グルメ
ラーメン
2016/4/6 16:26

【ニュース】「冷し中華前線」なるものがあった! 全国の「開華」タイミングを公開!

「マルちゃん」で知られる食品会社の東洋水産と、気象予報会社のウェザーマップが、今年も共同で「冷し中華前線」を発表しました。こちらは冷やし中華を「おいしい!」と感じるタイミングを地域ごとに示したものです。

 

“前線”は昨年より4日早く本州に到達!

resize-main

sub1

冷やし中華は、1日の最高気温が25℃以上の一般的に「夏日」と言われる日より前から、冷し中華が売れ始めるといわれ、東洋水産とウェザーマップでは分析・議論を重ね、1日の最高気温が7日平均で20℃を超えてくるタイミングを “冷し中華の始め時”と設定しました。

 

2016年の冷し中華前線は2015年末に発生した「スーパーエルニーニョ」の影響で、昨年より4日早く本州到達するようです。

 

2016年の「冷し中華前線」の形状は2015年と似ていて、冷し中華の食べ始めとなる前線到達の時期に違いが見られます。鹿児島の食べ始め時期が4月1日だったのに比べ、今年は4月7日と予測しており、少し遅くなっています。

 

本州への前線到達は早く、2015年は4月19日の東京を皮切りにしていましたが、2016年は名古屋へ4月15日に上陸、その後東京(4月19日)・大阪(4月24日)・広島(4月25日)・新潟(5月8日)・仙台(5月20日) ・青森(5月29日)と移り変わっていく模様です。本州以外の地方では、九州・福岡に4月23日、北海道・札幌へは6月2日にそれぞれ前線が到達すると予報されます。

 

ウェザーマップ所属の気象予報士である久保井朝美によると、「昨年からの暖冬の流れを汲んでこの春も全国的に高温を維持すると予想されるため、冷し中華前線は昨年に比べると、スタートが1週間程度早くなるところもあり、西日本から東日本の太平洋側ではゴールデンウィークに入る前頃には冷し中華の食べ頃を迎える見込みです。夏は、特に西日本は暑くてムシムシした気候になりそうですので、サッパリした冷し中華がよりおいしく感じられそうです」とのことです。

 

<久保井朝美による「冷やし中華前線」解説>

ゴールデンウィーク前には「冷し中華 はじめました」ラッシュに!

「暖冬に続いてこの春も全国的に高温を維持するのは、ほぼ間違いありません! このため、冷し中華前線は昨年に比べると、スタートが1週間程度早くなるところもあり、途中で中休みはあるものの、西日本から東日本の太平洋側ではゴールデンウィークに入る前には『冷し中華 はじめました』ラッシュになりそうです。

 

夏には、エルニーニョ現象が終息し、北日本から西日本にかけては、暖かく湿った空気に覆われるので、気温は平年並みか高くなる見込みです。特に西日本は暑くてムシムシした夏になりそうですので、サッパリした冷し中華がよりおいしく感じられそうです。

 

もちもちした麺は様々な食材と相性が良いので、私は色んなトッピングをして自分オリジナルの冷し中華を楽しんでいます。具材に野菜をたっぷりのせれば、1品で手軽に野菜不足を補えるヘルシーさがうれしいです」

 

夏に食べるイメージが強い冷し中華ですが、おいしく食べる時期が分かると早々に食べたくなるものです。東京は4月19日。冷やし中華をおいしく感じる時期は、もうすぐそこまで迫っているようです。

 

【URL】

東洋水産 http://www.maruchan.co.jp/index.html

ウェザーマップ http://www.weathermap.co.jp/

 

TAG
SHARE ON