高級炊飯器 関連記事

【詳しすぎて怖い】高級炊飯器、主要5モデル「味と食感」徹底テスト 「おにぎり」「冷凍」がウマい機種も明らかに!

根強い人気を誇る大手メーカー5社(象印・パナソニック・三菱電機・タイガー・日立)の高級炊飯器を集めてテストしようというのが本企画。各モデルで炊いたごはんの味の傾向や、少量炊飯でのおいしさ、保温性能、操作性、お手入れのしやすさ、設置性などを比較検証していきます。今回は、炊飯器の最重要ポイントであるごはんの食感・味の傾向をチェック。炊きたてを試しただけでなく、お弁当で気になる冷やごはんや、保存に便利な冷凍→再加熱したごはんも試食し、その傾向を探りました!

50種もの銘柄に応じて火加減を変える炊飯器が登場! あの予約殺到コーヒーメーカーにも注目の「ラクうまキッチン家電」3選

機能性に優れたキッチン家電を大特集!毎日のメニューを“ラクして"おいしく作れる先進アイテムが続々と登場しています。デザインもオシャレでテンションが上がるものばかりです!日々の調理や盛り付けが、激変すること間違いなし!

主要6メーカーの高級炊飯器はどう違う? 5項目チェックで各機の長所・短所が浮き彫りに!

家電ライターの醍醐味は、なんといっても最新家電を試用できること。なかでも、この数年楽しみにしているのが炊飯器の進化です。とはいえ、これらを選ぶ立場となったら見る目もシビアにならざるをえません。特に10万円超の高級炊飯器は、買ってから「思っていたのと違う」となったらショックが大きいですよね。できること...

【レビュー】「日本一高い炊飯器」の意義を問う! 象印「極め羽釜」は14万円の価値があったのか?

現在、各メーカーが10万円前後の高級炊飯器を発売しており、どれも独自の特色を打ち出しています。今回レビューする象印マホービンの「南部鉄器 極め羽釜 NW-AS10型」(以下、NW-AS10)は、内釜に日本の伝統工芸品である「南部鉄器」を使用した贅沢な製品。さらに、消費電力が最大1450Wと、とにかく...

人気の動画ニュースVideo News

20170720_y-koba2_ic_R

話題のスマートスピーカー「LINE WAVE」をいち早く試してみたら、こうでした【レビュー動画】

i20170628_hayashi_WN_01

【動画有り】使い勝手が良すぎたG-SHOCK最新作「GPW-2000」インプレッション!

20170626_Y01_02

伝えるプロ・予備校の地理講師がカロッツェリアのFH-9300DVSを授業形式で解説

VIEW ALL

インフォメーションInformation

VIEW ALL

ホンモノケイカク
GetNavi