AV
オーディオ
2017/8/24 12:29

“木”が奏でる音色で生活を彩る――ウッドコーンシリーズの新スタンダードJVC「EX-S55」

JVCケンウッドは、JVCブランドより、“木”を振動板に採用した独自の「ウッドコーンスピーカー」を搭載したミニコンポ「EX-S55」を9月上旬より発売します。カラーは、インテリアになじみやすいシックなブラックとブラウンの2色。実売予想価格は5万5000円前後(税抜)。

20170824-i01 (2)

20170824-i01 (3)

 

EX-S55は、従来のフラット&ロースタイルデザインを踏襲しながら、ウッドコーンの高音質技術をさらに追求した新スタンダードモデル。従来のCD、Bluetoothに加え、FLAC/WAVファイルのUSB再生にも対応し、ハイレゾ音源をはじめ様々な音楽ソースが1台で楽しめます。

 

ウッドコーンスピーカーは、定位感のよさとキレのある表現力を可能にする8.5cmフルレンジユニットを採用。スピーカーユニット後部にウッドブロックを装着して不要な振動を低減するとともに、内部のバスレフの長さを最適化しています。また、内蔵するフルデジタルアンプを改良しノイズを軽減することで、より自然でなめらかな音場と豊かな音楽表現を実現。楽器と同じように木で作られたウッドコーンならではの、ナチュラルな音色が楽しめます。

20170824-i01 (1)

 

CDやAM/FMラジオ放送のほか、Bluetoothによるワイヤレス再生や、USBメモリに保存した192kHz/24bitまでのFLAC/WAVなどのハイレゾ音源の再生が可能。CDやラジオのUSB録音も行えます。

 

本体のボトム部やシャーシ部に使用する微細なパーツ類は、異種金属を組み合わせて使用し、共振を分散させることで振動を抑制。また、電源回路部品にも徹底した振動対策を施し、広い音場空間表現と高解像度な音楽再生を可能にしています。

 

幅広い音源の再生が可能なウッドコーンシリーズの新スタンダードモデルで、大好きな音楽をじっくり楽しんでみてはいかがでしょうか。