グルメ
2017/7/27 17:20

スイカに「チリスパイス」だと!? 世界各国で「スイカにかけるもの」のハードルが高すぎる!

スーパーなどでも徐々に取り扱いはじめた夏の風物詩・スイカ。日本では、カットしたスイカにそのままかぶりつくというイメージが強いが、7月24日の「めざましテレビ」では世界各国の意外な食べ方が紹介された。

※画像はイメージです。
※画像はイメージです

 

スイカに塩をかけても意味がない?

「ココ調」のコーナーでは、スイカを美味しく食べる方法を徹底調査。番組が行った「夏の果物といえば」というアンケートでも78%が「スイカ」と答えるなど、日本では夏定番の果物となっている。ただ、同じ日本でも意見が分かれるのが「スイカに塩をかけるかどうか」という問題。こちらもアンケートを行い、かける派が44%、かけない派が56%と真っ二つの結果になった。

 

街頭インタビューでも「かけないで食べる人は人生4割くらい損してる」「かけないです。なんでかけるんですか?」と真っ向から意見が対立。しかし番組によると、昔は甘さの足りないスイカが多かったため塩をかけて味の対比で甘さを感じていたそうなのだが、最近では品種改良によりスイカの甘みが増加。基本的には塩はいらないそう。ただ、夏場の熱中症対策になったりと塩をかけるメリットも。また、たくさん食べたいときには味の変化を楽しめるという利点も紹介された。

 

世界の「スイカにかけるもの」が話題に!

そこで今度は外国人に「塩をかけるか」聞いたところ、アメリカやイギリスなどインタビューに答えた12か国の人はそのまま食べると回答。また、塩以外のものをかけるという国もいくつか見受けられた。

 

メキシコでは、「甘さは残っているけど辛さも味わえるんだ」と、チリスパイスをかける人がいることが判明。さらには、レモンやライムをかけるという人もいるようだ。また、インドでは「塩とコショウ」、トルコでは「塩気のあるフェタチーズ」をかけることも分かり、番組ではさっそく日本人にこの4種類を食べてもらうことに。チリスパイスを食べた人からは「辛い辛い!」、コショウは「おいしくはないです」、ライムには「凄くさわやか」「おいしい」という声が。30人中20人が「ライム」が一番合うと回答し、ぶっちぎりの1位になった。

 

SNSでもこの食べ方は話題になり、「コショウは今度やってみよう!」「チーズ旨そうだな。生ハムメロン的な感じかな?」といった声が。スイカにチーズをかけた料理はトルコ料理店でも提供しているところがあるようで、トルコでは夏の朝食の定番なんだとか。チリスパイスもスイカにかけるだけなので簡単だが、「さすがに勇気がいる」と一歩が踏み出せない人が多いよう。これからの季節、一度くらいは試してみるのも悪くないだろう。