AV
カメラ
2015/9/1 11:26

画質・音声・操作性と三拍子揃ったアクションカメラ「GoPro HERO4 Session」

150819_09017_01

シリーズ最小・最軽量となるHERO4 Sessionは、手のひらにすっぽり収まるコンパクトボディながら、なんと10m防水を実現。兄弟機のハウジングの40m防水に比べて簡易的ですが、スノーケリングやサーフィンなどのマリンスポーツには十分な仕様です。

また、マイクがハウジングに遮られず、より臨場感のある音声録音が可能。しかもマイクを前後に装備し、強風時などには自動で切り替えて風切音を低減できます。

画質も技術・工学エミー賞(優れたテレビ番組、放送技術などを称える米国の賞)の受賞に貢献したGoProシリーズのクオリティをしっかり引き継ぎ、申し分なし。

4K撮影や暗所のタイムラプス撮影といった機能は非搭載ですが、兄弟機とすみ分けて小型・軽量化を追求した印象。ヘッドマウントなどで体に装着した際の存在感が少ないため、スポーツなどに一段と集中でき、決定的なシーンを撮影することが期待できます。

 

デュアルマイクで音質が向上、映像の臨場感がアップ!

150819_09017_08

GoPro
HERO4 Session
5万6160円

 

同社のHERO4 Black/Silverに比べ、50%の小型化、40%の軽量化を実現。シャッターボタンを軽く押せば電源が入って録画を開始し、長押しすればタイムラプス静止画撮影がスタートするというシンプルな操作性も魅力です。

150819_09017_02

兄弟機HERO4 Black(右)と異なるキューブ状ボディを採用。天面にシャッター/選択ボタンを備えています。

 

SPEC
●動画モード:1440p30fps、1080p60fps、720p100fps
●写真モード:シングル(8MP)、バースト、タイムラプス
●記録メディア:microSD(最大64GB)
●Wi-Fi:対応
●質量:74g

 

アクセサリーも続々登場!

多彩なアクセサリーもGoProシリーズの魅力。HERO4 Sessionと一緒に新製品が発表され、日本でも2015年7月より順次発売されています。

Floaty

150819_09017_03

HERO4 Sessionを覆うように装着して水に浮かせることが可能。水中や水辺でカメラを紛失する不安が軽減されます。

 

The Strap

150819_09017_04

手、手首、足などGoProシリーズを装着できるストラップ。ハンズフリーでセルフィーなどを撮影することができます。

 

Casey

150819_09017_05

GoPro初のトラベルケース。ボディは小雨や雪を防ぐ半硬質のシェルで、内部のパッドともにカメラなどを保護します。

 

The Jam

150819_09017_06

ミュージシャン向けアクセサリー。ギターヘッドやドラムのフープ、マイクスタンドなどにGoProシリーズを装着できます。

 

WindSlayer

150819_09017_07

風切音を軽減し、内蔵マイクの録音品質を向上させます。HERO4、HERO3+、HERO3向けアクセサリーです。

 

 

今回ご紹介した「GoPro HERO4 Session」は、フルHD撮影に対応し、デュアルマイクで音質もアップ。ワンタッチで電源オン→撮影開始と操作も簡単です。カメラ任せでよい映像が撮れるので、スポーツなどに集中したい人にオススメです。