AV
カメラ
2016/9/21 7:45

【お待たせ!】延期していたニコンのアクションカメラが10月28日についに発売!

昨日から、世界最大の写真・映像・イメージング産業界を代表するトレードショー「フォトキナ2016」がスタートしました。各社とも様々な製品を発表、参考出品しています。ニコンからは1月にCES2016で発表されたニコンのアクションカメラ「KeyMission(キーミッション)」が、「KeyMission 360」「KeyMission 170」「KeyMission 80」の3機種で登場。本来は今年の春に登場する予定でしたがソフトウェアの調整で発売を延期、満を持して10月28日に発表されることになりました。ニコンの参入で、予想通りアクションカメラ市場はますます面白くなるか!? プレスカンファレンス会場の様子を交えながら同シリーズを紹介していきましょう。

 

 

「KeyMission」シリーズの概要

09_keymission_04

「KeyMission 360」は、コンパクトボディーを実現しながら、4K UHD対応の全方位360°動画撮影が可能な本格的なアクションカメラです。優れた防水・耐衝撃・耐寒・防塵性能を発揮し、スキーやスカイダイビング、登山といったあらゆるアウトドアおよびレジャーシーンに対応。さまざまな体験を360°の全方位で記録できます。また、対応のヘッドマウントディスプレーを使用すると、バーチャルリアリティーの世界も楽しめます。

09_keymission_05

「KeyMission 170」は、超広角170°の4K UHD動画が撮影できるアクションカメラです。防水・耐衝撃・耐寒・防塵性能に加え、多彩な撮影機能と電子式手ブレ補正機能も搭載しています。超広角170°動画によって、アドベンチャーの興奮を大迫力で楽しめます。

09_keymission_06

「KeyMission 80」は、スマートデバイスでは撮影が難しい状況でも、片手のまますばやく撮影できる高い機動力と携行性が特長のアクションカメラです。防水・耐衝撃・耐寒・防塵性能を備え、海でも山でもシーンを問わず幅広く活躍します。メインカメラとは別に、自分撮り用カメラも搭載。広大な風景の中にいる自分を撮影できます。

 

「KeyMission 360」と「KeyMission 170」は、スマートデバイス専用の「SnapBridge 360/170アプリ」に対応し、静止画の自動転送のほか、スマートデバイスでカメラの設定変更やリモート撮影、画像の閲覧・編集などが行えます。また、パソコン用の専用ソフトウェア「KeyMission 360/170 Utility」にも対応しており、パソコンでの画像の閲覧・編集や、パソコンからカメラの設定変更を行うことが可能です。「KeyMission 80」は、「SnapBridge」アプリに対応しています。カメラで撮影した静止画のスマートデバイスへの自動転送などが行えます。

 

nikon01

ニコンブースのステージで開催されたプレスカンファレンス。紹介されたのはアクションカメラの「キーミッション」3機種。

 

nikon02

それぞれの「キーミッション」を使って撮影したフォトグラファーが登壇し、自身の作品とともにその魅力を語った。

 

nikon03

ステージ前に入りきらないプレスは、会場にあるスクリーンでステージの様子を鑑賞。

 

 

TAG
SHARE ON