F1 関連記事

【東京モーターショー2017】ルノーF1参戦40周年を記念し、メガーヌR.S.(ルノースポール)を中心にスポーツモデルを全面に打ち出す!!

ブース奥の壁面に展示されたルノーのF1マシンの横には、F1参戦40周年を記念したロゴが配されている。1977年の初参戦からエンジン提供のみを含めて12回のコンストラクターズチャンピオンに輝いたルノー。今回は、ルノースポール(R.S.)を中心としたスポーツモデルのみが並んでいる。技術面では直結していなくてもF1参戦の情熱が各車に注がれていて、それが表現されたのが今回の展示だという。

過去最低の観客動員数だったF1日本GPーー人気復活のカギはテレビにある!?

鈴鹿サーキット(三重県)で開催されたF1日本グランプリ(10月6日~8日)の、決勝レース日の観客数は6万8000人だった。鈴鹿での日本GPの開催は今回で29回目を数えたが、観客数は昨年の7万2000人を下回り、過去最少を更新した。フリー走行が行われた金曜日と、予選が行われた土曜日を合わせた3日間の観客数は13万7000人で、これも前年の14万5000人を下回り、過去最少となった。

新生F1グランプリの今季前半の状況とマクラーレン・ホンダF1の顛末について(前編)

全20戦で争われる2017年F1世界選手権は第14戦シンガポールGPまで終了し、10月からいよいよシーズン終盤戦に突入する。

ルノーがF1参戦40周年を記念して製作したのは……ティーポット!?

ルノーはこのほど、フォーミュラ1参戦40周年を記念して、「The Yellow Teapot(黄色のティーポット)」を製作。パリ・シャンゼリゼにあるアトリエルノーのレストランでは、キッチンにこの新作ティーポットが配備されるほか、WEBショップ(http://shop.atelier.renault.com/fr)で9月から販売される。価格は129ユーロ(約1万6800円)。

その姿はまるでクワガタ!? ルノーが2027年のF1マシンをコンセプトモデルで表現!

ルノーは、開催中の上海モーターショー2017において、未来のF1マシンの姿を提示する「R.S. 2027ヴィジョン」を初公開した。

F1マシンの多彩なネーミング。戦略的なメルセデスに脈絡のないフェラーリ、ロマンチックなザウバー……

4年連続のタイトル獲得を狙うメルセデスAMGの2017年型F1マシンは、F1 W08 EQ Power+と名付けられた。16年型はF1 W07 Hybridだった。アルファベットの「W」に数字を組み合わせるネーミング手法に変わりはないが、「Hybrid(ハイブリッド)」が「EQ Power+(イー・...

F1「マクラーレン・ホンダ」がオレンジ色に染まった理由

2017年のF1シーズンを戦うマクラーレン・ホンダの新型マシンが発表された。カラーリングを見て「これがマクラーレン?」「ヨソのチームでしょ」と思った人がいるかもしれない。2016年までとまったく違うからだ。

もはやモーターショーより面白い!? 「東京オートサロン」の変貌ぶりが凄まじい

世界最大級のカスタマーカーイベント、「東京オートサロン2017」が1月13日から幕張メッセ(千葉市)で始まる(13日14時以降は一般特別公開日。14日、15日は一般公開日)。1990年からほぼ毎年見てきた身からすれば、その発展と変容ぶりに驚くばかりだ。[caption id="attachment_...

2輪と4輪でこんなに違う! 似て非なるヘルメットの世界

2輪用のヘルメットと4輪用のヘルメットでは、共通点もあるが異なる点もある。ご存じだろうか。頭部を保護する機能が共通しているのは言わずもがなだ。

なぜホンダは、鈴鹿で惨敗したのか?

鈴鹿サーキットでの開催が28回目を数えた2016年F1第17戦日本グランプリは、メルセデスAMGに所属するニコ・ロズベルグの優勝で終わった。2位は19歳のマックス・フェルスタッペン(レッドブル)、3位はルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)だった。

F1日本GP鈴鹿はロズベルグが優勝! メルセデスは3年連続でコンストラクターズタイトルを獲得

10月9日、F1日本グランプリ決勝が鈴鹿サーキットで行なわれ、メルセデスAMGのニコ・ロズベルグが、53ラップを1時間26分43.333のタイムで優勝を飾った。同じチームのルイス・ハミルトンは3位で、メルセデスは2選手がともに表彰台に登った。

F1のシートはドライバーの尻から太もも、くびれまで忠実に再現!?

乗用車のシートはOne size fits all.のコンセプトで設計されている。つまり、フリーサイズだ。既製服のようにS、M、Lサイズのシートがあって、体格に合わせて選ぶことができれば便利だが、そうはなっていない。

なぜF1のホイールは13インチからアップしないのか?

「インチアップ」などというドレスアップ用語はもう死語だろうか。エンジンの排気量も馬力もそうだったが、ホイールの径も大きい方がエライ、スゴイ、カッコイイと信じられていた。いや、現在進行形か。エライかスゴイかは別にして、確かに、大径ホイールはカッコイイ。15インチ(1インチ=約2.5cm)より16インチ...

ザウバーF1チームとエドックスのプレミアムパートナーシップを記念した限定ウオッチ

スイスのF1チーム・ザウバーと、今年からプレミアムパートナーに就任したエドックスが、同チームのオフィシャルウオッチを限定製造。ダイアルにマシンと同じブルーが採用された疾走感あふれるクオーツクロノグラフは、世界限定555本で、価格は21万円(税抜)。8月発売予定。

【Honda F1復帰記念】Hondaの代表的F1カーをプレイバック!

青山本社前に歴代モデルが大集結!2015年シーズンから7年ぶりにF1に復帰するHondaが記者会見「Honda F1記者会見/McLaren-Honda 2015」を開催。会場には、マクラーレン・テクノロジー・グループCEOのロン・デニス氏のほか、マクラーレン・ホンダのドライバーであるフェルナンド・...

CASIO2

人気の動画ニュースVideo News

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

スター・ウォーズの世界が現実に! スフィロの「BB-9E」&「R2-D2」がリアルすぎる!!

20171011_y-koba3_01_R

ハンドスピナーの次は「Tangle」がクルーッ!? 世界的ヒットの手遊び玩具が日本上陸

20171003_y-koba2 (1)

テクノロジーが「車いす」の毎日を変える! 世界初・ヤマハの「片流れ制御」とは?【動画有】

VIEW ALL

CASIO

インフォメーションInformation

VIEW ALL

CASIO2
CASIO
uniqlo
pioneer
gurugura
plotter
omron
kao
getnavi
ホンモノケイカク
週刊GetNavi