グルメ
2017/8/22 20:00

うどんには「エロさ」が詰まってる!? 「ツルツル女」の新しいうどんの味わい方にネット上が騒然

8月10日深夜に放送された「ワケあり! レッドゾーン」(日本テレビ系)では、うどんにエロスを感じるという謎の女性が登場。独自の目線でうどんを楽しむようすに「最高!」との声が上がっている。

出典画像:Tatsuo Yamashita / 丸亀製麺所 (from Flickr, CC BY 2.0) ※画像はイメージです。
出典画像:Tatsuo Yamashita / 丸亀製麺所 (from Flickr, CC BY 2.0) ※画像はイメージです

 

うどんにエロスを感じる女性の正体は?

番組では「ワケあり ツルツル女」として年間500杯もうどんを食べる美女・井上こんをフィーチャー。冒頭でさっそく「うどんに大事なのは下心」という名言を放った井上いわく、「うどんは舌に絡まってくる“粘膜VS粘膜”のエロさを感じる」「食べた瞬間エロさを感じたうどんは2日連続食べにイッちゃった」とのこと。食べている量もさることながら、井上の独特な感性には「うどんにエロスを感じるってすげーな」「急にうどんがエロい食べ物に思えてくる不思議」「食べ物に下心を持てるのがびっくり」とネット上が騒然とした。

 

司会を務めるライセンスの藤原一裕も、実は週に1度はうどんを食べるうどん好きだと告白。東京では「うどん 丸香」がお気に入りだと話を振ると、井上は「いいですよねぇぇぇぇ」と即座に反応した。その後も「つるとんたん」「道頓堀 今井」「讃岐饂飩 かわばた」などいくつかの店舗名が挙がるが、井上はすべての店舗を熟知。全国のうどんを食べ歩く女の知見はさすがである。

 

“むっちり むっちゅん”なうどんがある!?

井上は、さまざまな全国のうどんのなかから福岡県の「豊前うどん」をまず紹介した。福岡県のうどんといえば、やわらかくてコシがないことが特徴。1月に放送された「ブラタモリ」(NHK)でも、タモリが「博多でないとダメ! かたいうどんなんかダメ! コシがうどんはダメ!」と熱く語っていたように、ほにゃほにゃのやわらか麺を愛する福岡県民が多い。

 

しかし、井上によると「豊前うどんは“むっちり むっちゅん”とした食感」のうどん。官能的なエロさを感じられる麺らしい。豊前うどんは2月に「カミングアウトバラエティ!! 秘密のケンミンSHOW」(日本テレビ系)でも取り上げられ、「細目で適度なコシがあってうまい」「クネクネした新食感と喉ごしが抜群」と話題になっていた。

 

井上のペースにハマったのか、北海道倶知安町の「豪雪うどん」を食べた藤原は「噛んでも逃げるから、追いかけたくなる。この野郎逃げやがって」と、うどんを人間に見立てて表現。井上も負けじと、長野県坂城町の「おしぼりうどん」に対して「どうしてやろうかコイツをっていうのが叶ううどん」とドS発言をするなど、エロ目線でのうどん談義に花が咲いていた。

 

9月30日・10月1日には、秋田県湯沢市に全国のうどんが集結する「うどんエキスポ」が開催される。また、11月18日・19日には埼玉県熊谷市で行われる「全国ご当地うどんサミット」には30店舗が出店予定。個性豊かなうどんたちのエロスを楽しみに出かけてみては?

TAG
SHARE ON