本・書籍
2021/2/22 6:15

さらに視聴者層が広がる「呪術廻戦」が1位−−動画配信ウィークリーランキング

エンタテイメント業界に向けたデータ×デジタルマーケティングサービスを提供するGEM Partners(ジェムパートナーズ)は、「定額制動画配信タイトルの視聴者数ランキング」を発表しました。

 

トップ10すべてがアニメ作品の中、「呪術廻戦」が1位に輝いています。

出典画像:プレスリリースより

定額制動画配信サービスにおいて、過去1週間以内にそのタイトルを観た人の多さを示す視聴者数ptランキングは、1位が「呪術廻戦」、2位は「鬼滅の刃」となりました。トップ10すべてがアニメ作品となるなど、アニメ作品が上位に入る構図は変わらず。「はたらく細胞」は5位と、大きく上昇しています。

 

海外ドラマの最高位は、11位の「ウォーキング・デッド」でした。12位に「愛の不時着」が続いています。

 

出典画像:プレスリリースより

性別で見ると、男女ともに「呪術廻戦」が1位となっています。女性は、「約束のネバーランド」「進撃の巨人」がランクアップし、「鬼滅の刃」を上回りました。「はたらく細胞」は、女性の支持が高い傾向にあります。海外ドラマでトップ20入りした作品の「ウォーキング・デッド」は男性、「愛の不時着」は女性でそれぞれランクインするなど、性別によって支持が分かれました。

 

出典画像:プレスリリースより

視聴者数の伸びが著しい「呪術廻戦」は、60代を除くすべての年代で1位となりました。「はたらく細胞」は15~19歳、20~29歳と、特に若年層で人気となっています。また、同じく若年層では「五等分の花嫁」が上昇しました。

TAG
SHARE ON