AV
2016/9/22 6:00

LUMIX誕生15周年! パナソニックが6Kフォトと4K/60p動画対応のミラーレス一眼「GH5」を参考出展

世界最大の写真・映像・イメージング産業界を代表するトレードショー「フォトキナ2016」が、ドイツ・ケルンにて9月20日(現地時間)よりスタートしました。各社とも様々な製品を発表、参考出品していますが、パナソニックは、「6Kフォト」機能や4K/60P動画撮影機能を搭載した「GH5」と、3本のライカズームレンズを発表。今年はLUMIX誕生15周年の記念の年でもあり、アニバーサリーイヤーにふさわしい盛りだくさんの内容となりました。

 

20160921-i04 (1)

MCが会場内の期待を高める。いよいよ始まるといった感じ。

 

20160921-i04 (2)

GH5開発発表。主要なスペックのみの公表だが、注目は1800万画素の切り出しが可能な6Kフォト。そして4K/60Pの動画撮影機能など。

 

20160921-i04 (3)

ライカとの協業をアピールし、スペシャルゲストとしてライカのドクター・カウフマンを登場させたパナソニックは、3本のライカズームレンズも発表。

 

20160921-i04 (4)

カンファレンスでは2020年の東京オリンピックに向けて、8Kの開発を進めていることも示唆した。

 

20160921-i04 (5)

進化した手ブレ補正機能を搭載した「LUMIX G80」(日本国内名称:G8)を発表。国内発売は2016年10月21日。

 

20160921-i04 (6)

大口径F1.4-2.8 LEICA DC VARIO-SUMMILUXレンズと1.0型センサーを搭載した高画質コンパクトデジタルカメラ「LUMIX DMC-LX9」。

 

20160921-i04 (14)

大型1.0型センサーと24mm-480mm相当の光学20倍ズームレンズを搭載したレンズ一体型デジタルカメラ「FZ2000」(日本国内名称:FZH1)。

 

20160921-i04 (7)

カンファレンスの後に開催されたブースツアーでパナソニックのブースを見学。GH5はショーケースの中に展示されていた。

 

20160921-i04 (8)

GH5の主な機能。公開されている情報はまだ少ないものの期待は充分。今後の発表が楽しみだ。

 

20160921-i04 (9)

8-18mm、12-60mm、50-200mmの3本のライカズームレンズを発表。発売が待ち遠しいレンズたちだ。

 

20160921-i04 (10)

G80(G8)は、4Kフォトモードを活用したフォーカスセレクト&フォーカス合成モードを新たに搭載する。

 

20160921-i04 (11)

高級感漂う「LUMIX DMC-LX9」。レンスは大口径F1.4-2.8 LEICA DC VARIO-SUMMILUXを搭載する。

 

20160921-i04 (12)

開場前のタッチ&トライコーナーにずらりと並んだLUMIX。

 

20160921-i04 (13)

ブース前にはLUMIX15周年を記念してLUMIXの変遷を総覧できるパネルが展示されていた。