AV
カメラ
2017/10/17 16:00

待ち遠しいカメラが出てきた! 3軸ジンバルで手ブレを徹底的に抑えるスティック型カメラ「Removu K1」

旅行やスポーツ観戦といったイベントの記録ビデオを撮るとき、どうしても気になってしまうのが手ブレ。いつでも思いついたときにパッと取り出して撮影できるスマートフォンは便利ですが、小さくて軽いぶん、動かすと大きくブレてしまいます。手ブレを減らすスタビライザーをいちいち持ち歩くのも手間。

 

そんなカジュアル志向なビデオ愛好家にピッタリなのが、内蔵された3軸ジンバルでしっかりと手ブレ振動を減らしてくれるコンパクトなスティック型カメラの「REMOVU K1」です。

20171012_kubo06

Indiegogoで予約発売されているこちらのプロダクトは1つ約3万4000円からとなっており(発送料別)、10月12日の時点では1000人以上の予約者によって2500万円以上の開発資金が集められています。「高性能なブレなしビデオ」と「コンパクトかつ使いやすい」というのが人気のポイント。

 

 

ジンバルとはカメラ自体の傾きを感知して自動的に傾きを調節してくれる装置のこと。REMOVU K1もよく見ると、カメラが付いている先端部が動くようになっています。

 

20171012_kubo08

 

3軸によるジンバルが傾きを調節してくれることで、動きながら撮影しても手ブレや振動を減らしてくれるわけです。

20171012_kubo01

 

百聞は一見にしかず。下の動画はプロトタイプ段階のREMOVU K1で撮影された映像です。どうでしょうか? スムーズ加減が素晴らしいですね。

 

右下の設定ボタンを押すと画質が選べますが、4Kまであるのに気づきましたでしょうか? 安定した映像をただ気軽に撮れるだけでなく、4K(30fps)での撮影も可能。多くの被写体を捉えるために、REMOVU K1はカスタムデザインのF2.8広角レンズを装着しているとのことです。

20171012_kubo07

映像的にも満足がいくものになっているようです。ビルトインのマイクが音を拾ってくれますが、必要であれば3.5mmジャックに外付けのマイクを差し込むことも可能。「フルHD・120fpsでスーパースローモーションも撮影ができる」ということなので、色々な瞬間を捉えることができそうですね。

 

ユーザーフレンドリーなデザインが大ウケ

しかしREMOVU K1が人気を呼んでいる最大の理由は、上記の性能をコンパクトかつ使いやすいデザインに仕上げたからでしょう。持ちやすいスティック型に1.5インチのLCDスクリーンが付いているので、撮影したものもすぐに確認することができます。重さはなんと340g。常にカバンに忍ばせておいても苦になりませんね。

20171012_kubo03

 

充電はUSBケーブルなので、外出先で「充電アダプター忘れた!」ということにもならなそうです。一度満タンに充電すれば4時間は撮影ができるというバッテリー性能も嬉しいですね。

20171012_kubo02

 

さらに、ボタン1つでカメラがユーザーの方向を向いて「セルフィー」モードになります。これがあればセルフィー棒もいりませんし、同じデバイスを持ったまま、ビデオ・写真撮影を続けられます。アプリを使えば遠隔操作も可能。タイマーを使って撮影をするとき、ボタンを押して走る必要もありません。

20171012_kubo04

IndiegogoやTwitterにも「これは素晴らしいプロダクト」「使うのが待ちきれない」といった興奮のコメントがたくさん書き込まれています。

 

機能や性能がこれだけ安定していれば、旅行中にRemovu K1を自分に向けて歩くだけでテレビの旅番組のような映像が作れそうですよね。思い出作りにも大いに役立ちそう。発送は来年1月の予定。ユーザーたちの映像がネットに登場するのが待ち遠しいですね。