EOS 関連記事

エントリー機ながら基本性能は充実! 高コスパな小型軽量一眼レフ「キヤノン EOS Kiss X9」

キヤノンから有効約2420万画素のAPS-CサイズCMOSセンサーを搭載したデジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss X9」が登場。エントリーモデルながら、最高ISO 25600の常用ISO感度や、上位機と同等の映像エンジンを採用するなど、基本性能を充実させている。

フルサイズ機デビューにおすすめ! 小型軽量フルサイズ一眼レフ「キヤノン EOS 6D Mark II」登場

キヤノンから、有効約2620万画素のフルサイズCMOSセンサーを搭載したハイアマチュア向けデジタル一眼レフカメラ「 EOS 6D Mark II」が登場。2012年12月に発売された「EOS 6D」の後継機種で、ボディのコンパクトさを引き継ぎつつ高性能化。キヤノンEOSシリーズのフルサイズ一眼レフで初めての、バリアングル液晶モニター搭載機となる。

約10年ぶりのリニューアル! キヤノンのフルサイズEOS用ズームレンズ2種

キヤノンのフルサイズEOSシリーズ用の標準ズームレンズと大口径広角ズームレンズが約10年ぶりにリニューアル。最新の光学設計やコーティングの採用により描写性能を向上させ、優れた操作性も追求している。[caption id="attachment_62716" align="alignnone" wid...

シリーズ初! 「デュアルピクセル CMOS AF」を搭載したキヤノン「EOS 5D Mark IV」

キヤノンは、フルサイズセンサーを搭載したデジタル一眼レフカメラ「EOS 5D Mark IV」を9月8日に発売する。価格はオープンプライスで、ボディ単体の直販価格は43万2500円(税別)。[caption id="attachment_62706" align="alignnone" width=...

キヤノンの最新“二桁機”の実力―視野率100%は精神衛生上しごく快適【EOS 80Dレビュー】

キヤノンのミドルクラスの機種は、通称「二桁機」と呼ばれることがある。それは、製品名が「EOS ●●D」と、二桁の数字だからだ。 この二桁機の源流となっているのが、2003年3月に発売された「EOS 10D」。キヤノンは、それまでにミドルクラスのデジタル一眼レフとして有効画素数300万画素の...

【動画あり】最新デジカメのスペックを、重箱の隅をつつくように検証してみた

2月に開催された「CP+(シーピープラス)」で発表となったモデルをはじめ、この春には多くのデジカメ新製品が登場しています。それぞれに特徴があり、どれも魅力的なカメラばかりですが、使い勝手を重視するなら「基本性能」に優れるモデルを選びたいところです。カタログスペックはもちろん信用できるものですが、実際...

中級クラスがコスパ最強狙い目ゾーン! 「キヤノン EOS 80D」レビュー

オリンピックイヤーである今年は、フラッグシップ機だけでなく、ミドルクラスにも注目モデルが登場。キヤノンのEOS 80Dは前モデルEOS 70DからAFなどが着実に進化しています。プロカメラマン・吉森信哉さんのインプレッションとともに紹介しましょう。

キヤノン「EOSシリーズ」は全世界の一眼レフ市場で12年連続シェアNo.1!

攻めの姿勢で画期的なカメラを生み出し続ける!8万円以下のコスパモデルや、「5D Mark III」のようにイチ早く動画機能を備えたモデルなど、キヤノンは常に一眼レフ市場に革新をもたらしてきました。その攻めの姿勢が奏功しEOSシリーズは12年連続でシェア№1を獲得。2015年に拡充されたレフラインナッ...

furugura

人気の動画ニュースVideo News

20170912_y-koba1_ic1

刻々と変化する様が感動的! 写真をつなぎ合わせる 「タイムラプス動画」を専用機能ナシで撮る方法

20170829_y-koba6_ic_R

「左折してください」が左から聞こえる!? 「日産×Bose」黄金タッグが“音の方向”で安全運転にアプローチ!

20170720_y-koba2_ic_R

話題のスマートスピーカー「LINE WAVE」をいち早く試してみたら、こうでした【レビュー動画】

VIEW ALL

インフォメーションInformation

VIEW ALL

furugura
ホンモノケイカク
GetNavi