AV
2017/9/18 16:00

Xシリーズ初の“等倍マクロ”に対応! フジノンレンズに80mm F2.8の中望遠マクロレンズが新登場

35mm判換算で122mm相当をカバーする開放F値2.8の中望遠マクロレンズ「フジノンレンズ XF80mmF2.8 R LM OIS WR Macro」が新登場。Xシリーズ用交換レンズで初めて等倍撮影に対応し、テレコンバーターも装着できる。11月発売予定で、価格は税別16万8500円。

20170914suzuki01

ピントが合った部分の高い解像感と豊かなボケ味を生かした撮影が楽しめる。花などのネイチャーフォトにおすすめ。

 

■高画質な等倍マクロ撮影が可能

非球面レンズ1枚、EDレンズ3枚、スーパーEDレンズ1枚を採用した12群16枚のレンズ構成で、諸収差を補正。フォーカスレンズ群を2つに分け、撮影距離に応じて連動して駆動させるフローティングフォーカス方式により、収差が顕著に現れるマクロ撮影でも高解像な画質が得られる。

 

■5段分の手ブレ補正効果

手ブレ補正機構は、角度ブレに加えて、マクロ撮影時に大きく影響する水平・垂直方向のシフトブレにも対応。5.0段分の手ブレ補正効果を発揮し、手持ち撮影をサポートする。

 

■アウトドア撮影も安心

鏡筒の11か所にシーリングを施した防塵・防滴構造と、-10℃までの耐低温構造。レンズ前玉には撥水・防汚効果に優れたフッ素コーティングも施している。防塵・防滴構造のミラーレス一眼カメラ「X-T2」や「X-Pro2」と組み合わせれば、悪天候時の屋外撮影にも心強い。

20170914suzuki02

「X-T2」装着時。

 

■フォーカス性能

AF駆動にはリニアモーターを採用し、高速で静かなAFが可能。フォーカス時もレンズの全長が変わらないため、被写体に近づいてマクロ撮影が楽しめる。

 

※なお、「X-Pro1」「X-E1」「X-M1」「X-A1」「X-A2」「X-E2」「X-T1」「X-T10」「X-A3」で本レンズのAF性能を十分に発揮させるには、カメラ側のファームアップが必要。ファームウェアは2017年11月下旬に公開を予定している。

 

■テレコンバーターに対応

テレコンバーター「XF1.4X TC WR」装着時は焦点距離112mm(35mm判換算 171mm相当)・開放F4、「XF2X TC WR」装着時は焦点距離160mm(35mm判換算 244mm相当)・開放F5.6の望遠マクロレンズとして使用できる。

 

■主な仕様

●マウント FUJIFILM Xマウント ●焦点距離 80mm(35mm判換算 122mm相当) ●レンズ構成 12群16枚(非球面レンズ1枚、EDレンズ3枚、スーパーEDレンズ1枚) ●絞り羽根枚数 9枚(円形絞り) ●画角 20.1° ●開放絞り F2.8 ●最小絞り F22 ●最短撮影距離 25cm ●最大撮影倍率 1倍 ●フィルター径 φ62mm ●サイズ(最大径×全長) φ80×130mm ●質量 200g ●付属品 レンズフロントキャップ FLCP-62II、レンズリアキャップ RLCP-002、レンズフード、レンズポーチ、ラッピングクロス

TAG
SHARE ON