グルメ
ファストフード
2017/10/25 11:00

”禁断のコラボ”が解禁! 「マックフルーリー パナップグレープ」をひと足お先に食べてきた

最近は企業同士のコラボレーションによる商品が続々と登場していますが、同業者によるコラボってなかなかないですよね。ある意味”禁じ手“ともいえる、斬新な企業コラボのスイーツが、2017年10月25日からマクドナルドで発売されます。

 

その名も「マックフルーリー パナップグレープ」。そう、今回マクドナルドがコラボするのは、グリコの「パナップ」なんです。まさかのアイスとアイスのコラボが実現した新商品を、発表会にてひと足お先に実食してきました!

20171024-i03 (1)

 

マックフルーリーの作り方とは?

マックフルーリーといえば、今年の夏の森永ミルクキャラメルとのコラボが記憶に新しいところ。今回のコラボはグリコからのオファーにより実現にいたったそう。しかし、オファーを持ち掛けた当初は、マックシェイクでのコラボになるだろうと、グリコ側は考えていました。それがまさかのマックフルーリーで実現することとなったのです。

 

マックフルーリーは、できたてならではの食感や舌ざわりが楽しめるのが特徴。カップに注がれたソフトクリームの上に、パナップが開発した「特製グレープソース」がかけられます。

 ↑まずは濃厚なソフトクリームをカップに入れる
↑まずは濃厚なソフトクリームをカップに入れる

 

 ↑続いて、特製グレープソースをソフトクリームの上にたっぷりかける
↑続いて、特製グレープソースをソフトクリームの上にたっぷりかける

 

その上に、マックフルーリーらしいザクザクした食感のワッフルコーンをかけて、最後に高速でかきまぜれば完成! マックフルーリーの作り方を初めて目にした筆者ですが、あのスプーンに穴が空いていたのは、この高速でのかきまぜのためだったのだと初め知りました。

 ↑ワッフルコーンはグレープソースに合うようにピンクに着色。味はついていない
↑ワッフルコーンはグレープソースに合うようにピンクに着色。味はついていない

 

↑マシンにスプーンを挿し、高速でかき混ぜる。これがマックフルーリーの醍醐味
↑マシンにスプーンを挿し、高速でかき混ぜる。これがマックフルーリーの醍醐味

 

アイスのパナップとは異なる特製ソースを開発

実は、今回使用されるグレープソースは、パナップで使われているものとは異なります。パナップ用のソースをマックフルーリーにかけても、香りの立ち方や酸味の感じ方が異なり、両社が合わないと感じたそうです。なぜなら、パナップのソースは、市販されている一般的なアイスの保管温度であるマイナス18度で冷凍されることを想定して作られているから。

 

グリコ側の商品開発者は、これまで門外不出だったレシピを外に出したくない反面、パナップのフルーツソースの良さを引き出すにはできたてのアイスに合わせるしかないと決断し、甘さや酸味、香りをマックフルーリーのクリームに合うように調整したそうです。

 

そこで完成したのが、この特製グレープソース。パナップを食べているときには感じなかった“香り”が、手元に持ってくるだけでふわりと漂ってきます。

 ↑フルーツソースへの加熱量を最小限に留めることで、フルーツの新鮮な味わいや香りをソースに閉じ込めている
↑フルーツソースへの加熱量を最小限に留めることで、フルーツの新鮮な味わいや香りをソースに閉じ込めている

 

マックフルーリーでは意外なさっぱりしたあと味

それではさっそくできたての「マックフルーリー パナップグレープ」を実食! 見た目はこれまでのマックフルーリーと同様、きれいなマーブル模様ですね。

 ↑ソフトクリームとグレープソースがきれいに混ざっていて、インスタ映えしそう
↑ソフトクリームとグレープソースがきれいに混ざっていて、インスタ映えしそう

 

ひとくち食べてみると……めちゃくちゃ爽やか! 最初にグレープの甘みや香りが口いっぱいに広がり、マックフルーリーのミルクの味がグレープの酸味を優しく包んでいきます。なかに入ったワッフルコーンの食感も相まって、食べているときの満足感があありますね。想像とは違い、食べた後の口のなかはかなりすっきりしています。

↑ソフトクリームとグレープソースが喧嘩しておらず、お互いの良さを引き出している。ワッフルコーンのザクザクした食感もアクセントになっていた
↑ソフトクリームとグレープソースが喧嘩しておらず、お互いの良さを引き出している。ワッフルコーンのザクザクした食感もアクセントになっていた

 

これまでマックフルーリーは甘すぎると感じていた人も、これなら抵抗なく食べられるはず。また、ハンバーガーやポテトでちょっとこってりした口のなかをさっぱりさせてくれるのもいいですね。価格は290円(税込)なので、いつものセットに気軽に追加できそう。

 

本家パナップとの食べ比べにも挑戦!

グリコの広報担当者におすすめされたのが、「パナップ グレープ」との食べ比べ。どちらもバニラアイス×グレープソースの組み合わせなので、似たようなものなんじゃないかと思いますよね。

 ↑ 本家パナップとの食べ比べることで、お互いの良さがわかるはず!
↑ 本家パナップとの食べ比べることで、お互いの良さがわかるはず!

 

ところが、実際に食べてみると全然違う! もうこれは完全に別物です。パナップのほうが全体的な甘さが控えめで、どちらかといえばシャーベット寄りな印象です。それに対し、マックフルーリーのほうがグレープの風味がしっかり感じられ、ソフトクリームの甘さもあります。

↑パナップを食べたのはひさしぶりだったが、思ったよりもバニラアイスが軽めの味わいだった
↑パナップを食べたのはひさしぶりだったが、思ったよりもバニラアイスが軽めの味わいだった

 

マックフルーリー初となるフルーツソースを使用した「マックフルーリー パナップグレープ」は、10月25日から11月下旬までの期間限定商品です。肌寒い日に温かい部屋で食べる冷たーいマックフルーリーの誘惑にあえて負けてみませんか?

 

マックフルーリー パナップグレープ
http://www.mcdonalds.co.jp/campaign/bymcsweets/

TAG
SHARE ON