ビジネス
2020/4/13 20:00

縁がない限り使わないけど見るだけでも面白い! お札を一瞬で数える“紙幣カウンター”たち

大量のお札(さつ)を数える作業って、時間も手間も労力もかかるし、しかも正確に数える必要があるので、なかなか大変ですよね。そんな時にあると便利な、自動で紙幣の数を計算してくれる「紙幣カウンター」をご存知ですか?

 

普段からお金を取り扱う、金融、接客や物販の仕事をしている人は使っているかもしれません。これさえあれば厚い札束も、ものの数秒で計数できるちゃうんですが、馴染みのない人も多いですよね。で、意外と見るだけでも面白いんですよ、この紙幣カウンター。本記事では、Amazonなどでも手に入る普及モデルをピックアップしましたので、ぜひご覧ください。

 

目次

 


利用者以外の人も確認できる外部ディスプレイ付き


ONE STEP マネーカウンター YIWU-20190828


 

 

1分間で約900枚の紙幣をカウントできる高速紙幣カウンターです。紙幣などをセットするだけで、自動でカウントをスタート。国内紙幣や外国紙幣といったお札のほか、図書券や商品券などにも使用できます(紙の厚さによって要調整)。外部ディスプレイを使えば、利用者以外の人でも計数結果をリアルタイムで確認できます。挿入トレイのガイド幅や角度は調整可能。簡易日本語説明書付きです。

【詳細情報】
サイズ:300×255×180mm
重量:5.7kg
カラー:グレー・ブラック

 


紫外線で偽札かどうかをチェックする検知機能搭載


サンコー 電動オート紙幣カウンター紫外線偽札検知機能付 MPNYCT4T


 


 

数えたいお札の束を投入口にサッと置くだけで、お札を楽々計数。カウント数はデジタル表示で見やすく、操作もとても簡単です。お札の枚数をただ数えるだけではなく、指定した枚数で止まる「プリセット機能」、お札を分けて入れても合計枚数を計算してくれる「加算機能」、紫外線(UV)でお札をチェックする「偽札検知機能」など便利な機能が搭載されています。小型の外付けデジタルディスプレイ付き。

【詳細情報】
サイズ:330×190×245mm(本体のみ)
重量:5.4kg

 


毎分1000枚以上計数できるロングセラー商品


Cross デラックスお札カウンターセット


 


 

毎分1000枚以上の超高速計算ができるロングセラーの紙幣カウンターです。指定枚数ストップ機能付きで、商品券や外国紙幣等なども使用可能。ユーザーからも「枚数確認のため、前回の枚数表示が残されているので、2~3回数えれば間違いはなくなります。枚数設定ができ、その枚数で一時停止するので、10枚束、100枚束が簡単にできる!」「当店では毎日2~300枚前後の1万円札を数えていましたがそれがあっという間! 驚くべき時短に成功しました」と好評です。

【詳細情報】
サイズ:34×18×23cm
重量:8.0kg

 


330gと軽量な乾電池式紙幣カウンター


LAXY 携帯型紙幣計数機


 


 

ビデオカセットサイズで330g(電池含まず)と軽量な乾電池駆動の携帯型紙幣カウンター。1秒あたり19枚の計数ができ、テンキーで任意に枚数設定や計数精度の設定も可能です。コンピュータが紙幣の流れを厳しくチェックし、わずかなミスも見逃さず正確に計数します。計数異常時は、文言表示とアラーム音で通知。ホコリでセンサーが汚れてもコンピュータが自動的に感度を調整するので、安心して使えます。紙幣だけでなく商品券、図書券、封筒、はがきなども計数可能。日本語説明書と6か月の保証書が付属してます。

【詳細情報】
サイズ:195×92×51mm
重量:330g(乾電池別)

 


持ち運びしやすい専用のキャリングケース付き


Fotomus マネーカウンター


 

 

「START」を押すだけで計数を開始し、「ADD」ボタンを押すと計数結果を累積加算して表示できます。最大999枚まで加算可能。専用のキャリングケースが付属し、片手で持てて、小型軽量なので携帯性抜群。場所を選ばず使用できます。枚数指定機能付き。ギフト券、商品券、図書券、封筒、はがきなども計数できます。ACアダプター・乾電池両対応。ユーザーからは「日々の労力を考えるとコスパも良く、いい製品だったと思いました!」という声も。

【詳細情報】
サイズ:192×90×50mm
重量:320g

 

目次に戻る

TAG
SHARE ON