グルメ
2017/8/8 16:00

「全然違う!」マツコも絶賛した最上級ランクの「揖保乃糸」に「何それ食べたい」と大反響

食べると夏を感じる食品のひとつ“そうめん”。シンプルなだけに「どれでも同じ」と思っている人もいるかもしれないが、実は商品によって味はかなり違うようだ。

出典画像:「マツコの知らない世界」TBS公式サイトより。
出典画像:「マツコの知らない世界」TBS公式サイトより

 

「揖保乃糸」に最上級ランクが存在した!?

7月25日に放送された「マツコの知らない世界」では“、そうめんの世界”を特集。製麺所を回り、そうめん生産者の姿を間近で見てきたという男性・上田悠貴が登場し、おススメのそうめんを紹介した。

 

特に反響が大きかったのが「揖保乃糸」の最上級ランクである「三神」という商品。上田は小麦粉や塩などの材料が普通のものと違うと説明している。スーパーなどでよく売られているシンプルな「揖保乃糸」と食べ比べたマツコは、「普通のも美味しいけど、全然違う」「凄いね!」と驚愕。よっぽど気に入ったようで、次々と口に運び、箱に詰められたそうめんを自宅用にと確保していた。これには視聴者からも、「揖保乃糸にランクがあるなんて知らなかった! 美味しそう」「こんなにそうめんを食べたくなることってある!?」「三神ってなに、一回食べたい」と大反響が。

出典画像:「揖保乃糸」公式サイトより。
出典画像:「揖保乃糸」公式サイトより

 

さらに番組では、香川県・小豆島にある「なかぶ庵」の「オリーブ生そうめん」も紹介した。まずマツコは名前を聞いて、「生なんてあるんだ」とびっくり。上田がいうには、昔から生そうめんはあったものの、保存技術の問題で生産者しか食べることができなかったとのこと。現在は取り寄せて家庭で食べることができるようで、ひと口食べたマツコは「美味しい」「生だからモチモチしてる」と気に入った様子。

出典画像:「なかぶ庵」公式サイトより。
出典画像:「なかぶ庵」公式サイトより

 

視聴者のなかには、実際に買い求めた人もいたようで「注文したー! めちゃくちゃ楽しみ」といった期待の声や、「買おうと思ったら売り切れ! みんな番組見て食べたくなったのね」と、在庫切れで手に入らなかった人の嘆きの声も少なくない。

 

「東京サマーランド」監修の“流しそうめん器”も話題!

ちなみに、番組では本物の竹を使って大規模な流しそうめんを楽しんでいたが、4月にはタカラトミーアーツから家庭で迫力のある流しそうめんを楽しめる「ビッグストリーム そうめんスライダー エクストラジャンボ」が登場して話題に。「東京サマーランド」が監修ということで、渦を巻いたスライダープール型をしており、スライダー部分の長さは5m、高さは76cmもある。同商品に世間からは「東京サマーランド監修とか本気度が凄いww」「このスケールで家で流しそうめんができるなんて異常なワクワク感。欲しい!」といった声が上がっていた。

出典画像:「世界流しそうめん協会」公式サイトより。
出典画像:「世界流しそうめん協会」公式サイトより