ビジネス
2022/5/1 19:00

bitFlyerのクレジットカードってどう? 評判やメリット注意点を解説

bitFlyer クレジットカード

bitFlyerクレジットカードは、日本初のビットコインが貯まるクレジットカードです。

大人気でスタートから3日で1万件を超える申し込みを受けています。

とはいえ、ビットコインをもらう方法やカードの機能など気になるところは多いでしょう。

そこで本記事では、bitFlyerクレジットカードの機能に触れながら、おすすめな人やメリットを紹介しました。

利用者の口コミを調査してわかったメリットや注意点は、以下のとおりです。

女性

注意点も包み隠さず公開しますよ!

bitFlyerクレジットカードに興味がある方は、ぜひ参考にしてください。

あなたがおトクに使えるのか判断できる情報を、ふんだんに盛り込んでいます。

ビットコインが貯まるクレジットカードが日本初登場!

ビットフライヤークレカ
  • 買い物すると自動でビットコインが貯まる
  • スタンダードorプラチナから選べる
  • スマートなナンバーレスカード
  • Apple PayとQUICPayに対応

bitFlyerクレジットカードの公式サイトはこちら

※この記事は、2022年4月時点での情報です。

もしbitFlyerクレジットカードが合わないと思った方は、以下の記事を参考にしてみてくださいね。

自分に合ったクレジットカードや絶対に失敗しないクレジットカードの選び方まで解説しています。
記事の詳細を見る

【結論】bitFlyerのクレジットカードはこんな人におすすめ!

ビットフライヤークレカ

画像引用:株式会社 bitFlyer

結論、bitFlyerクレジットカード以下に当てはまる人にピッタリです。

bitFlyerのクレジットカードとは「日本初のビットコインが貯まるクレジットカード」です。

2021年の12月から新生銀行のアプラスと国内で最大級の仮想通貨取引所であるbitFlyerによって提供されました。

スタンダードとプラチナの2種類から選べます。それぞれの基本情報を以下の表にまとめました。

【bitFlyerクレジットカードの基本情報】
スタンダードプラチナ
還元率0.5%1.0%
初年度年会費無料無料
2年目以降の年会費無料16,500円
付帯サービスカード盗難紛失補償カード盗難紛失補償
旅行傷害保険
ショッピングガーディアン保険
空港ラウンジ
Mastercard Taste of
Premium(優待)
ブランドMastercardMastercard
電子決済Apple Pay,QUICPayApple Pay,QUICPay

※税込料金

bitFlyerクレジットカードの仕組みや、おすすめ理由を解説します。

ビットコインを貯めたい人

bitFlyerクレジットカードを最もおすすめしたいのは、ビットコインを貯めたい人です。

スタンダードは0.5%、プラチナなら1.0%の還元率でビットコインがもらえるからです。

100万円使うと以下のビットコインが手に入ります。

【100万円使うと貯まるビットコイン】
  • プラチナ…10,000円分
  • スタンダード…5,000円分

「ビットコインに期待しているから投資したい」「ビットコインに興味があるけれど挑戦できていない」という人には、嬉しいシステムです。

女性

スタンダードは還元率があまり高くないんです……

価値が高い時期にビットコインを使えば、実質的な還元率は上がります。

実際にビットコインは2021年の半年間で2倍になった時期もあります。

【ビットコインの値動き】

ビットコインの値動き

引用:GoogleFinance

逆に価値が半分になったときは使わなければOKです。

そもそもポイントなので努力して稼いだお金が減ることはありません

また、ビットコインに期限切れはないので、ポイントの使い所が分からない方にもおすすめできます。

女性

ちなみに、2021年12月から2022年3月までは還元率が最大2.5倍になるキャンペーンを実施中です!

ビットコインをサクサク貯めたい方は、早めに申込むのが良いでしょう。

bitFlyerクレジットカードを詳しく見る

bitFlyer経由サービスの利用でさらにおトク

bitFlyerでは、経由サービスの利用によりビットコインがもらえます。

使いたい経由サービスの料金をbitFlyerクレジットカードで決済すれば、二重でビットコインが手に入ります

【経由サービスの例】
  • ドコモ光(GMOとくとくBB)
  • ピザハットオンライン
  • GEEK JOB(プログラミングスクール)
  • JTB(国内宿泊予約)
  • さとふるや楽天ふるさと納税

例えばドコモ光に申込むと、bitFlyerから7,200円相当のビットコインがもらえます

支払い方法をbitFlyerクレジットカードにすることで、月額料金の0.5〜1.0%が還元され続けるイメージです。

男性

どちらにせよbitFlyerアカウントの登録は必須なので、カードが届いたらどんなサービスがあるかのぞいてみましょう!

年間150万円以上使う人

bitFlyerクレジットカードで年間150万円以上決済すると、プラチナカードの年会費が無料です。

年会費16,500円を節約しながら、カッコいいプラチナカードが使えます。

さらに還元率1.0%なので、手間なく毎年15,000円以上のビットコインが受け取り可能です。

男性

150万円に届かなくても1年目の年会費は無料ですよ!

旅行が好きな人

bitFlyerのクレジットカードには、旅行で役立つサービスが付帯しています。

【bitFlyerのクレジットカードの付帯サービス】
サービス一覧内容
カード盗難紛失補償カードの紛失や盗難で
他人に不正利用された際の補償
旅行傷害保険旅行中の事故や盗難の被害を
最高1億円まで補償
ショッピングガーディアン保険カードで購入した商品の破損や盗難を
年間300万円まで補償
空港ラウンジクレジットカード会員向けの
空港ラウンジが使える特典
Mastercard Taste of Premiumレストランやゴルフなど幅広く使える優待

旅立つときは空港ラウンジが利用可能です。飛行機の待ち時間もくつろげます。

サービス内容は空港によってさまざまです。

【空港ラウンジのサービス例】
  • Wi-Fiやパソコンの利用
  • ドリンクや軽食の提供
  • シャワー、マッサージ機の利用
  • 新聞・雑誌などの閲覧

加えて優待サービスがあり、コスパ良く旅行を楽しめます

代表例は招待日和です。対象のレストランのコースを2名以上で注文すると、1名分が無料になります。

女性

プラチナカードの中でも安めの年会費で優待が使える点は、ビットコインに興味がなくても注目のポイントですね!

また、計3種類の保険で事故や盗難のリスクを抑えられるので、追加で高い保険に加入する必要性は薄いです。

万が一に備えながら、安心して海外旅行に出かけられます。

スタンダードにはカード盗難紛失補償以外ないので注意しましょう。

bitFlyerクレジットカードを詳しく見る

セキュリティにこだわりたい人

bitFlyerのクレジットカードはセキュリティ面も万全です。

表面にクレジット番号やセキュリティ番号の記載がないため、盗み見られる心配がありません

また、Apple PayとQUICPayに対応しているので、そもそもカードの持ち歩きが不要です。

男性

紛失して不正利用されるリスクも抑えられますね!

電子マネーを使う人

キャッシュレス決済する方ならbitFlyerクレジットカードを快適に使えます。

bitFlyerクレジットカードは非接触決済や電子マネーに対応しているからです。

【bitFlyerのクレジットカード対応のサービス】
  • Apple Pay
  • Google Pay
  • QUICPay
  • 楽天ペイ
  • 楽天Edy
女性

Apple PayやQUICPayには独自のポイントがない代わりに、bitFlyerのクレジットカードのポイントが貯まるんです。

普段からApple PayやQUICPayをご利用なら、bitFlyerのクレジットカードを追加登録&決済すると手軽にビットコインが手に入ります

「手持ちのカードが非対応」「そもそも電子マネーを使っていない」という人は、導入してみるのも1つです。

財布やカードの管理で煩わしい思いをすることがなくなります。

bitFlyerのクレジットカードのスタンダードとプラチナの違い

bitFlyerのクレジットカードのスタンダードとプラチナの違いは、以下の4つです。

【スタンダードとプラチナの違い】
スタンダードプラチナ
年会費永年無料1年目:無料
2年目以降:16,500円
→年間150万円使うと無料
還元率0.5%1.0%
付帯サービスカード盗難紛失補償のみカード盗難紛失補償
旅行傷害保険
ショッピングガーディアン保険
空港ラウンジ
Mastercard Taste of
Premium(優待)
デザインブルーブラック

ほとんどの人には還元率が高いプラチナがベストです。

還元率がスタンダードの2倍なので、十分にビットコインが増える感覚を味わえます。

年会費が気になる方は、1年目の無料期間に年間150万円使うのかを判断してみてください。

年会費がかかるタイミングで解約orスタンダードに乗り換えれば、損をしません。

男性

付帯サービスの多さや漆黒のデザインで高級感があることもプラチナの魅力です!

審査に不安があったり年間150万円使わなかったりする場合は、スタンダードもおすすめです。

bitFlyerクレジットカードを詳しく見る

評判からわかったbitFlyerのクレジットカードのメリット

bitFlyerのクレジットカードは日本初の試みなので、使い勝手に不安を感じる方もいるでしょう。

そこで、評判からわかったメリットを5つ紹介します。

生の意見を聞くと実際に使ってみるイメージが湧きやすいです。

利用するとビットコインが自動交換される

bitFlyerクレジットカードは、使った金額に応じたビットコインが貯まります

【ビットコインへの還元率】
  • スタンダード…0.5%
  • プラチナ…1.0%

一旦アプラスのとっておきポイントになり、毎月20日頃のレートでビットコインに自動で交換される仕組みです。

男性

ビットコインとして付与されるのは月末です。

身銭を切らずに手間なくビットコイン投資ができると好評でした。

特に投資にかける時間がないけれどビットコインに期待している人には、ありがたいクレジットカードです。

年間150万円以上使うと年会費無料

bitFlyerクレジットカードは、年間150万円使うとプラチナカードなのに年会費が無料になります。

一般的なプラチナカードは年会費が高額なので、非常に良心的です。

以下の表で人気のプラチナカードの年会費を比較してみました。

【プラチナカードの年会費比較】
プラチナカードの種類年会費
bitFlyerのクレジットカード プラチナ1年目:無料
2年目以降:16,500円
→年間150万円決済で無料
ANA VISAプラチナ プレミアムカード88,000円
三井住友カードプラチナプリファード33,000円(1年目無料)
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・
エキスプレス・カード
22,000円(1年目無料)
JCBプラチナ27,500円
TRUST CLUB プラチナマスターカード3,300円

※税込料金

たとえ16,500円払っても年会費が安いことが分かります。

口コミでも年会費の評価は良いです。

コスパが良いため、こだわりのカードがない方もおトクに使えます

bitFlyerクレジットカードを詳しく見る

旅行の損害保険が付く

bitFlyerクレジットカードプラチナには、旅行の傷害保険が付いています。

補償期間は、旅行開始から90日間です。補償内容は以下にまとめました。

【bitFlyerのクレジットカードの傷害保険】
海外旅行傷害による死亡・後遺障害最高1億円
(家族は1,000万円)
傷害による治療費200万円まで
疾病による治療費200万円まで
携行品の損害1旅行100万円まで
保険期間中100万円まで
賠償責任最高1億円
救援者費用500万円まで
国内旅行死亡・後遺障害
①飛行機や電車、
船に搭乗中の傷害事故
②旅館ホテルに宿泊中の火災、
爆発による傷害事故
③宿泊を伴う
募集型企画旅行参加中の傷害事故
最高1億円
①~③による入院1日あたり5,000円
①~③による通院1日あたり3,000円

※新生銀行グループ アプラスより

「短期旅行に保険は必要ない」とお考えの方でも、あるに越したことはありません。

健康保険で負担を抑えられる日本よりも海外の医療費は高額だからです。

救急車を呼ぶだけでお金がかかる国もあります。

そのため海外に行く際は、カードの2枚持ちや追加の保険加入で対策する人もいます。

また、ジェイアイ傷害火災のデータによると、旅行中の事故発生率は4.14%です。

24人に1人もトラブルに巻き込まれています。

女性

いざというときのために備えておきたいですね……

そこでbitFlyerクレジットカードがあれば、別途負担なく安心して旅行に出かけられます

保険の追加も少額で済みます。

ナンバーレスカード

bitFlyerクレジットカードは、まだまだ種類が少ないナンバーレスカードです。

通常のクレジットカードとは違い、表面に番号の記載がありません。

シンプルさとほどよいツヤが高級感を演出し、カッコいいと好評です。

また、番号の盗み見をされにくいこともメリットです。

Apple Pay,QUICPayが利用可能

bitFlyerクレジットカードは、Apple PayとQUICPayによる非接触決済が可能です。

男性

カードを持ち運ぶことなくスマートにビットコインを貯められます!

非接触決済は、Suicaやnanacoなどもまとめて管理できる便利なサービスです。

カードが増えて困っている場合は、ぜひbitFlyerクレジットカードと同時に利用してみてください。

ちなみにApple Payに登録するとアプラスのデザインで表示されるので、別のクレジットカードが出てきたと焦る必要はありません。

デザイン重視の利用者には、少し残念なポイントです。

とはいえ、非接触決済ではカードを見られないため、ほとんど問題ないでしょう。

bitFlyerのクレジットカードの注意点

bitFlyerのクレジットカードの注意点は、以下の4つです。

誤解なく使えるように、詳しく解説します。

ビットコインを貯めるにはbitFlyerのアカウントが必要

bitFlyerクレジットカードは、bitFlyerのアカウントがないと申し込めません

貯まったビットコインの振込先も登録したbitFlyerアカウントです。

そのため、他社で仮想通貨のアカウントを作りたい方は、不便に感じることもあるでしょう。

bitFlyerのアカウントを持っていない場合は、申し込みの際に新規登録を選択してください。

手順は以下のとおりです。

【bitFlyerの口座開設手順】
  1. bitFlyerクレジットカード公式ページから新規登録をタップ
  2. メールアドレスの登録
  3. パスワードと2段階認証の設定
  4. 必要な情報を入力
  5. 本人確認

なお、本人確認の方法は2パターンあります。

メインの書類に現住所が載っていなければ、補助書類が必要です。

【本人確認の方法】
クイック本人確認対面本人確認
内容自分の顔と本人確認書類を
撮影する
佐川急便の配達員が
直接確認する
本人確認書類運転免許証
マイナンバーカード
在留カード
運転免許証
マイナンバーカード
パスポート
補助書類
(本人確認書類に現住所の
記載がない場合)
国税・地方税の納税証明書
社会保険・国民年金保険領収書
公共料金の領収書

クイック本人確認なら、最短で当日中にアカウントの開設が完了し、取引できる状態になります。

本人確認が終わり次第、bitFlyerクレジットカードの申し込みが可能です。

カードの申し込み方法を詳しく知りたい方は「bitFlyerクレジットカードの申し込み方法」を参考にしてください。

bitFlyerからの出金方法

ビットコインの振り込み先がbitFlyerなので、同時に出金方法も確認しましょう。

日本円に交換してから、以下の3ステップです。

【bitFlyerからの出金方法】
  1. メニューから入出金を選択
  2. 出金先の口座を選択
  3. 出金額を入力する

基本的に翌営業日には残高に反映されます。

注意点は以下の出金手数料がかかることです。

【bitFlyerの出金手数料】
3万円未満3万円以上
三井住友銀行220円440円
その他の銀行550円770円

※税込料金

女性

手数料をかけないために、資産としての保有も視野に入れたいですね。

ビットコイン決済を導入しているお店でだけ使う方法もあります。

【ビットコイン決済ができるお店の例】
  1. ビックカメラ.com
  2. コジマ
  3. 湘南美容クリニック
  4. テックアカデミー
  5. サマンサタバサ

まだまだ導入事例は少ないですが、ビットコインへの期待が高まるにつれて増えていくでしょう。

クレジットカードの手数料3〜4%に対してビットコインなら1%で済むので、お店側のメリットも大きいです。

国際ブランドはMastercardのみ

bitFlyerクレジットカードの国際ブランドは、Mastercard一択です。

Visaと比べて加盟店が少なかったりアメリカン・エキスプレスほど旅行に強くなかったりします。

とはいえ、世界2位のシェアを誇るブランドなので、基本的には1枚持ちでも困りません。

Mastercardだけで不安な場合は、他の国際ブランドとの2枚持ちで解決できます。

【代表的な国際ブランドの特徴】
国際ブランド特徴
Visa世界No1のシェア。アメリカ方面に強い。
MastercardVisaに次ぐシェアを持つ。
ヨーロッパ方面に強い。
アメリカン・エキスプレスステータスカード。
旅行などのエンターテインメントに強い。
JCB日本初の国際ブランド。
QUICPayと一体型もある。
Diners Club富裕層向け。利用限度額なし。

弱点を補えるカードを組み合わせてご利用ください。

bitFlyerクレジットカードを詳しく見る

スタンダードはレストランの優待や空港のラウンジ利用の特典がない

スタンダードは、ほとんど特典がありません。

Wi-Fiやソフトドリンク、マッサージ機などのサービスが揃う空港ラウンジを、無料で利用できるのはプラチナのみです。

また、Mastercardによるレストランの優待もスタンダードでは使えません。

スタンダードでは旅行の損害保険が利用付帯

スタンダードには、カード盗難紛失補償が付いています。

ただし、旅行傷害保険やショッピングガーディアン保険はプラチナのみです。

スタンダードは別途保険に加入し、リスク管理する必要があります

bitFlyerクレジットカードのキャンペーン

bitFlyerクレジットカードのキャンペーン

画像引用:株式会社 bitFlyer

男性

bitFlyerクレジットカードのキャンペーンは2種類です。

実施期間は2021年12月1日~2022年3月31日23時59分です。

【bitFlyerクレジットカードのキャンペーン】
内容適用条件受け取り時期
①先着10,000名に
500円分のビットコインを付与
カードの申し込み2022年4月中旬
②期間限定で
還元率アップ
カードを申し込んで
買い物する
通常のポイントと同時

スタンダードは通常の4倍、プラチナなら2.5倍の還元率になるので、ビットコインがほしい人は見逃せません。

【還元率の比較】
  • スタンダード…0.5%→2.0%
  • プラチナ…1.0%→2.5%

支払うタイミングが自由な買い物に使うと、キャンペーン期間中におトクにビットコインが手に入ります

女性

具体的には税金の前払いとなるふるさと納税があります。

所得税や住民税はいずれ納めるので、3月までに多く支払ってもムダ使いになりません。

ちなみに以下に当てはまるとキャンペーンの対象外です。

【キャンペーンの対象にならない人】
  • bitFlyerを解約した
  • 登録したアドレスでメールが受信されない
  • 複数アカウントの申し込みや登録情報の偽りなどの不正

登録する情報を間違えないようにご注意ください。

bitFlyerクレジットカードを詳しく見る

bitFlyer クレジットカードの申し込み方法

bitFlyerクレジットカードの申し込みは以下の手順です。

申し込みから1〜2週間ほどでカードが届きます。

公式ページから申し込み

まずは公式ページから「ログインして申込」か「新規登録」を選びます。

すでにbitFlyerアカウントを持っている方は「ログインして申込」、持っていない方は「新規登録」です。

bitFlyer クレジットカード公式画像

画像引用:株式会社 bitFlyer

なお、bitFlyerアカウントの登録は10分ほどで終わる簡単な作業です。

クイック本人確認を選べば、当日中にbitFlyerクレジットカードの申し込みに移れます。

女性

クイック本人確認は書類や顔を自分で撮影する方法です。

カードの選択

bitFlyerアカウントの本人確認終了後に、カードの申し込みが可能です。

ログインしてからスタンダードorプラチナを選びましょう。

bitFlyer クレジットカード選択画面

画像引用:株式会社 bitFlyer

個人情報の扱いに同意すれば、次の画面に進みます。

メールアドレスの登録

続いて、メールアドレスを入力します。

bitFlyer メールアドレス登録画面

画像引用:株式会社 bitFlyer

大切な連絡事項が届くので、確認しやすいメールアドレスを設定してください

住所や連絡先などの個人情報の入力

次に、クレジットカードの審査や送付に必要な情報を入力します。

【入力項目】
  • お名前・住所・連絡先・家族構成
  • 職業や収入
  • 運転免許証の番号
  • クレジットカードの暗証番号
  • QUICPayカードやETCカードの要否

上記の内容を確認できる状態で入力を始めると、スムーズに終わります。

本人確認やお支払情報の登録

口座振替の登録をもって、申し込みが完了です。

郵便局の本人限定受け取りでbitFlyerクレジットカードが送付されます

bitFlyer 郵便局受け取り

画像引用:株式会社 bitFlyer

最寄りの郵便局に到着通知書が届くと連絡が入るので、窓口での受け取りか自宅への配送を指定してください。

どちらにせよカードを受け取れるのは、本人のみです。

bitFlyer クレジットカードの解約方法

bitFlyerクレジットカードを解約するときは、アプラスに電話します。

カードを手元に用意してから、以下の窓口にご連絡ください。

【解約専用窓口】
  • 電話番号:050-3497-7482
  • 受付時間:6:30~25:00

自動音声でカード番号と生年月日の入力が求められます。

解約前に疑問点を解消したい場合は、以下の窓口で質問できます。

【問い合わせ窓口】
スタンダード電話番号:0120-715-700
受付時間:9:30~18:00
プラチナ電話番号:0570-008-789
受付時間:09:30~17:30

日祝・年末年始は休みです。

bitFlyer クレジットカードのよくある質問

最後に、bitFlyerクレジットカードのよくある質問に答えます。

順番に解説します。

bitFlyer クレジットカードのスタンダードとプラチナの違いは?

bitFlyerクレジットカードのスタンダードとプラチナの違いは、以下の3点です。

【スタンダードとプラチナの違い】
  • 還元率
  • 年会費
  • 付帯サービス

スタンダードは年会費が永年無料になる代わりに、還元率が低く付帯サービスも限られます。

ちなみに、プラチナも年間150万円以上使えば年会費無料です。

詳しくは「bitFlyerのクレジットカードのスタンダードとプラチナの違い」を参考にしてください。

bitFlyer クレジットカードのキャンペーンは?

bitFlyerクレジットカードのキャンペーンは、以下の2つです。

【bitFlyerクレジットカードのキャンペーン】
  • 先着10,000名に500円相当のビットコインをプレゼント
  • 期間限定で還元率1.5%アップ

キャンペーン中の還元率はスタンダードは2.0%、プラチナなら2.5%です。

2021年12月1日~2022年3月31日まで実施されています。

活用方法や適用条件は「bitFlyer クレジットカードのキャンペーン」で紹介しました。

bitFlyer クレジットカードのビットコインの付帯日は?

ビットコインの付帯日は毎月31日(月末)です。

当月の締日に請求が確定している分のみ、当月に受け取れます。

bitFlyerクレジットカードは5日締め、当月27日払いです。

bitFlyer クレジットカードに審査はある?

bitFlyerクレジットカードには審査があります

したがって、信用情報にキズがある場合は、利用できない可能性があります。

審査期間は通常1〜2週間ほどです。

まとめ:bitFlyer クレジットカードを利用してみましょう

bitFlyerクレジットカードは、日本初のビットコインが貯められるクレジットカードです。

仮想通貨が初めての方でも、身銭を切らずにビットコインに投資できます

以下に当てはまる人には、ピッタリのクレジットカードです。

メリットもたくさんあり、特にビットコインが手に入る点や年会費については非常に好評です。

カードを作る際には、以下の注意点も押さえておきましょう。

ビットコインは、2020年から2022年にわたって400%近く成長している仮想通貨です。

「投資をしてみたいけれどリスクが怖い……」という方は、bitFlyerクレジットカードから始めることをおすすめします。

あくまでもポイントなので、レートが下がっても現金を失うことはありません

気になる場合は、以下のリンクから詳しい情報をチェックしてみてください。

bitFlyerクレジットカードを詳しく見る