、タムロン 18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLDだ。このレンズはAPS-Cサイズ一眼レフ用の交換レンズで、35mm判換算で27-600mm相当(キヤノン用は28.8-640mm相当)の22.2倍ズー...