グルメ
2017/7/24 16:00

ホンジャマカ石塚「美味すぎて“まいう~”を忘れた」! 鎌倉の新名物「鎌倉野菜プリン」「しらすの沖漬け」の魅力

いまの時期、夏休みに向けて遠出の計画を立てている人も少なくない。関東地方で人気が高い観光地といえば鎌倉が挙げられるが、鎌倉にはお土産にぴったりの新名物が続々と生まれているようだ。

出典画像:「所さん お届けモノです!」MBS公式サイトより。
出典画像:「所さん お届けモノです!」MBS公式サイトより

 

甘みの強い鎌倉の枝豆で作ったプリンに所さんも「面白い!」

7月16日に放送された「所さん お届けモノです!」(MBS系)でも、“鎌倉の進化した新名物”を特集。なかでも反響が大きかったのが、鎌倉野菜を使ったスイーツ「鎌倉野菜プリン 枝豆」だ。1日50個限定で、昼過ぎには売り切れてしまう人気商品だという。枝豆をふんだんに使っているのだが、鎌倉野菜の枝豆は特に甘みが強いのが特徴。生クリームと練乳を混ぜた特製ソースもついており、このソースをかけることでより滑らかな味わいになるとのこと。

 

実際に食べた所ジョージは「面白い!」とその味に驚愕。出演者の小島瑠璃子もひと口食べて「好きだ」「これはスゴイ」と大絶賛していた。そして、ホンジャマカ・石塚英彦も「超まいう~! 枝豆の香りが半端じゃない」と一気食いするほど気に入った様子。ネット上でも興味を持った人は多かったようで、「なにこれ気になる!」「めちゃくちゃ美味しそう」といった声が続出していた。

 

「湘南しらすの沖漬け」は「まいう~」を忘れるほどの美味しさ!

さらに番組では、鎌倉の生しらすを使った商品「湘南しらすの沖漬け」も登場。生しらすの賞味期限は通常1日ほどで、現地で食べることはできても、なかなかお土産として持って帰るのは難しい。しかし、沖漬けにすることで1週間の保存が可能になり、自宅に持ち帰って楽しめるほか、お取り寄せもできるという。

 

こちらは年間5万個も売れる人気商品ということで、出演者たちは期待に胸を膨らませて試食にのぞんだ。同商品を美味しく食べるには「卵かけごはん」に合わせるのが一番いいそうで、スタジオには卵かけごはんが登場。さっそくしらすの沖漬けをたっぷりとご飯にのせてひと口食べた所は「うーん!」と力強く唸り声を上げた。石塚もあまりの美味しさに「自分の力では食事を止められない」「うますぎて“まいう~”って言うの忘れちゃった」と言いながらモリモリとご飯を頬張り、小島は「プルプル感が残ってるのがすごい。本当に生しらすの美味しさが残ってる!」と舌鼓。卵かけごはんのほかにも、生のきゅうりにかけたり、ふかしたじゃがいもにかけたりと様々な食べ方が楽しめるとのこと。

 

これには視聴者からも「うわー! 沖漬けの破壊力凄いな」「お取り寄せしたくてたまらない」「みんなガツガツいってるってことは本当に美味しいんだろうね。ご飯にかけて食べたい」「お腹減ってきたー!」といった声が上がっており、食欲を刺激された人も多かったようだ。

TAG
SHARE ON