グルメ
ファストフード
2017/9/9 11:00

「“神券”としか言いようがない」お得すぎる「吉野家」と「はなまるうどん」のコラボが話題!

牛丼チェーン店「吉野家」と讃岐うどんのチェーン店「はなまるうどん」が初コラボ。9月15日からお得な割引キャンペーンがスタートすることが発表され、ネット上で「毎食うどんか牛丼になっちゃうヤバいやつだ…」と大きな反響を呼んでいる。

出典画像:「吉野家」公式サイトより。
出典画像:「吉野家」公式サイトより

 

ただでさえお得な「天ぷら定期券」がコラボ企画に

今回スタートする「はしご定期券」は、「はなまるうどん」で定期的に行われていた「天ぷら定期券」というキャンペーンが由来。こちらは300円の「天ぷら定期券」を購入してお店で提示すると、うどん1杯ごとに天ぷらが1品無料になるというキャンペーンだ。最安値の「かけ」うどん(小)を頼めば130円で110円~140円ほどの天ぷらを選択でき、しかも期間中は何度でも使えるというお得さから「神企画すぎる」と好評の声を集めていた。

 

9月15日から10月23日まで新たに実施される「はしご定期券」のキャンペーンでも、「はなまるうどん」では同様の割引が適用される。しかし、今回はコラボ企画となっていて「吉野家」で定期券を使用すると丼・定食・皿・カレーが定価から80円引きに。期間中は何杯食べてもその都度値引きされるので、まさに「使えば使うほど」お得になるキャンペーンだ。ちなみに、家族で一緒に使用すれば全員に割引が適用され、テイクアウトに使えば1回の会計で最大3食まで80円オフ。「はしご定期券」は9月1日から販売開始されるが、定期券がなくなり次第販売終了となる。

 

キャンペーンが告知されるとたちまち注目が集まり、ネット上では「うどん食べ続けて飽きたら吉野家で牛丼食えばいいわけだな。考案した人本物の天才だろ」「これはいいコラボだね。今日は牛丼、明日は天ぷらうどん、その次はまた牛丼を頼もう」「今度ははなまるだけでなく吉野家にも通い詰めることになるのか…」と大盛り上がり。

 

なお、「はしご定期券」の値段は「はなまるうどん」限定の「天ぷら定期券」と変わらない300円。この価格設定には「3、4回行くだけで元取れるなんて“神券”としか言いようがないな」「本当に正気? こんな割引して大丈夫?」と驚きの声が続出している。

 

コラボが実現した理由は?

一見、接点がないように見える「吉野家」と「はなまるうどん」。しかし「はなまるうどん」を展開する株式会社はなまるは吉野家ホールディングスの子会社で、「吉野家」と同じグループに属している。そのため、一部では吉野家ホールディングスの株主優待券を使うと「はなまるうどん」でも割引が適用されることが知られていた。

 

同グループはほかにも、持ち帰り寿司の「京樽」を展開する株式会社京樽や「ステーキのどん」を展開する株式会社アークミールなど、さまざまな飲食店を傘下に収めている。今回のキャンペーンにも「同じグループだからコラボが実現したんだろうね。次は『一口茶屋』も入れてほしい」と、さらなるコラボ拡大を願う声も。定期券でお店を“はしご”しながら、今後どんなコラボが登場するのか想像を膨らませてみるのもいいだろう。