4K 関連記事

20170301-i04 (8)

AV

テレビは4K、でもレコーダーは? 4Kテレビの真の実力を引き出すUHD BD対応の「アクオス ブルーレイ」[PR]

従来のフルHD液晶テレビの4倍の解像度を誇る4Kテレビ。46型以上の大画面モデルでは、販売台数の7割以上が4Kテレビというデータもあり、4Kテレビはどんどん普及してきています。この記事をお読み頂いている方のなかにも“自宅のテレビは4Kだ”という方が多いのではないでしょうか? でも、せっかく...

家族の思い出を“美画質”で残そう! 帰省時に持っていきたい高画質ビデオカメラ4選

年末年始などの長期休暇は、普段なかなか帰れないふるさとへ帰省できる機会。久しぶりに会う家族や友人たちと、ゆっくり語らう時間は何にも代えがたい貴重なひとときです。せっかくの大切な時間なら、思い出を高画質なビデオカメラで記録してみてはいかがでしょうか? 最近はスマートフォンのカメラも進化し、簡単にキレイ...

20161116-i03 (7)

AV

「テレビ見ない、けどネット動画は見たい」―という人にぴったりの低価格4K大画面ディスプレイをがっつり試した

DMM.makeが11月15日に発売した4K対応ディスプレイ「DMM.make DISPLAY」。チューナーを搭載しておらずテレビ番組をそのまま視聴することはできませんが、一般的な4Kテレビよりも低価格を実現しており、“いますぐ買える4K大画面”として注目が集まっています。今回、実機に触れる機会があ...

4Kテレビで見るものがない!? それなら4K/HDR対応の「Chromecast Ultra」におまかせ

Googleは、新たに4KやHDRに対応したストリーミングデバイス「Chromecast Ultra」を本日11月22日より国内販売開始しました。価格は9720円です。[caption id="attachment_87432" align="alignnone" width="820"] ↑Chr...

4KChromecastGoogleHDR

「私テレビ見ない人なんです」派にもおすすめ! 5万円台の4K大画面ディスプレイ 「DMM.make DISPLAY」

3Dプリントや工房などモノ作りを支援する「DMM.make」が11月15日、4K表示対応の大型ディスプレイ「DMM.make DISPLAY」を発売しました。 DMM.make DISPLAYは、3840×2160ドットの4K対応大型パネルを搭載したディスプレイで、50インチと65インチの...

重量199gがポイント! 初心者でも飛ばせるセルフィードローン「DOBBY」

カメラなどを搭載し、誰でも簡単に空撮が楽しめることから人気となった無人航空機ドローン。しかし、盗撮や制御不能になった機体の墜落など、一部ユーザーの行動が社会問題となったことから、2015年12月にはドローン規制法(改正航空法)が施行され、どこでも手軽に楽しむことが難しくなってしまいました。 ...

映像の安定感は別格! 空間光学ブレ補正を搭載したソニーの新アクションカム「FDR-X3000」

手ブレ補正はこれまで電子式のみだったアクションカメラに、本格的な光学ブレ補正機能を搭載するモデルがソニーから登場。4K撮影にも対応するハイスペック機の実力をプロの視点で確かめました。[caption id="attachment_53455" align="alignnone" width="507...

1604046_00_R

AV

【なぜか再燃】4Kテレビいる/いらない論争に終止符を! いま買うなら4Kしかありえない!

最近、「現行4Kテレビでは、2018年にスタートする4K放送(BS・110度CSデジタルを利用)をそのまま視聴できない」というニュースがちょっとした話題となりました。ある程度テレビに詳しい人にとっては「いまさら?」な話なのですが、総務省の周知活動が6月末にスタートしたことで多くの人が知るところとなっ...

4K4KテレビHDRUHD BD

ブレのない世界! 初の空間光学ブレ補正を搭載したソニーの新アクションカムで外遊びが変わる

ソニーは、アクションカムで初めて「空間光学ブレ補正」機能を搭載した、4K解像度対応モデル「FDR-X3000R」とフルHD対応モデル「HDR-AS300R」を6月24日に発売します。それぞれ、カメラ単体と映像を手元で確認できるライブビューリモコンが付属したキット版をラインナップ。実売予想価格はFDR...

名称はPlayStation NEO? 4K対応で販売開始は2016年10月以降で価格は399ドル以上か?【リーク&噂まとめ】

大規模なイベントの開催が近づくと、製品情報のリークや噂が活発になります。実際に話題になった製品が発表されると、ネットやSNS上はさらなる盛り上がりをみせ、仮に発表されなかったとしても、次回のアナウンスに期待する声が多く寄せられるのです。これはゲームの世界に限ったことではありませんが、新型「PlayS...

SONY DSC

AV

4K/HDRの次世代高画質が身近に! パナソニックから普及価格のUHD BDプレーヤー2モデルが登場

海外を中心に徐々にタイトルが増えつつある、4K/HDR対応の次世代ディスクメディア「Ultra HD ブルーレイ」(UHD BD)ですが、これまで再生に対応している機種は、パナソニック ディーガのハイエンドモデル「DMR-UBZ1」(実売価格30万9960円)のみとなっていました。[caption ...

1604046_00_R

AV

オーバー30万円の最新テレビは4K & HDRで「明るさ表現」が異次元に突入!

フルHDの液晶テレビの中心価格帯は10万円台ですが、30万円を超える各社の4Kテレビ上位モデルは次元の違う高画質が堪能できます。各社の4Kモデルの性能を、AV評論家・藤原陽祐さんが徹底チェック!

4Kテレビがなくても使える! 4Kビデオカメラはパナかソニーで選ぶべし

最新ビデオカメラの注目は4Kモデル。4Kビデオカメラというと、4Kテレビなどの対応製品がないと購入する価値が半減すると思うかもしれません。が、実はそんなことはありません。4Kという高画質を録画するために、基本的な性能や機能が大幅に進化しており、撮った映像をフルHDテレビで鑑賞しても美しい映像を楽しむことが可能。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

AV

東芝の意気込みを感じる新4Kレグザ「Z700X」が登場! 圧倒的な精細感の8Kレグザも

今年で10周年を迎える東芝レグザは、その節目の年に相応しい最新の4K対応液晶テレビ「Z700Xシリーズ」と「M500Xシリーズ」を発表しました。久しぶりテレビの新製品発表会のうえ、発表会は社外の会場ということで、東芝のレグザにかける意気込みを感じました。

【西田宗千佳連載】「4K録画禁止」における3つの問題

「週刊GetNavi」Vol.41-4前回の連載で、「4K放送において録画ができなくなる」という話の実情を書いた。現在のペイ・パー・ビューと同じように「録画を不可能とする」フラグが導入され、番組によっては録画を不可能とする運用が可能になる、というのが技術的には正確だ。すなわち、放送内容によって録画不...

...
furugura

人気の動画ニュースVideo News

20170912_y-koba1_ic1

刻々と変化する様が感動的! 写真をつなぎ合わせる 「タイムラプス動画」を専用機能ナシで撮る方法

20170829_y-koba6_ic_R

「左折してください」が左から聞こえる!? 「日産×Bose」黄金タッグが“音の方向”で安全運転にアプローチ!

20170720_y-koba2_ic_R

話題のスマートスピーカー「LINE WAVE」をいち早く試してみたら、こうでした【レビュー動画】

VIEW ALL

インフォメーションInformation

VIEW ALL

furugura
ホンモノケイカク
GetNavi