グルメ
ファストフード
2017/6/6 19:00

バーガーチェーン各社がマクドナルド打倒に向けて始動? 「対マック商品」と話題のお得メニューたち

マクドナルドといえば安くてボリュームたっぷりのメニューを武器とする、ハンバーガーショップの最大手。現在ネット上では、各ショップが業界最大手の牙城を崩すために「対マック商品」の提供を始めたと話題を呼んでいる。

出典画像:「バーガーキング」公式サイトより

 

「対マック商品」が登場!?

バーガーキングでは5月22日から期間限定のセットメニュー、その名も「KING BOX」シリーズを展開。690円(税込)でハンバーガー+「フレンチフライ」Sサイズ+「チキンナゲット」5ピース+「ベルギーチョコレートパイ」+「ソフトドリンク」Mサイズの大ボリュームを楽しめるメニューで、ハンバーガーは「テリヤキレタスバーガー」など3種類から好きな1種類を選べる。このお得なセット内容に対してネット上では「このボリュームでこの値段、マック潰しにかかってるな!」といった反響が続出。「対マック商品」と勝手に認定されてしまうことに。

出典画像:「バーガーキング」公式サイトより
出典画像:「バーガーキング」公式サイトより

 

また、ケンタッキーフライドチキンも「カーネルBOX」シリーズを5月31日に販売開始し、「ケンタッキーまでマック打倒に動き始めたのか!」と話題になっている。こちらは、「サンドBOX」「ツイスターBOX」などの種類があり、「サンドBOX」では「チキンフィレサンド」か「和風チキンカツサンド」のどちらかをメインとして、「骨なしケンタッキー」に「カーネリングポテト」のSサイズ、さらに「ミニアップルパイ」と「ドリンクMサイズ」がついて890円(税込)。バーガーキングより多少割高ではあるものの、「ケンタッキーのセット、ボリュームあるし甘いものも付いていて大満足」と好評のようだ。

出典画像:「ケンタッキーフライドチキン」公式サイトより。
出典画像:「ケンタッキーフライドチキン」公式サイトより

 

ちなみに、ロッテリアも4月6日からボリューム満点の「ロッテリア スライダーセット」を販売している。人気商品を“プチ”化した「プチエビ」「プチ絶品」「プチてり」の3種類から2種類を選び、さらに「ふるポテ」とドリンクMがついてくるメニューで、値段は850円(税込)。そんな状況を受けて、競合するハンバーガーショップへの期待の声も続出し、「モスバーガーがいつマックに対抗するセット出すのか楽しみ」「サブウェイもやるしかないな!」と盛り上がっている。

出典画像:「ロッテリア」公式サイトより。
出典画像:「ロッテリア」公式サイトより

 

マクドナルドはボリュームで対抗?

各社がお得なセットを次々と展開していくなか、マクドナルドがどんな“反撃”に出るのかについても注目が集まっていた。そして、6月7日からマクドナルドでスタートしたのが「グランド ビッグマック」と「ギガ ビッグマック」だ。

出典画像:「マクドナルド」公式サイトより。
出典画像:「マクドナルド」公式サイトより

 

ただでさえボリューミーなビッグマックがグランドで1.3倍以上、ギガでは2.8倍以上になるメニューで、さらにフライポテトをMサイズの1.7倍、コーラをMサイズの2倍にできる「グランドセット」も+100円で楽しむことができる。なお、「グランド ビッグマック」のグランドセットは890円(税込)、「ギガ ビッグマック」のグランドセットは1100円(税込)となっている。

 

このように、最近になって熾烈な価格競争が勃発しているハンバーガー市場。これらのメニューや価格には期間限定のものも含まれているので、各チェーンがつづいてどんな戦略を打ち出してくるのか注目してみるのも、案外おもしろいかもしれない。