マンガ
孤独のマイクラ
2019/12/1 21:00

「孤独のマイクラ」第23話「共同作業」

 

【マイクラ“ぷちコラム”】事実は漫画より奇なり

マイクラの世界では、夜になるとゾンビやモンスターが襲ってきます。なので、明かりをつけて家を襲われないようにしたり、闘って家を守ったりすることが大切。

自分の生活を悪者から守って生きていくさまは現実の生活と同じで、そこがマイクラの魅力の1つだと思います。現実の世の中には色んな人がいて、中には迷惑行為ばかり繰り返して他人に危害を加える人達もいます

 

第10話「ヤ…バ…い…隣人、現る……」で登場した隣人カップルはマンガとは年齢も顔もまったく違うのですが、マンガ以上に数十倍強烈な人達でした……(事実を事実のまま描くと過激すぎるので漫画では抑えめな内容にしました)。

 

引っ越し後に警察で話を伺ったところ、過去に何回も事件を起こして何度も警察の世話になっていた人達だったようです……。「君子危うきに近寄らず」という格言がありますが、僕は決して君子では有りませんが、それでもやっぱり危険な存在や嫌な存在には近寄らない、寄せ付けないのが一番だなぁ、と思います。

 

話が逸れてしまいましたが、これはマイクラも同じ! ゾンビやモンスターには近寄らない、寄せ付けないのが一番! そのためにはタイマツは常備…! でもね、どんなに注意していても対策していても、出会い頭的に、アクシデント的に、ゾンビやモンスターに出会ってやられちゃうときがあるんですよね……。嗚呼、何度、涙を飲んだことか。

 

というわけで、今日もマイクラをプレイしながら人生について考えるのでした。

 

第1話はこちら/連載一覧はコチラ

  1. 1
  2. 2
TAG
SHARE ON