AV
2016/7/8 11:21

富士フイルムXシリーズもうひとつのフラッグシップモデル「X-T2」

富士フイルム「X-T2」は、有効2430万画素のAPS-CサイズCMOSセンサーを搭載し、センターファインダースタイルを採用したミラーレスデジタル一眼カメラ。2016年3月に発売された、ハイブリッドマルチビューファインダーを搭載した「富士フイルム X-Pro2」とともに、Xシリーズのフラッグシップ機の両翼を担うモデル。直販価格は 16万9500円(ボディのみ/税別)。

↑X-T2(ボディ)
↑X-T2(ボディ)

 

描写性能
X-Pro2と同じ有効2430万画素のAPS-Cサイズ「X-Trans CMOS III」センサーを搭載。非周期性の高い独自のカラーフィルター配列により、光学ローパスフィルターなしでモアレや偽色の発生を抑え、解像感の高い画像が得られる。高速画像処理エンジン「X-Processor Pro」との組み合わせにより、写真・動画ともに、色再現、階調再現に優れ、高感度・低ノイズの高画質を実現。ISO感度は常用ISO 200~12800に対応し、拡張ISO 100/25600/51200も設定できる。

 

AF性能
AF測距点を従来モデルの49点から91点(最大325点)まで大幅に拡大。全画面の約40%(画面中央部49点)を像面位相差AFエリアとすることで、より多くのシーンで高速・高精度な位相差AFを生かすことができる。また、高速演算処理とアルゴリズムの改善によりAFの基本性能が大幅に向上。AF-C時の動体追従性能をより高精度にするため「AF-Cカスタム設定」機能を搭載し、撮影シーンに合わせた5つのプリセットに加え、「被写体保持特性」「速度変化追従性」「ゾーンエリア特性」の3要素を細かく設定することもできる。

 

ファインダー
236万ドットの有機EL電子ビューファインダーを搭載。ファインダー倍率0.77倍、表示タイムラグ0.005秒を実現し、最大画面輝度は従来モデル比約2倍に向上。自動明るさ調整機能により、逆光時などでもファインダーの視認性の低下を防ぐことができる。フレームレートはノーマルモードで60フレーム/秒、ブーストモードで100フレーム/秒の滑らかな表示を実現。ライブビュー表示の並列処理やシャッターチャージの高速化などにより、ブラックアウト時間を従来モデル比で半分以下に短縮し、5コマ/秒のライブビュー連写に対応する。

20160708-i01 (7)

 

動画撮影機能
Xシリーズ初となる4K動画撮影に対応。4K映像(3840×2160ピクセル)に必要な画素数の約1.8倍、フルHD(1920×1080ピクセル)も約2.4倍の情報量から凝縮し、モアレやジャギーの少ない高画質を実現。4K動画、フルHD動画ともに100Mbpsの高ビットレート記録に対応し、静止画撮影で好評のフィルムシミュレーションもそのまま動画撮影に適用できる。映像制作の現場の要望に応え、4K映像のHDMIクリーン出力やLogガンマ「F-Log(エフログ)」にも対応する。

 

ボディ
ボディ筐体はすべてマグネシウム合金を採用し、小型軽量ながら高い堅牢性と耐久性を実現。63か所にシーリングを施した防塵・防滴構造と、-10℃までの耐低温性能も備えている。また、SDカードを2枚挿入できるデュアルカードスロットを装備し、両スロットとも高速にデータ書き込みできるUHS-II規格に対応する。背面液晶はXシリーズ初となる3方向チルト方式を採用し、横位置撮影時の上下チルトに加え、縦位置撮影時も上方向にチルトできる。

20160708-i01 (2)

 

その他の機能
起動時間約0.3秒、撮影間隔0.17秒、シャッタータイムラグ0.045秒など、基本レスポンスを極限まで短縮。フィルムシミュレーション機能に、滑らかな階調と引き締まった黒、美しい質感のモノクロ写真表現ができる「ACROS」モードを搭載。フィルム写真の粒状感を再現する「グレイン・エフェクト」機能と併用することで、フィルム写真のような効果を手軽に再現できる。

 

主な仕様
有効画素数 約2430万画素
撮像素子 23.6×15.6mm(APS-Cサイズ)X-Trans CMOS IIIセンサー
マウント FUJIFILM Xマウント
ISO感度 ISO 200~12800(拡張ISO 100/25600/51200)
シャッター速度 30~1/8000秒(電子シャッター 1~1/32000秒)
ファインダー 0.5型 約236万ドット 有機ELファインダー [倍率]0.77倍
液晶モニター 3.0型 約104万ドット TFTカラー液晶モニター(3方向チルト式)
記録媒体 SD/SDHC/SDXCメモリーカード(UHS-II対応)
サイズ(幅×高さ×奥行き) 約132.5×91.8×49.2mm(最薄部35.4mm)
質量 約457g(本体のみ)/約507g(バッテリー、メモリーカード含む)
付属品 充電式バッテリーNP-W126S(リチウムイオンタイプ)、バッテリーチャージャーBC-W126、クリップオンフラッシュEF-X8、ショルダーストラップ、ボディキャップ、ストラップリング、ストラップリングカバー、ホットシューカバー、縦位置パワーブースターグリップ用端子カバー、シンクロターミナルカバーストラップリング取り付け補助具 ほか

 

X-T2 / XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS レンズキット
2016年9月発売予定
オープン価格(参考価格:税別 20万9500円)
標準ズームレンズ「フジノンレンズ XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS」が付属する。

20160708-i01 (3)
↑レンズキット(フジノンレンズ XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS装着)

 

アクセサリー
防塵・防滴・耐低温に対応した縦位置パワーブースターグリップ「VPB-XT2」(税別 4万3000円)を用意。バッテリーを2個装填でき、カメラ側のバッテリーと合計3個で最大約1000枚の撮影が可能。ブーストモードでは連写性能、撮影間隔、レリーズタイムラグ、ブラックアウト時間などのパフォーマンスが向上する。また、本革製レザーケース「BLC-XT2」(税別 1万3000円)、ハンドグリップ「MHG-XT2」(税別 1万8000円)も同時発売。

20160708-i01 (8)
↑パワーブースターグリップ「VPB-XT2」

 

20160708-i01 (10)
↑ハンドグリップ「MHG-XT2」

 

【URL】
富士フイルム http://fujifilm.jp/

X-T2製品情報ページ http://fujifilm.jp/personal/digitalcamera/x/fujifilm_x_t2/