AV
2018/10/23 19:15

日本発世界でバズ中のガジェット「WEAR SPACE」、海外勢からは「馬か!?」の総ツッコミ

日本でも海外でも、フリーランスの方たちがインターネットを通して単発の仕事を請け負うギグ・エコノミーがどんどん拡大しています。それに伴って増えているのが、広いスペースを大勢のメンバーと共有するWeWorkのようなシェアオフィス。カフェや図書館といった、ほかの場所でもラップトップを開いて仕事をしている人を見かけますよね。

 

「勉強ができるカフェ」と検索すれば、数千万件の検索結果が出てきますが、ここからは多くの人たちが集中して作業できる場所を探していることが伝わってきます。そんなノマドワーカーたちの役に立ちそうなプロダクトが最近、日本のクラウドファンディングサイトGREEN FUNDINGに登場して話題を呼んでいます。その名も「WEAR SPACE」。

本製品は、パナソニックの子会社ShiftallとパナソニックのクリエイティブチームFUTURE LIFE FACTORYによる共同プロジェクト。ユーザーの集中力を高めるために、視界を狭める仕切りとノイズキャンセリングのヘッドフォンが一体となっていることが特徴。「オープンな空間にいながらも、WEAR SPACEを身に着けることで、瞬時に周囲との境界を作り出し、心理的なパーソナル空間を生み出します」と、そのクリエイターは説明しています。

 

たしかにカフェやシェアオフィスでは周りの人たちが会話をしていたり、大きな音楽が流れていたりと気が散ることが多いですよね。図書館のような静かな環境でも、利用者が立ち上がったり、他人の囁き声などが聞こえてきたりと、静かな場所は静かな場所特有の気が散る要因があるわけです。

そこで、ユーザーが目の前の作業に集中できるように、WEAR SPACEは水平視野を約6割カット。ありがたいことに、周囲の状況に応じて3段階に変更できるノイズキャンセリングも搭載しています。Bluetoothも搭載しているので音楽やホワイトノイズを聴くことも可能。

 

日本のメディアでもさっそく話題になっていますが、海外メディアでも面白いプロダクトとして取り上げられています。いったい外国人はどのようにWEAR SPACEを見ているのでしょうか?

  1. 1
  2. 2
全文表示