AV
2016/7/12 13:27

「0.3秒」「0.0045秒」「0.06秒」……とにかく速いフラッグシップ機・富士フイルム「X-T2」

富士フイルムは、ミラーレス一眼カメラのハイエンドモデル「X-T2」を発表しました。X-T1の後継機となるモデルで、富士フイルムの最高峰モデルX-Pro2とダブルフラグシップとなるモデルです。価格はボディのみが17万円前後(税別)、レンズキット(フジノンレンズ XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS)が21万円前後(税別)。発売はどちらも9月を予定しています。

↑X-T2(ボディ)
↑X-T2(ボディ)

 

X-T2の特徴は、約0.3秒の高速起動、約0.045秒のシャッタータイムラグ、最短0.06秒の高精度AF性能など、どの場面においても高速で対応するレスポンスの高さ。一瞬のシャッターチャンスも逃さず、高速で移動する被写体もバッチリ捉えることができます。撮像素子に2430万画素ローパスフィルターレスの「X-Trans CMOS III」と高速画像処理エンジン「X-Processor Pro」、さらに高精細フジノンレンズの組み合わせにより、高い解像感と色再現性が高く、被写体の質感や立体感を余すことなく表現します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
↑X-T2の特徴

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
↑2430万画素ローパスフィルターレスの撮像素子「X-Trans CMOS III」を搭載。高画質エンジンとの組み合わせでXシリーズ史上最高画質を実現しています

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
↑0.06秒の高速AFで、撮りたい一瞬を逃さずに撮影できます

 

4K動画対応で防滴・防塵も

さらにXシリーズ初となる4K動画にも対応。Xシリーズの静止画撮影でお馴染みのフィルムシミュレーションを組み合わせることができるので、色調や階調をコントロールしながら4Kの解像感の高い動画の撮影ができます。ボディは高機能・高性能でありながら、小型軽量化を実現。さらに防塵・防滴・耐低温-10℃を備えており、屋外での撮影に最適です。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
↑Xシリーズもついに4K動画に対応。ひとコマひとコマが写真のように美しい動画の撮影ができます

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
↑防塵・防滴・耐低温-10℃のタフネスボディ。ハードな環境化でも撮影できるので、アウトドアや登山でも安心して使えます

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
↑電子ビューファインダーは、236万ドットの視野角100%、0.77倍と、見やすい。表示タイムラグもなく、光学ファインダーと同等の使い勝手を誇ります

 

20160712-i01 (9)
↑液晶モニターは、3方向のチルト式

 

20160712-i01 (10)
↑SDカードが2枚入るデュアルスロットを採用。どちらかのカードのデータ容量がフルになったら、自動でもう1枚のカードに切り替わったり、バックアップとして保存したりできるほか、片方にRAWデータ、もう片方にJpegを記録する分割記録などもでき、さまざまな使い方が可能

 

早めの予約がお得!

プロカメラマンの要望にも応えられるほどの高い性能を備えたフラグシップ機なので、価格もハイエンドクラスですが、お値段以上の満足感を得られることは間違いなし。また、予約キャンペーンや指定のXマウントレンズの購入によるキャッシュバックも展開中ですので、興味がある方は早めに予約するとお得に購入できます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
↑予約して購入すると、もれなくプレゼントがあたります

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
↑対象のレンズを購入すると、2万円のキャッシュバックも

 

●SPEC
有効画素数:2430万画素
撮像素子:APS-C(23.6×15.6mm)
液晶モニター:3.0型(約104万ドット)
ファインダー:0.5型有機ELファインダー(約236万ドット)、視野率100%
サイズ・重さ:W132.5×H91.8×D49.2mm・約507g(付属バッテリー、メモリーカード含む)

 

【URL】

富士フイルム http://fujifilm.jp/

X-T2製品情報ページ http://fujifilm.jp/personal/digitalcamera/x/fujifilm_x_t2/