グルメ
2017/8/8 17:00

ロールキャベツにレタスを使うIKKOさんにツッコミの声! 冷凍ギョーザのアレンジレシピが話題に!

7月27日に放送された「得する人損する人」(日本テレビ系)で冷凍ギョーザのアレンジレシピが紹介され、「夕飯食べたばっかりなのにお腹すいてきた」と話題になっている。

出典画像:日本テレビ「得する人損する人」公式サイトより。
出典画像:日本テレビ「得する人損する人」公式サイトより

 

焼きギョーザでもう一品作れちゃう家事えもんのアレンジ法!

同放送では、IKKOが所有する軽井沢の別荘を舞台に、家事えもん(松橋周太呂)とIKKOが冷凍ギョーザのアレンジレシピ対決を繰り広げることに。まず最初に家事えもんが紹介したのは「アレンジピザ」。焼き上がったギョーザのひだ部分を切り落とし、中身の餡を取り出すという衝撃のアレンジレシピを繰り出した。

 

家事えもんは取り出した餡に、切り落としたひだを細かく切って投入。さらに中濃ソース、ケチャップ、マーマレードを加えてよく混ぜ合わせていく。その後、餡を取り出した皮の上に乗せ、細切りにしたレタスと角切りにしたトマト、細切りチーズをのせて完成。ギョーザを焼く時間を除けば、所要時間はわずか3分ほどの時短レシピを披露した。

 

餃子アレンジピザを食べた陣内貴美子は、「パーティ用な感じ」「ソースもすごく合っててメキシカンな感じ」とその味を絶賛。ネットからは「餃子の皮使ったミニピザはあるけど、それよりも簡単そう」「餃子焼いてもう一品増えるのがイイネ」といった声が上がっている。実は冷凍ギョーザは下味がすでについており、面倒な下ごしらえをする必要が無い“究極の時短食材”でもあるのだとか。

 

ロールキャベツにレタスを使うIKKOにツッコミの声!

つづいてIKKOは「レンジだけで作れる超簡単ロールキャベツ」を紹介。このロール“キャベツ”には“レタス”を使うとのことで、ネットからは「IKKOさんが初手でレタス出してきて笑った」「ロールレタスやん!」とツッコミの声が。しかし、レタスを使うことで時短となり、ケチャップとソースを塗ることで苦みを消して、キャベツのような甘さが再現できるのだとか。

 

その後、冷凍ギョーザにフォークで3か所ほど穴をあけ、味をしみ込みやすくさせたIKKO。そのギョーザとレタスをレンジで2分加熱させる間、「トマトジュース」「洋風だし」「粗挽きコショウ」「めんつゆ」「乱切りにしたウィンナー」でソース作り。

 

レンチンが終わったら過熱したギョーザに「とろけるチーズ」を巻き、刻んだミニトマトと一緒にレタスで巻き、先ほどのソースに入れてレンジで3分加熱する。そして「バター」と「小麦粉」で「ブールマニエ」を作り、レンチンが終わったソースに混ぜ合わせたら完成。煮込むだけで20分かかるロールキャベツが、わずか15分でできあがった。

 

このロールキャベツ風レシピに「餃子でロールキャベツは神。その手があったか」「IKKOさん料理上手! 餃子でロールキャベツはやってみたい」「面倒臭がりの私にとって、こういう時短料理は勉強になるな~」といった声が。また「得損で見たロールキャベツを作ってみたんだけど美味しすぎた」と早速試した人の声も上がっている。

 

家事えもんがパリパリな冷凍ギョーザの焼き方を伝授!

また、アレンジレシピ対決では家事えもんが冷凍ギョーザの焼き方のコツを紹介する場面も放送された。そのコツは、餃子を蒸すときに使う“水”を“お湯”に変えるというもの。お湯にすることで短時間で水分が蒸発するため、皮がフニャフニャにならずパリパリな焼き上がりに。さらに、そのお湯に“粉チーズ”を投入することで、お湯がまんべんなくギョーザの焼き面に行きわたり、さらにパリッと焼き上がるのだとか。

 

この得ワザには、「粉チーズを足してパリパリ餃子か… これは使えるぞ!」「この間唐揚げの衣に粉チーズ混ぜたらパリパリになったのはこういう事なのね」「餃子に粉チーズほんとおいしいからおススメ」といった声が上がっていた。

TAG
SHARE ON