AV
カメラ
2017/5/1 17:02

癒し系プロレスラーが最新カメラで撮影したらどうなった? 最旬ユニットCHAOSメンバーのオフショット画像&動画を大公開

GetNavi web×新日本プロレス コラボ連載

YOSHI-HASHI選手が自慢のカメラワークで誕生日パーティを撮影!

20170409-s2-2

新日本プロレスの大人気ユニットCHAOS(ケイオス)の日本人メンバーが集結し、外道選手の48歳を祝うサプライズパーティに密着する本企画。石井智宏選手料理企画矢野 通選手スイーツ企画に続き、連載3回目となる今回は、YOSHI-HASHI選手がパーティの撮影係を担当します。最新のカメラを使ってパーティの映像を撮影するとともに、インスタントカメラで撮影した写真を外道選手にプレゼントする予定。新日本プロレスの動画配信サイト 新日本プロレスワールドで「ヨシハシカメラ」として、CHAOSメンバーの動画をアップしているだけに、その腕前が期待されます。果たしてどのような映像が撮れたのか、以下でレポートしていきましょう!

 

 

PROFILE

20170430-s1 (10)

YOSHI-HASHI(ヨシ=ハシ)

少年時代からレスリングのキャリアを積み、アニマル浜口トレーニングジムでプロレスの基礎を学ぶ。07年2月の入門テストに合格し、新日本プロレスへ入門。08年7月、内藤哲也戦で念願のデビューを果たした。その後は、Jr.ヘビー級戦線に身を投じ、09年12月の大阪大会で、IWGP Jr.タッグ王座に初挑戦。2010年5月、「BEST OF THE SUPER Jr.XVII」に初エントリー。大ベテランのAKIRAから白星をあげた。「SUPER Jr.」最終戦で無期限のメキシコ遠征を表明。1年半に及ぶ海外遠征を経てヘビー級へ転向し、12年1月4日東京ドームで凱旋。髪を金髪に染め、YOSHI-HASHI の名で新日本プロレスのヒールユニット“CHAOS(ケイオス)”に入り、本格始動した。新必殺技は「カルマ」。天然キャラとしても知られ、「CHAOSの癒し系」と称されることも。

YOSHI-HASHI 選手のTwitterはコチラ

 

普段はソニーのカメラでメンバーのオフショット動画を撮影

20170430-s1 (5)

――YOSHI-HASHI選手は、動画サイト・新日本プロレスワールドで「ヨシハシカメラ」として公開されている動画を普段から撮影されているんですよね。

 

YOSHI-HASHI はい。いつもビデオカメラを持ち歩いてCHAOSのメンバーのオフショットを撮っていますね。

 

――どういったカメラで撮影しているんですか。

 

YOSHI-HASHI カメラはソニーの HDR-CX670を使ってます。新日本の備品ですね。コンパクトだし、ブレないのはいいですね。

 

――「空間光学手ブレ補正」を採用している機種ですね。夜景や暗い場所での撮影でノイズを低減して鮮やかな映像が撮れる「Exmor R CMOSセンサー」も特徴だとか。

 

YOSHI-HASHI なるほど、そうなんですね。たしかに移動のバスの中は薄暗いんですけど、結構キレイに撮れています。

 

――普段はどれぐらいの時間、撮影しているんですか?

 

YOSHI-HASHI 移動中とか、撮れるときはできるだけ撮影するようにしています。バッテリーは2つを入れ替えて常にバスのコンセントで充電して使ってます。でも、たくさん撮影しても、ほとんど使えないことが多いですね。みんな放送禁止用語とか平気で言っちゃうんですよ(笑)。

 

「ライカ ゾフォート」は味のある画が撮れる

お試しアイテム その1

ライカ ゾフォート

20170430-s1 (3)

実売価格3万4560円

ライカならではのスタイリッシュなデザインが特徴のインスタントカメラ。できる限り内蔵フラッシュを作動させずに自然光を活用する自動モードのほか、「パーティー&人物」、「スポーツ&アクション」などシーンごとに選べる基本撮影モードを用意。さらに二重露光、長時間露光というクリエイティブな撮影モードや、手動での撮影距離も選択可能なため、自由度の高い撮影が楽しめます。

20170430-s1 (6)

――そんなYOSHI-HASHI選手に今回試していただくのが、ドイツの名門カメラメーカー、ライカのインスタントカメラ「ライカ ゾフォート」です。

 

YOSHI-HASHI インスタントカメラでは撮ったことないですね。初めてです。さすがに普段、選手同士で撮るってことないですから(笑)。でもインスタントカメラといえば、富士フイルムのチェキが有名ですよね。あれとどこが違うんですか?

 

――このカメラは、ライカらしいクールなデザインと、撮影モードが充実しているのが特徴です。基本モードのほかに「二重露光」、「長時間露光」といった撮影モードを搭載していて、露出補正もできます。まさに「大人のインスタントカメラ」ですね。

 

YOSHI-HASHI まず、見た目がカッコイイですよね。ここを押せばいいんですよね(と、シャッターを切る)。すげえ!(笑) すぐ出てくるんですね! 白いですけど、これ、しばらく待つんですよね。

20170430-s1 (11)

――置いておくとゆっくり絵が出てきます。

 

YOSHI-HASHI ホントだ! だんだん出て来た。なんだか味のある写真が撮れますね。

 

――たしかに、「写真」というよりは、「作品」といいたくなる出来ですね。コントラストが強いので、影がはっきり出ている点が印象に残ります。

 

YOSHI-HASHI スタジオで撮ったちょっと失敗したような写真でも、なんとなくおしゃれに見えます。これはいろいろと試したくなりますね。あとでみんなを撮ってみます!

20170430-s1 (7)

20170430-s1 (12)

 

カシオEX-FR200だと大きな選手でも全身を撮影できる

お試しアイテムその2

20170430-s1 (4)

カシオ

エクシリム EX-FR200

実売価格4万4980円

画角185°の全天周単焦点F2.8 レンズを搭載したアウトドア向けデジタルカメラ。カメラ部とモニター兼コントローラーが分離するため、フリースタイルでの撮影が可能。マルチアングルスティック EAM-4(実売価格6020円)、マルチアングルグリップ EAM-2(実売価格1850円)などの各種アタッチメントを利用することで、さまざまな場所に装着して撮影できます。

 

――続いてカシオEX-FR200。パノラマ撮影、超広角撮影など、いろいろな撮影を楽しめるカメラです。

 

YOSHI-HASHI こういうのを外国の人が持っているのをたまに街で見かけますね。これはどこがスゴイんですか?

20170430-s1 (2)

――オプションパーツが豊富なのが特徴ですね。マルチアングルベルトセットEAM-3(実売価格2710円)を使えば、手首や頭にも付けられるので、自転車に乗りながらでも使用できるそうです。

 

YOSHI-HASHI それを僕が頭につけると完全に不審者ですよね(笑)。でも頭に付けてプロレスをしたら面白いかも。あっ、でも、プロレスをしていたらすぐ飛んでいっちゃうか……。

 

――あとは、こちらのマルチアングルスティックを使えば、高いところや、普段撮れない角度からも撮影できますよ。

20170430-s1 (9)

YOSHI-HASHI うわっ、すごい! カメラとモニターが分離して、遠隔操作できるんですね!

 

――バーを伸ばしたり、角度をつけたりすることで、多彩なアングルの撮影ができます。では、こちらを使ってパーティの撮影をお願いいたします!

 

YOSHI-HASHI じゃあ、基本はこれで撮影しながら、合間にさっきのインスタントカメラで撮影しますね!

20170409-s2-3

その後、2台のカメラを手に撮影を続けたYOSHI-HASHI選手。途中、「じゃあ俺が撮るから!」と邪道選手が撮影に加わり、「いいねえ、上脱いでみよう! いいねえ!」と、なぜか選手のグラビア撮影がはじまる一幕も。

 

――ではYOSHI-HASHI選手、使ってみた感想はいかがですか?

 

YOSHI-HASHI 思ったより軽いし、操作も簡単ですごく使いやすいですね。特に、高さをつけて上から撮れるのはいいです。例えば、いつも移動のバスの中では立ち上がって撮影しているんですが、これがあれば席に座ったままバス全体を撮れます。あとレンズが広角だから、オカダとか、でかい選手も全身が入るのはうれしいですね!

20170430-s1 (8)

 

YOSHI-HASHI選手が撮影したパーティ準備の映像はコチラ

 

外道選手にメッセージを添えた写真をプレゼント

やがて、外道選手のサプライズ誕生パーティがスタート。YOSHI-HASHI選手はライカ ゾフォートで撮影したCHAOSメンバーの写真に、メンバーからの直筆メッセージを添えてプレゼントしました。

20170430-s1 (13)

YOSHI-HASHI 外道さん、これ、どうぞ!

 

外道 なんだよこれ……こんな写真、いらないよ(笑)。

 

……と、写真を投げ捨てた外道選手でしたが、どこかうれしそう。その後、写真を拾い集め、少し照れながらじっくりと写真を見て、「俺も撮られてるじゃねえか!」とご満悦でした。

20170430-s1 (1)

こうして、YOSHI-HASHI選手による写真のプレゼントも大成功! 次回は、30年来のパートナー、邪道選手の手紙のプレゼントと、後藤洋央紀(ひろおき)選手の歌のプレゼントの様子をお届けします。お楽しみに!

20170409-s2-8

20170409-s2-12

【試合情報】

濵かつ Presents レスリングどんたく 2017
5/3(祝)@福岡・福岡国際センター
OPEN 15:30/START 17:00

 

鉄拳7 Presents BEST OF THE SUPER Jr.24
6/3(土)@東京・国立代々木競技場 第二体育館
OPEN 15:30/START 17:00

 

保険見直し本舗 Presents DOMINION 6.11 in OSAKA-JO HALL
6/11(日)@大阪・大阪城ホール
OPEN 14:30/START 16:00
※最新情報は新日本プロレス オフィシャルサイト

 

撮影/黒飛光樹(TK.c)、石上 彰(gami写真事務所)