AV
カメラ
2016/5/13 21:58

高画質・超望遠・4K動画を全部備えた欲張りカメラ! ソニー「RX10M3」

1.0型センサーと大口径ズームで高画質撮影を実現するソニーのRX10シリーズが、24~600ミリ相当の高倍率ズームを手に入れ進化。幅広い撮影が楽しめるRX10Ⅲの魅力を紹介しよう。

gn160513-07 (1)
ソニー サイバーショットRX10Ⅲ
5月20日発売予定
実売予想価格17万円前後

 

大口径高倍率ズームが撮影範囲をグッと広げる

ソニーRX10は、1.0型センサーと大口径ズームレンズを搭載し、幅広いシーンで活躍できる一眼ライクなコンパクト機だ。その3代目となるRX10Ⅲは、RX10Ⅱの1.0型メモリー一体積層型CMOSセンサーは受け継ぎながら、レンズはバリオ・ゾナーT*24~600ミリ相当の高倍率ズームを内蔵。明るさもF2.8-4.0の大口径だ。約4.5段分の効果がある手ブレ補正機構も搭載し、超望遠域でも手持ち撮影が行なえる。また、大きさはRX10Ⅱよりわずかに大きく、重くなっただけで、超望遠撮影でも高い機動力が得られる。

 

なお4K動画や最大960fpsのスーパースローモーション、約0.09秒の高速AFなどはRX10Ⅱを踏襲。またRX10Ⅱも併売される。スポーツや野鳥、飛行機など超望遠での撮影がメインで、テレ側でも明るく、しかもコンパクトで高画質、という欲張りな人に注目のカメラだ。

 

24~600ミリ相当の大口径ズームを採用
大口径の光学25倍ズーム。もちろんツァイスT*だ。スーパーED ガラス1枚やED非球面レンズ2枚を含むEDガラスを8枚も使用。高度非球面レンズも採用し、小型化と高い描写力を両立した。

gn160513-07 (2)

 

積層型センサーが高速性能を支える
メモリー一体積層型センサーにより、1/32000秒シャッターや最高14コマ/秒の高速連写が可能。電子シャッター使用時でもローリングシャッター現象が起きにくく、960fpsのスーパースローモーションも可能だ。

gn160513-07 (3)

 

防塵・防滴構造でフィールド撮影も安心
ボディは防塵・防滴に配慮して設計されている。雨や砂ぼこり、水しぶきがかかるような場合でも心強い。スポーツや野鳥などフィールドでの超望遠撮影で、安心して被写体に集中できる。

gn160513-07 (4)

 

本格的な4K動画で静止画切り出しも可能
画素加算のない全画素読み出しの4K動画に対応。4Kに必要な画素数の約1.7倍の情報量を凝縮するオーバーサンプリング効果により、高い解像力が得られる。829万画素の静止画切り出しも可能だ。

gn160513-07 (5)

 

解説/藤井智弘